OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたします。詳しくはこちらをご覧ください。

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたします。詳しくはこちらをご覧ください。

https://ourage.jp/column/food/international-news/228655/

深い緑が美しいブロッコリーで、ビビッドなクリスマスのひと皿を!

杉本佳子

杉本佳子

杉本佳子
ファッションジャーナリスト兼美容食研究家
1988年よりニューヨーク在住。1989年よりファッションジャーナリストとしてファッション、ファッションビジネス、小売りビジネスについて執筆。2013年より美容食研究家としても活動し始め、ブログ「YOSHIKOlicious Beauty」とインスタグラムを通じて、美肌効果の高い食材をなるべく使い、美味しくて見た目がお洒落な料理紹介している。見た目がきれいだと気分が上がり、食べて美味しいので嬉しくなり、美容と健康にいいのでさらにハッピーになる「3回ハッピーになる料理」がモットー。ファーマーズマーケットなどで買う生命力のあるオーガニックの食材をなるべく使う。食材の意外な組み合わせでも定評がある。

月1回、オンラインのクッキングクラスを開催中。日本からでも参加しやすい時間帯に日本語で行われている。詳細お問い合わせや、参加希望は下記メールまでご連絡を!

yoshiko@yoshikoliciousbeauty.com

 

OurAgeインタビュー「1年半で11kgの減量に成功したビューティメソッドを考案」はこちら

記事一覧を見る

栄養素豊かなブロッコリーの濃い緑は、映え効果でも優秀!

 

ニューヨークのファーマーズマーケットではブロッコリーは夏からたくさん出てきますが、最近パープルのブロッコリーも見かけました。日本でもたまに見かけますね。ただ、クリスマス・シーズンには、深いグリーンのブロッコリーがお勧めです。 

 

 

ブロッコリーは、コラーゲンの生成や免疫力アップに欠かせないビタミンCがとっても豊富!新陳代謝を活性化してくれる葉酸と、出血時に血を固めたり骨にカルシウムを沈着させたりすることを手助けするビタミンKも多く含まれています。また、特にスプラウトに豊富ですが、抗酸化作用の高いスルフォラファンも含まれています。

 

このブロッコリーの深い緑を生かして、クリスマス・シーズンの食卓に使う方も多いかもしれません。シンプルに、色よく茹でるか蒸すかして、トマトと一緒に付け合わせに使うときれいでクリスマスっぽくなりますが、いつもそれではワンパターンですよね。ここでは、簡単にクリスマス気分を演出できるブロッコリーの活用法をご紹介します。どれも、ブロッコリーのきれいな緑色を生かした使い方です。ブロッコリーは花蕾より茎の方が栄養が豊富といわれていますので、茎もなるべく無駄なく使っていきましょう。

 

6D552096-6494-4CAB-8D32-23D6D97C7117.jpg

 パープルのブロッコリーもきれい。味は緑のブロッコリーと特に変わりませんが、色を維持しながら茹でるには、お酢を少し入れる必要があります。いずれも蕾部分のキュッと締まって、色も鮮やかなものが新鮮です

 

クリスマスは、スペシャルな気分にしたいもの。ブロッコリーとトマトを入れたフリッタータを朝食に加えてはいかがでしょう? きれいな卵の黄色と緑、赤のカラーコンビネーションがハッピーなオーラを振りまいて、朝から思わず笑顔になれること間違いありません!ポテトも入れているのでボリューム感があり、これがあればパンはなくてもいいくらいです。

 

ブロッコリーは小1/2株の茎の下の硬いところを切りおとし、枝分かれしているところで切り分けます。塩を入れて沸騰させたお湯で1分弱くらい、さっと茹でてざるにとり、冷たい水をかけておきます。その後再びその湯を沸騰させ、みじん切りにした玉ねぎ1/4個を入れて、これも1分弱くらいでざるにあげておきます。別途、じゃがいも小2個は1センチ四方くらいに切って、塩を入れて沸騰させたお湯でほぼ柔らかくなる程度に茹でておきます。オーガニックのじゃがいもであれば、私は皮はつけたまま使います。

 

トマト1/2個は1センチ四方くらいに切ります。茹でたブロッコリーも、茎部分も含めて1センチ四方くらいに切ります。卵3個を溶き、そこに牛乳か生クリーム大さじ1、ピザ用チーズを1/3カップ、塩胡椒を加えて混ぜ、ブロッコリー、玉ねぎ、じゃがいも、トマトを入れて混ぜます。

 

熱したフライパンにオリーブオイルを入れ、少し煙がたつくらい熱くなってきたら卵液を流し込み、具が均等にちらばるようにしながら平らにならします。底が焼けたら175℃に温めたオーブンかオーブントースターで焼くこと30分。真ん中に竹串を刺して卵液がついてこなかったら、出来上がりです。

 

前の晩に具材を用意しておけば、朝イチでもボリュームのあるフリッタータが作れます。オーブンなどにそのまま入れられるフランパンだとスムーズに作れます。昼や夜の前菜にもおすすめ 

 

直径27センチくらいのフライパンですと1センチくらいの厚みになりますが、もっと小さいフライパンであればもっと厚いのができます。出来立てをいただくのがベストですが、もし余ってしまったら、冷凍保存も可能。これはベジタリアンにしましたが、お好みでハム、生ハム、ソーセージを細かく切ったものを混ぜても美味しいです。

 

切り口もきれい。ブロッコリー、ポテト、トマトの、歯ごたえの違いを楽しめるのも魅力です

 

カラフルなサラダにも、ブロッコリーの深い緑をアクセントに 

フリッタータの時と同様に茹でたブロッコリーをもう少し細かく刻んで、赤と黄色のパプリカとあわせると、とてもカラフルなサラダができます。パプリカは1センチ四方くらいに切ります。紫玉ねぎもあれば、みじん切りにして少し混ぜてもいいでしょう。刻んだ胡桃も入れました。ドレッシングはオリーブオイル、アップルサイダービネガーかワインビネガー、塩胡椒でシンプルに。サラダとしても、肉料理や魚料理を華やかに彩る付け合わせとしても重宝します。

見た目も味も、カラフルなサラダで、食卓も生き生き! 

「さっと茹でたブロッコリー」で楽しむ、「緑の芝生のようなドリア」

チキンドリアにブロッコリーを混ぜるのも一案です。チキンドリアはお好みのつくり方でいいのですが、そこにフリッタータの時と同様にさっと茹でたブロッコリーを混ぜていきます。チキンライスに混ぜるブロッコリーは1センチ四方くらいに切ります。私は塩胡椒とケチャップで味付けします。グラタン皿に入れてから上にホワイトソースをのせ、その上にピザ用チーズを散らして焼きます。普通は出来上がったらそのままいただきますが、焼きあがってからさっと茹でて細かく刻んで水気をとったブロッコリーを敷き詰めました。緑の芝生のような、とてもきれいで楽しい気分になるドリアができました。

 

ふつうのドリアを焼き上げたあとに、さっと茹でた刻みブロッコリーを敷きつめて 手軽なのに味も香りもいいうえ、見た目の新鮮さもうれしい