OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/food/food-knowledge/257268/

【ゆらぎ肌を守る】秋から冬への水分補給

竹村和花

竹村和花

ミネラル水鑑定士協会(イタリア)公認水ソムリエ&水鑑定士(n.2689
2004年より 社)日本温泉協会にて6年間温泉コラムを連載。取材活動を通して日本の温泉が抱える源泉問題を知る。
2008年EUの地下水源の実情と法環境を取材調査するため現地に活動拠点を移す。
2019年フィレンツェ大学法学部で就学後、一時帰国中にミラノがロックダウン。
現在は日本からイタリアの生活で培った情報を発信中。
【所属】 社)日本旅行作家協会・正会員、温泉学会・理事

 

 

記事一覧を見る

 

竹村連載90秋の水分補給01夕景

ボンジョルノ!こんにちは、水ソムリエ&水鑑定士の竹村和花です。

今日は、秋から冬の時期に始めたい水分補給について紹介します。

おこもり生活が続く中、状況に合わせたお肌の乾燥対策としてお役立て下さい。

 

 

<秋から冬の体内環境>

竹村連載90秋の水分補給02グラスの水

まだ温かい日もありますが、朝晩は気温が下がり過ごしやすくなる日が増えましたね。

長雨と猛暑に苦しめられただけに、この天気だけで心が軽くなります。

気を付けたいのは、この季節の変わり目。

気温が下がると過ごしやすくなり、今までのように水分を摂ることを忘れてしまいがちです。

カラダは、入ってくる水の量に合わせて身体から出ていく水の量を調整する能力を持ってはいます。

ですが急に水分補給がストップされると、対応しきれずに様々なトラブルの原因となります。

水分補給を怠って、夜中に足がつる…なんてこともありがち。

睡眠時の足の痙攣は、カリウムなどのミネラル不足や水分不足が主な原因と考えられています。

この時期ならではの、体内環境における水不足。

季節が涼しくなっても、カラダの中の体内リズムが秋冬の気候に適応するまでは今まで通りしっかり水分を補給して行きましょう。

 

<ゆらぎ肌を支える水分と代謝力UP>

竹村連載90秋の水分補給03海辺の散歩

さて、季節の変わり目、お肌も夏の日差しに対応し、少し硬く丈夫になった皮膚から白い柔らかな肌へと生まれ変わってゆきます。

こんな時に必要となるのが、十分な水分補給とお肌の生まれ変わりを内側からサポートする栄養やミネラルです。

特に水分補給や代謝力のUPは潤いのある素肌を生み出す上ではとても大切。

高価な保湿クリームに匹敵するくらいの効果が期待できるので、ぜひ重点的にトライして頂きたい部分です。

 

効果的な代謝力UPにはいくつか方法があります。

手軽にトライできるのは、入浴によって体の深部体温を上げてあげること。

38~39℃のぬる湯で長湯(10分)、というのがリラックス効果もありおすすめです。

 

もう1つは、早朝や夕方のウォーキングといった軽い運動です。

特に早朝の朝日を浴びてのウォーキングは、幸せホルモン・セロトニンを出させる効果もあります。

ここでプラスして頂きたいのが、水分補給のタイミングと方法です。

ポイントは、入浴する前やウォーキングを始める前にしっかり水分をとっておくこと。

そうすることで、体内に溜まった老廃物の排出をスムーズにし、細胞の内側に新しく新鮮な水分を取り込む準備ができるのです。

運動を始めたら、途中15~30分おきにはカップ1杯くらいの水分を補給していきましょう。

入浴の場合も同じで10分の長湯を終えたら、まずカップ1杯くらいの水分を補給し、以降は15分~30分おきに水分補給をしてみて下さい。

翌日のお肌の張りがまるでちがうことに驚きます。

 

<肌の生まれ変わりをサポートする栄養と代謝力>

竹村連載90秋の水分補給04ガスパチョ

お肌の生まれ変わりをサポートするには、代謝をUPするだけでなく美肌を生み出す栄養素を口から入れることも大切です。

野菜や果物にはビタミンもミネラルもたっぷり含まれていますので、できれば効果的な生の状態で酵素を摂りこんでいきたいものです。

 

軽い運動の後おすすめなのが、トマトベースのガスパチョ。スペインのアンダルシア地方を発祥とする冷製スープです。

自宅で現地の味を再現するのも、ごく簡単。野菜を煮込む必要もありません。すべての具材を入れてミキサーやハンドブレンダーでペースト状にするだけ、という手軽さも魅力です。

味の決め手となるのはフルーティーなビネガーとニンニク。酸味とニンニクのピリ辛感を効かせるのがポイントです。

 

【レシピ】2人分

・トマト・・・・・・・1個(約130g)

・きゅうり・・・・・1/4本

・赤パプリカ・・・20g

・玉ねぎ・・・・・・・15g

・食パン・・・・・・・1枚

・すりおろしニンニク・・・・・小さじ1/3~1/4

・トマトジュース・・・・・・・・・150~180ml

・水・・・・・・・・・・50ml

・オリーブオイル、塩、胡椒、ビネガー

<作り方>

①トマト、きゅうりのヘタを取り、赤パプリカはヘタやワタ、種を取って、すべて一口大に切ります。

②トマトジュース、水、すりおろしニンニクを加え混ぜ合わせ、そこに一口大に切った野菜を入れて混ぜ合わせ、ラップをして10~15分冷蔵庫で漬け置きます。

③ミキサーに入れ滑らかになるまで攪拌し、ボウルに移します。

④オリーブオイル、塩、胡椒、ビネガーで味を調え、ラップをして冷蔵庫で1時間ほど冷やせば完成です。

今すぐチェック!

印象評論家・美有姫(重田みゆき)さんが力説!「“髪の状態”は、その人の印象に直結しています」

印象評論家・美有姫(重田みゆき)さんが力説!「“髪の状態”は、その人の印象に直結しています」

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第89回/水源池と森のSDGs―地下水源の未来―…

この連載の最新記事

【ゆらぎ肌を守る】秋から冬への水分補給

第90回/【ゆらぎ肌を守る】秋から冬への水分補給

水源池と森のSDGs―地下水源の未来―

第89回/水源池と森のSDGs―地下水源の未来―

涼やかな窓辺を作る―ミニマムなリフォーム―

第88回/涼やかな窓辺を作る―ミニマムなリフォーム―

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル