OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

ローストすると甘くなる! パプリカの美味しいローストレシピ

杉本佳子

杉本佳子

杉本佳子
ファッションジャーナリスト兼美容食研究家
1988年よりニューヨーク在住。1989年よりファッションジャーナリストとしてファッション、ファッションビジネス、小売りビジネスについて執筆。2013年より美容食研究家としても活動し始め、ブログ「YOSHIKOlicious Beauty」とインスタグラムを通じて、美肌効果の高い食材をなるべく使い、美味しくて見た目がお洒落な料理を紹介している。見た目がきれいだと気分が上がり、食べて美味しいので嬉しくなり、美容と健康にいいのでさらにハッピーになる「3回ハッピーになる料理」がモットー。ファーマーズマーケットなどで買う生命力のあるオーガニックの食材をなるべく使う。食材の意外な組み合わせでも定評がある。

記事一覧を見る

鮮やかな姿形はもちろんながら、最近では「うまみ」豊富な野菜としても人気が集まる、

パプリカ。

路地ものがまだまだ食べられる夏の名残のこの時期にこそ、たっぷり味わっておきたいもの。その「うまみ」が際立つベストな食べ方が、実は「ロースト」です。

パプリカがポピュラーに食べられているニューヨークで身につけた「ロースト術」を駆使して、パプリカをもっと美味しく味わってみませんか?

 

ニューヨークのファーマーズマーケットには色とりどり、形や大きさもさまざまなピーマンやパプリカが売られています。アメリカでは、ピーマンもパプリカも「ベルペッパー」とよぶのが一般的。鮮度のいいベルペッパーは味に深みがあって、本当に美味しいです。

さまざまな色・形のパプリカ。ピーマンとの区別もなく、鮮やかな色のものも緑のものも、まとめて「ベルペッパー」と呼ばれる

 

ピーマンはビタミンCが野菜の中で一番といっていいほど多いのですが、その中でも一番多いのは赤です。続いてオレンジや黄色。緑も多いのですが、赤や黄色に比べるとややビタミンの含有量が減ります。赤のベルペッパーはふくらみがあるものも細長いタイプも果肉が厚めなので、日本でいうパプリカですね。生でいただく食べ方は、スティック状にカットしてディップをつけて食べるとか、小さなサイコロ状に切ってサラダに混ぜるなど、すでに日本でもポピュラーですね。

生でいただくより、ぐっと味わいが増すのは「ロースト」です。パプリカのロースト、主にオーブンを使うので面倒に感じるかもしれませんが、丸のまま、あるいは一緒に調理してしまえば、実は簡単で美味しくてお勧め。今回は、美味しいレシピと、それに合わせたパプリカのロースト法をご覧いただきましょう。

赤パプリカは縦半分に切り、軸と種を取り除きます。オーブントレイの上にクッキングシートを置き、皮側を上にして、225度のオーブンかオーブントースターで30~35分くらい、皮が黒くなるまで焼きます。日本では、焼き網などを使う人も多いようですね。高温で熱することで甘みが強くなります。

 

真っ黒にしなくても、皮が浮き上がってくる程度で十分。焦がし加減はお好みで。

 

周りがだいたい均等に黒く焦げたら、粗熱がとれたころあいで皮をむきます。焦げたところさえ取れれば、皮が全部うまく剥けなくても気にしないで大丈夫。それを縦に1センチくらいの幅で細長く切ります。この細切りパプリカは、何に入れても美味しいもの。これを上質のオリーブオイルに漬けておくだけでも、美味しいワインのおつまみになります。ささっと1品出したいときに便利です。この連載1回目のアボカドトーストでも使っていますので、是非そちらも参考にしてくださいね。

そのローストした細切り赤ピーマンを使ったのがこちらのピンチョスです。モッツレラチーズ、黒オリーブ(種なし)、黄色のプチトマトの組み合わせ。色も姿も可愛いでしょう? 味の組み合わせも、なかなかマッチしていて美味でした。黄色のプチトマトはヘタの側を少しだけスライスし、座りがよくなるようにします。

 

ビビッドな色を生かしたピンチョスに。黒オリーブの塩味で味が決まります。省くときは適宜味付けを

 

丸々とした赤パプリカに、詰め物をしてローストすると、よりボリュームのある1品になります。モッツレラチーズ、半分に切ったプチトマト、黒オリーブに塩胡椒、オリーブオイル、バルサミコビネガー少々を加えて混ぜて、縦半分に切って軸と種を除いた赤ピーマンに詰めます。切り口を上にして、175度のオーブンまたはオーブントースターで20分くらい焼きます。最後に刻んだ緑の葉っぱを散らすとさらにきれい。ここではセロリの葉っぱを使いましたが、パセリやバジルももちろん合います。黒オリーブはお好みで省いていただいてもいいのですが、あった方が味が引き締まる感じがします。

 

こちらは黒焦げにはしないロースト方法。低温でじっくり焼くので、甘みが出ます

 

細長い形のパプリカが手に入ったら、丸ごとローストしてしまうのもインパクトがあって素敵です。この場合は、ヘタはあえて残した方がお洒落。よく洗ったパプリカに塩胡椒、オリーブオイル、バルサミコビネガーをまぶします。200度に温めたオーブンかオーブントースターで10分ローストしたら、ひっくり返して反対側も10分ロースト。

これだけでも甘みが出て美味しいのですが、ブッラータチーズを添えて一緒に食べたら、温かいローストパプリカと冷たいブッラータの組み合わせが思った以上に素敵なハーモニーを奏でてくれました。包丁を横にしてつぶしてブッラータの上に散らしたピンクペッパーも、見た目にも味的にもいいアクセントになるので、手元にあればぜひ加えてください。

 

焼きたてが美味しい! パプリカの丸ごとロースト。見た目にもグッと来ます

<前の記事

<前の記事
第15回/火を使わず、最高に爽やかで洒落たワインのお伴を、人気のイチジクで!…

この連載の最新記事

ローストすると甘くなる! パプリカの美味しいローストレシピ

第16回/ローストすると甘くなる! パプリカの美味しいローストレシピ

火を使わず、最高に爽やかで洒落たワインのお伴を、人気のイチジクで!

第15回/火を使わず、最高に爽やかで洒落たワインのお伴を、人気のイチジクで!

脱!定番。トマトがもっと美味しくなる絶妙サラダレシピ

第14回/脱!定番。トマトがもっと美味しくなる絶妙サラダレシピ

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル