OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたします。詳しくはこちらをご覧ください。

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたします。詳しくはこちらをご覧ください。

https://ourage.jp/column/food/international-news/225876/

甘さを生かして料理の幅も広がる!さつまいもを秋のおしゃれな食卓に

杉本佳子

杉本佳子

杉本佳子
ファッションジャーナリスト兼美容食研究家
1988年よりニューヨーク在住。1989年よりファッションジャーナリストとしてファッション、ファッションビジネス、小売りビジネスについて執筆。2013年より美容食研究家としても活動し始め、ブログ「YOSHIKOlicious Beauty」とインスタグラムを通じて、美肌効果の高い食材をなるべく使い、美味しくて見た目がお洒落な料理紹介している。見た目がきれいだと気分が上がり、食べて美味しいので嬉しくなり、美容と健康にいいのでさらにハッピーになる「3回ハッピーになる料理」がモットー。ファーマーズマーケットなどで買う生命力のあるオーガニックの食材をなるべく使う。食材の意外な組み合わせでも定評がある。

月1回、オンラインのクッキングクラスを開催中。日本からでも参加しやすい時間帯に日本語で行われている。詳細お問い合わせや、参加希望は下記メールまでご連絡を!

yoshiko@yoshikoliciousbeauty.com

 

OurAgeインタビュー「1年半で11kgの減量に成功したビューティメソッドを考案」はこちら

記事一覧を見る

さつまいもといえば日本、と思えば意外。ニューヨークでも日本品種が人気!

今、ニューヨークにはお芋がたくさん! ファーマーズマーケットでは、こんなにたくさんいろいろなお芋を売っているベンダーさんを見かけました。これだけずらりと揃うと壮観ですね! 皮の色はベージュ、濃いピンク、パープルなどさまざま。パープルのお芋は中身もパープルで、付け合わせにうまく使えばお洒落な副菜ができそうです。

濃い赤紫や青紫のお芋は、日本では見ないビビッドで個性的な色合いが印象的。日本のじゃがいもに似たベージュのお芋も、その色合いと形、味のバリエーションが豊富です

秋から冬にかけて最も多くの店で出回るお芋は、「スイートポテト」「ヤム」などの名前で呼ばれる皮も身もオレンジのお芋です。日本のサツマイモに近い、甘いお芋です。

 

オレンジ色の皮が私たちには珍しいですが、アメリカではこちらが一般的。日本のおいもよりはねっとり度が低い感じです

 

お店によっては、日本品種のサツマイモも売られています。前述のファーマーズマーケットでも日本品種のサツマイモを扱っているベンダーさんがあったのですが、私が行った時はすでに売り切れていました。人気があるようで、嬉しいですね。
こちらのお店で売られている日本品種のサツマイモは、カリフォルニアで栽培されているようです。お店でも、サツマイモは時々売り切れていることがあります。日本品種のサツマイモ、がんばっていますね!

 

 

「サツマイモ」は、アメリカでは「ジャパニーズスイートポテト」の名前で市民権を得つつあります。甘い「スイートポテト」はこの時期、サツマイモ、ヤムの他、紫色のものなど、いろいろ見られます

 

 

日本ではサツマイモというと、栗きんとんや大学芋など、砂糖を加えた甘いおかずやおやつに使われることが多いのではないでしょうか。アメリカの「スイートポテト」や「ヤム」も11月末の「感謝祭(サンクスギビングデー)」の伝統料理の1つに使われるのですが、甘いマッシュポテトとして登場することが一般的です。栗の入っていないきんとんのような感じで、色がオレンジと想像していただけたらいいでしょう。

 

でもここでは、サツマイモの自然な甘みを残しながら、甘すぎない仕上がりにするアイデアをご紹介します。サツマイモはタンパク質の代謝に不可欠なビタミンB6、糖尿病、高血圧、動脈硬化を予防する水溶性食物繊維、便秘を予防する不溶性食物繊維、ビタミンCとEが多い野菜。旬の時期に是非レパートリーを広げて、サツマイモの恵みをしっかり享受したいですね!

 

からだがホカホカ! さつまいもの「温活」スープ

まず、ニンニクをたっぷり入れたサツマイモのスープです。生姜も入っていて、寒い冬にピッタリ! からだがほかほか温まります!
サツマイモ大1個はトッピング用に少し切り分けて、スープ用には皮をむいて、小さい乱切りにします。ニンニク4かけ、長ネギの白い部分1/2本、生姜1かけはそれぞれ粗みじんに切り、鍋に入れて、ひたひたの水を入れて柔らかく茹でます。ベジタブルブイヨンと塩胡椒をそれぞれ少々、ベイリーフ1枚も入れてくださいね。
茹でている間に、トッピング用のサツマイモを1センチ角くらいのサイコロ状に切り、軽く塩胡椒とオリーブオイルをまぶしてクッキングシートにのせ、摂氏175度のオーブン、もしくはオーブントースターで20分ローストします。みじん切りしたピスタチオ少々も用意します。
茹で終わったら火を止めて粗熱をとり、ベイリーフを取り出して、ブレンダーでどろどろにします。それを鍋に戻して温め、お皿にもりつけて、ローストしたサツマイモとピスタチオのみじん切りをトッピング。サツマイモの庶民的なイメージを覆す、お洒落なスープが出来上がりました!これは、3杯分くらいの量になります。多めのニンニクと生姜のおかげで、甘さが抑えられています。コロナで人と会う機会が減っていますので、ニンニク多めでも安心していただけますね!

 

大地の実りを感じるスープ。おなかも心も、底からほっこりと温まります 

 

 

 

甘さに酸味とカレーの香りを加えた、新感覚のスイートポテトサラダ

スープは色をきれいに仕上げるために皮をむきましたが、なるべくなら皮もまるごと食べた方が、サツマイモの栄養を効率よく摂取できます。このカレー味のサツマイモのポテトサラダも、皮付きのまま使いました。

 

全体にきれいな黄色になるのはカレー粉のため。セロリやリンゴの香りと酸味が決め手です 

 

1~2人分の場合、サツマイモ小1個はよく洗い、皮をつけたまま小さめの乱切りにして、塩を入れた湯で柔らかく茹でます。
茹でている間に、茹で卵1個をみじん切りにします。玉ねぎは大さじ2杯分のみじん切りを用意し、リンゴ1/2個はオーガニックであれば皮つきのまま1センチ角くらいのサイコロ状に切って、それぞれ水にさらしておきます。セロリ1/2本もみじんぎりにします。
サツマイモが柔らかくなったら茹で汁を捨て、再びちょっと火にかけて水分を飛ばします。サツマイモが熱いうちにざっとつぶし、マヨネーズ大さじ1強、カレー粉小さじ1/3、塩胡椒各少々を混ぜます。さらに水気をよくとった玉ねぎとりんご、茹で卵、セロリを加えて全体を混ぜます。サツマイモが甘いので、カレー粉はやや多くてもあまり辛くなりません。味見をして、カレー粉をもっと入れてもいいと思われたら、少し足してみてくださいね。りんごとセロリが入っているので、ちょっとフルーティーでさっぱりした味のポテトサラダです。

サツマイモローストで、食感や味のコントラスト際立つ、大人のサラダに

サツマイモをローストして、キヌアのサラダやケールのサラダに混ぜても美味しいです。

さつまいものカリっとしてねっとりした歯ごたえに、キヌアのぷちぷちが絡んで楽しい食感に。水菜のほろ苦さと甘みのコントラストも美味しいです

 

1~2人分の場合、サツマイモ小1個は皮を良く洗って、皮付きのまま1センチ角くらいのサイコロ状に切って、スープの飾りと同じように、オーブンまたはオーブントースターでカリッとローストします。
キヌア1/4カップはよく洗い、倍の量の水と共に小鍋に入れて弱火にかけて蓋をし、水気がなくなるまで茹でます。蓋をしないとどろどろになってしまいますので、必ず蓋をしてください。
その間、胡桃少々を粗みじんに切ります。緑の葉っぱは好みで選んでいただいていいですが、今回は水菜で。食べやすい大きさにちぎります。ちょっと緑が入ると、仕上がりがきれいです。ボウルにすべてを混ぜて、オリーブオイル、バルサミコビネガー、塩胡椒で味付け。

水菜のわずかな苦みとお酢のおかげで、甘さ控えめの美味しいキヌアのサラダになりました。ローストさつまいものバルサミコ&オイル味、ケールのサラダに加えても「甘・苦」コンビで美味しいですし、こっくりした肉料理などのつけ合わせにも相性良し。簡単に作れて秋らしさが出るので、ぜひ食卓に取り入れてくださいね!

*11月もオンラインクッキングクラスを行います。日本時間で15日日曜日午前10時半から11時半で、メニューは、ニューイングランドクラムチャウダー、栗と生ハムのリゾット、ワイルドライスサラダです。ご興味のある方は、プロフィール内のメールからご連絡くださいね

 

 

<前の記事

<前の記事
第34回/りんごが美味しい秋! 自然の甘みを生かした料理&デザートが新鮮です…

次の記事>

次の記事>
第36回/「NYに掘りごたつ」が大当たり!コロナ禍のアウトドアダイニング事情〈越冬編〉…

この連載の最新記事

ひよこ豆の自家製水煮で、洒落たビーガン料理を日常に!

第41回/ひよこ豆の自家製水煮で、洒落たビーガン料理を日常に!

NYなら「即NG」の森元首相の性差別発言。「ダメ、絶対」の先に女性たちに起きている変化とは?

第40回/NYなら「即NG」の森元首相の性差別発言。「ダメ、絶対」の先に女性たちに起きている変化とは?

コロナ禍の中で迎えた年も、縁起良し&風邪退治のレンコンで明るい未来をいただき!

第39回/コロナ禍の中で迎えた年も、縁起良し&風邪退治のレンコンで明るい未来をいただき!

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル