OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/food/forties-recipes/234316/

味噌+マスタードで深い味わいに「きのこと野菜のスープ」/野菜スープに「+きのこ」で栄養価とおいしさアップ

野菜スープに+α食材&調味料で栄養価とおいしさUP

野菜スープを365日、飽きずにおいしく食べるには、野菜以外の食材や調味料をプラス。味に変化がつき、栄養価もアップします。
管理栄養士の美才治真澄さんが絶品レシピを提案してくれましたので、今回から順次ご紹介していきますね。

材料は冷蔵庫にあるもので代用、アレンジ、省略してもOKです。

 

今回レシピを教えてくださったのは・・・

美才治真澄さん フードコーディネーター、管理栄養士。

美才治真澄さん
Masumi Bisaiji

フードコーディネーター、管理栄養士。大学卒業後、香川栄養専門学校に入学し、卒業後は管理栄養士の荒牧麻子氏に師事。ヴィーガンカフェ「cafe eight」のフードディレクターを経て、現在、企業やメディアに向けたメニュー提案、栄養指導などを中心に活動

 

 

野菜+きのこ

【野菜+きのこ】

野菜にきのこをプラスして栄養価をアップ。仕上げに入れる味噌とマスタードで深い味わいに!

「きのこと野菜のスープ」

きのこと野菜のスープ

●材料(2〜3食分)

  • 干ししいたけ……3枚
  • 水……400㎖
  • しめじ……1/2パック
  • エリンギ……1本
  • 長ねぎ(青い部分)……1本分
  • 白菜(外葉)……1枚
  • ししとう……6本
  • ごま油……小さじ1/2
  • 味噌……大さじ1
  • マスタード……小さじ1

 

●作り方

  • 1.干ししいたけを水に1時間ほどひたしてもどし、薄切りにする。しめじは石づきを除いてほぐす。エリンギは縦に薄切り、長ねぎは小口切りに(以上A)。白菜は横に幅5㎝に切り、そぎ切りにする。ししとうはヘタを除き、幅1.5㎝に切る。
  • 2.鍋にごま油を入れ、①のAの4つを加えて薄く色がつくまで炒める。
  • 3.の干ししいたけのもどし汁を入れ、煮立ったら白菜、ししとうを入れてふたをし、弱火で10〜15分ほど煮る。仕上げに味噌、マスタードを入れる。

 

●栄養のポイント

きのこには、がん予防によいとされるβ-グルカンが豊富。また、干ししいたけには骨の健康に欠かせないカルシウムの吸収を高めるビタミンDが多く含まれ、旨味もたっぷり。

 

 

撮影/三木麻奈 料理/美才治真澄 スタイリスト/西崎弥沙 取材・原文/和田美穂

 

 

今すぐチェック!

筋トレしても効果が出ない!50代の「筋肉育て」に必要な“Eルチン”とは?

筋トレしても効果が出ない!50代の「筋肉育て」に必要な“Eルチン”とは?

PR
<前の記事

<前の記事
第4回/「アブラナ科野菜のスープ」「根菜のスープ」/基本のウェルネス野菜スープを簡単アレンジ!…

次の記事>

次の記事>
第6回/ドライポルチーニのだしが豊かに香る「きのこのポタージュ」/野菜スープに「+きのこ」で栄養価とおいしさアップ…

この連載の最新記事

香味野菜が豚肉のおいしさを引き立てる「豚肉団子入り野菜スープ」/野菜スープに「+肉」で栄養価とおいしさアップ

第14回/香味野菜が豚肉のおいしさを引き立てる「豚肉団子入り野菜スープ」/野菜スープに「+肉」で栄養価とおいしさアップ

タバスコのピリ辛風味で脂肪燃焼効果も「タコと野菜のスープ」/野菜スープに「+魚介類」で栄養価とおいしさアップ

第13回/タバスコのピリ辛風味で脂肪燃焼効果も「タコと野菜のスープ」/野菜スープに「+魚介類」で栄養価とおいしさアップ

胚芽パンでとろみを出して満足感アップ「カキ入り野菜スープ」/野菜スープに「+魚介類」で栄養価とおいしさアップ

第12回/胚芽パンでとろみを出して満足感アップ「カキ入り野菜スープ」/野菜スープに「+魚介類」で栄養価とおいしさアップ

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル