HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/food/forties-recipes/212246/

ボウルひとつでOK! 夏のむくみもスッキリ!「とうもろこしとツナのレンチンカレー」

山脇りこ

山脇りこ

料理家。週に6日は家で晩ごはんを食べる夫とふたり暮らし。50歳を過ぎてからは日々のごはんの7割が野菜に。旬の食材や、だし、調味料にこだわりつつ、忙しい人にも作りやすい家庭料理を伝えている。「3分クッキング」や「あさイチ」などのテレビや、雑誌でも活躍中。『明日から、料理上手』『野菜のたのしみ』『いとしの自家製』など、著書多数。台湾好きで台湾のガイド本『食べて、笑って、歩いて好きになる大人のごほうび台湾』もある。
代官山で料理教室「リコズキッチン」を主宰。教室情報はインスタグラムやFBで。instagram : yamawakiriko ブログ:rikoskitchen.com   FB:山脇りこ

まだ家での食事が続いていて、おうちごはんのレパートリーもそろそろ息切れモード。 ワンプレートだと寂しいから、気軽にぱぱっとあと1品作れたら、なんて時に。 毎週1回、鍋かボウル、ポリ袋のうち1つでさくっとできる1品をご紹介しています。

冷房を使い始めると、なんだかダル~くなったり、冷えてむくみが気になったり。お料理する気もなくなったり。

そんな時に是非! な一品です。

 

とうもろこしとツナのレンチンカレー

 

旬のとうもろこしに、ツナとトマトをあわせて、ボウルひとつでお手軽カレーに。レンチン1回とは思えないお味です。

 

食物繊維が豊富なとうもろこし、たんぱく質、ビタミンB1、B2、B6、E、亜鉛や鉄、マグネシウムなど、不足しがちな栄養素もバランスよく含んでいます。むくみの解消や高血圧予防に効果的なカリウムは、100gあたり290mg含んでいます。

できたら生を使ってください。髭の部分を入れてもOK。

 

トマトは、夏のイメージかもしれませんが、この頃から夏に向けて水っぽくなってきますので、加熱調理がおすすめ。

ルーは使わず、カレー粉で代謝をあげるスパイスを取り入れる、小麦粉ナシのカレーです。

 

 

 

材料 (2人分)

とうもろこし 1本

ツナ缶詰 140g(大サイズ1缶、または小2缶)

トマト 1個

*カレー粉 小さじ2

*牛乳 大さじ1

ケチャップ大さじ1

塩小さじ1/2

胡椒 適量(お好みで)

 

 

 

作り方

 

1.トマトはヘタを取り、1センチ角にざく切りする。トウモロコシは、1センチ幅の輪切りを2切れ残し(トッピング用)、実をこそげ取る。ツナ缶の汁を軽く切る。

2.耐熱ボウルに、1をすべていれる。カレー粉を牛乳(冷たいままでOK)で溶いて入れ、ケチャップ、塩、を加えて、ふわっとラップをかけて、600wで4分レンジにかける。(写真)

3.熱いうちに全体をさっくりひとまぜし、好みで胡椒をふる。

 

 

 

 

簡単美味しい一品で、おうちごはんをより楽しく!

 

 

 

この特集も読まれています!

子宮
フェムケア
水晶玉子
痩せる
ツボ・指圧
筋活

今すぐチェック!

医師が監修! 京都ならでは&健康寿命を延ばしたい人のためのウェルネスプログラムに注目

医師が監修! 京都ならでは&健康寿命を延ばしたい人のためのウェルネスプログラムに注目

PR
<前の記事

<前の記事
第6回/ポリ袋ひとつでOK!甘酒活用レシピ2選「甘酒味噌の大根漬け」「塩甘酒わさびのきゅうり漬け」…

次の記事>

次の記事>
第8回/ボウルひとつでOK! 夏の疲れとお肌にビタミン!「ゴーヤーの梅ナムル&ズッキーニのかつ節ナムル」…

この連載の最新記事

【鍋ひとつでOK!】風邪予防にビタミンCチャージ!ダブル白菜と豚、春雨の熱々スープ煮

第73回/【鍋ひとつでOK!】風邪予防にビタミンCチャージ!ダブル白菜と豚、春雨の熱々スープ煮

【耐熱皿1つでOK!】正月疲れの胃腸を軽やかに整える! 生ハムと柿、アボカドのヨーグルトグラタン

第72回/【耐熱皿1つでOK!】正月疲れの胃腸を軽やかに整える! 生ハムと柿、アボカドのヨーグルトグラタン

【ボウルひとつでOK!】年末年始に疲労回復と、コレステロール吸収に歯止めを! 牡蠣のフレンチドレッシング蒸しオイル漬

第71回/【ボウルひとつでOK!】年末年始に疲労回復と、コレステロール吸収に歯止めを! 牡蠣のフレンチドレッシング蒸しオイル漬

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル