OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

HAPPY PLUS

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/food/forties-recipes/268167/

鍋ひとつでOK! 年末の疲れた胃に優しい! 大根と鶏のコクあり、豆乳スープ

山脇りこ

山脇りこ

料理家。週に6日は家で晩ごはんを食べる夫とふたり暮らし。50歳を過ぎてからは日々のごはんの7割が野菜に。旬の食材や、だし、調味料にこだわりつつ、忙しい人にも作りやすい家庭料理を伝えている。「3分クッキング」や「あさイチ」などのテレビや、雑誌でも活躍中。『明日から、料理上手』『野菜のたのしみ』『いとしの自家製』など、著書多数。台湾好きで台湾のガイド本『食べて、笑って、歩いて好きになる大人のごほうび台湾』も。最新刊は、『疲れていてもこれならできそう、毎日食べたいかんたん3×3レシピ』
代官山で料理教室「リコズキッチン」を主宰。教室情報はインスタグラムやFBで。instagram : yamawakiriko ブログ:rikoskitchen.com   FB:山脇りこ

 

大根は1年中ありますが、旬は晩秋から初冬。よく見る青首大根の他にもさまざまな種類があり、冬は、地域独特の在来種の大根に出会うチャンスです。

大根は、無敵料理!「大根おろし」にすれば、すぐに味わえますから、初めて見た大根にもぜひ挑戦してみてください。

 

大根と鶏のコクあり、豆乳スープ

 

さて、大根には、胃液の分泌を高め消化を促す働きや、胃腸の働きを助ける数種の消化酵素が含まれています。例えば、ジアスターゼ。でんぷん分解酵素で、消化を助け、胃酸過多、胃もたれや、胸やけなどの緩和に効果があるそうです。

 

辛味は一般に、根の先端に近づくほど強く、葉に近いほど優しいとされています。好みに合わせて使い分けてください。

ずっしりと重みがあり、白くきめが細かく、ハリがあるものがおすすめ。切断面をラップで密封して、冷蔵庫に立てて保存するといいですよ。

生で、炒めて、煮て、今日ご紹介するスープにもして、丸っと食べ切りましょう。

 

 

材料( 2~3人分)

鶏ひき肉 100g

大根 200g

白菜 外葉2枚(1/4に切られたものの、大根の葉でもよい)

油揚げ 1枚

豆乳 200ml

味噌 小さじ2

*水 300ml

*酒 大さじ3

*塩 小さじ1

柚子、適宜。

 

 

作り方

1.大根は皮をむき、1.5センチ角に切る。油揚げは湯で洗い、1.5センチに切る。

2.鍋に、1と*を入れて、蓋をして中火にかけ、大根が柔らかくなるまでゆでる。

 

3.沸いている2に、ひき肉を3、4か所に分けて入れる。(写真のように、こねずにのせるだけです。)蓋をして、1、2分加熱する。

4.鶏肉に火が入ったら、ざっくり混ぜ、白菜をちぎっていれる。豆乳、味噌を加える。ふつふつと沸いたら完成。

 

 

※鶏肉はくずしすぎない方が美味しい。

※味噌は漉さなくても大丈夫ですが、お好みで。

※お好みで、胡椒をふって、柚子を添えてどうぞ。

 

簡単美味しい一品で、おうちごはんをより楽しく!

 

今すぐチェック!

日常の中で、資源を『もったいない』と思う意識が生んだ、化粧品ボトルの水平リサイクルって?

日常の中で、資源を『もったいない』と思う意識が生んだ、化粧品ボトルの水平リサイクルって?

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第44回/ポリ袋ひとつで! 整腸&風邪予防、美肌! かぶとリンゴ、レモンのサラダ~わさび風味…

次の記事>

次の記事>
第46回/【鍋ひとつで簡単】豚とさつまいも・しめじの炊き込みごはんで胃腸をお掃除! …

この連載の最新記事

【鍋ひとつでOK!】夏間近! 抗酸化&整腸で身体を整える、ささみと夏野菜の10分カレー

第56回/【鍋ひとつでOK!】夏間近! 抗酸化&整腸で身体を整える、ささみと夏野菜の10分カレー

【ボウルひとつでOK!】抗酸化&デトックス!作り置きにも! ナスのピリ辛冷菜

第55回/【ボウルひとつでOK!】抗酸化&デトックス!作り置きにも! ナスのピリ辛冷菜

【フライパンひとつでOK!】抗酸化パワーおかずに! ブロッコリーとトマト、豚バラのフライパンカレー

第54回/【フライパンひとつでOK!】抗酸化パワーおかずに! ブロッコリーとトマト、豚バラのフライパンカレー

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル