OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/food/forties-recipes/184284/

「鶏肉のヨーグルト味噌漬け」「鮭の麹ハーブ漬け」/認知症を防ぐ「作りおき」レシピ(前編)

舘野真知子さん

舘野真知子さん

Machiko Tateno
料理研究家・管理栄養士。病院勤務後、アイルランドの料理学校留学などを経て、レストラン「六本木農園」初代グランシェフを務めた後、フリーで活動

40代からの食生活が認知症予防のカギを握るとか。これまで、脳が喜ぶ栄養素や食材、食べ方ルールなどをさまざまにご紹介してきました。今回ご紹介するのは、漬け込んでおくだけの簡単作り置きレシピ。漬けることで酢の血糖値上昇抑制効果や、発酵食の美腸効果も得られます。「旨味が増えておいしくなる」「作りおきできて便利」などのメリットも。ジッパー付きの密閉袋を使って漬けると洗い物も出なくて楽ちんです。

 

脳が喜ぶ簡単レシピ

 

 

 

鶏肉のヨーグルト味噌漬けのソテー

焼き野菜添え

鶏肉に含まれるタンパク質は脳細胞や神経伝達物質を作る、脳活に欠かせない栄養素。ヨーグルトと味噌のたれに漬けることで、さらに栄養価がアップ。肉がふんわりと柔らかくなって、旨味も増えるといううれしい効果も。旬の野菜を彩りよく合わせると、栄養バランスもよくなります(鶏肉の味噌漬けの作り方は、続いて紹介します)

 

 

たっぷりの野菜とともに香ばしく焼いて!

鶏肉のヨーグルト味噌漬け

漬けておくとヨーグルトと味噌の発酵パワーで
ふっくら柔らかく、ジューシーになります。

材料(2人分)
鶏もも肉……1枚
味噌……大さじ1½
ヨーグルト……大さじ4

作り方

1鶏もも肉は余分な脂肪を除く。

2味噌とヨーグルトを容器に入れて混ぜ、鶏もも肉を加えて馴染ませ1日以上おく。

 

 

脳活ポイント!▶︎ 鶏肉のタンパク質

脳細胞や脳を活発に働かせるために欠かせない神経伝達物質を作る材料になります。

優秀な脳活食材、鮭を作りおきに

鮭の麹ハーブ漬け

塩麹と甘酒で塩分控えめ&旨味たっぷり。
鶏もも肉や胸肉、豚かたまり肉でも試して。

材料(2人分)
生鮭……2切れ
塩麹……大さじ1
甘酒……大さじ4

にんにく(つぶす)……1片
ローズマリー……1枝

 

作り方

塩麹、甘酒を容器で混ぜ、生鮭、にんにく、ローズマリーを漬け1日以上おく。

 

焼いて主菜にはもちろん、ほぐしてサラダや混ぜご飯に活用も。

 

 

脳活ポイント!▶︎ 鮭のアスタキサンチン

鮭の抗酸化作用は強力。さらに、脳に到達できるという点もほかの抗酸化物質にない特徴。

 

 

次回もまた、漬け込むことでよりおいしく、よりヘルシーになる作り置きレシピをご紹介します。

 

 

 

撮影/三木麻奈 料理/舘野真知子 スタイリスト/サイトウレナ 構成・原文/瀬戸由美子

MyAge2019夏号 購入アイコン

<前の記事

<前の記事
第20回/認知症リスクを軽減するビタミンDが豊富「サンマのかば焼き缶とキャベツのあえもの」/認知症を防ぐ簡単あえるだけレシピ⑥…

次の記事>

次の記事>
第22回/「キャベツのカレー乳酸漬け」「半干し野菜のマリネ」/認知症を防ぐ「作りおき」レシピ(後編)…

この連載の最新記事

抗酸化作用のカテキンを含む抹茶を使った「抹茶寒天あんずシロップ」/認知症を防ぐ満足スイーツレシピ②

第26回/抗酸化作用のカテキンを含む抹茶を使った「抹茶寒天あんずシロップ」/認知症を防ぐ満足スイーツレシピ②

きなこやあずきなど、脳活食材で罪悪感なしの満足スイーツ/認知症を防ぐ満足スイーツレシピ①

第25回/きなこやあずきなど、脳活食材で罪悪感なしの満足スイーツ/認知症を防ぐ満足スイーツレシピ①

タンパク質やビタミン、ミネラル豊富なそばを使った「アボカド味噌あえそば」/認知症を防ぐ主食レシピ②

第24回/タンパク質やビタミン、ミネラル豊富なそばを使った「アボカド味噌あえそば」/認知症を防ぐ主食レシピ②

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル