HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/food/more/239364/

「大根干葉」は血の巡りを良くするお助け食材

 

 大根干葉の生麩蒸し焼き

~冷えをとる大地の恵みレシピ 第3回~

 

奈良県の初瀬で、フード*メディスナー®(食を通じて心身のトラブルを改善するエキスパート)として活動するオオニシ恭子さん。主宰するのは料理教室だけではなく、「しょうが湿布」をはじめとする、女性のための「お手当」の指導も。

 

 My Age 2021春号では、とくに冷えとり効果の高い「大根干葉(干した葉)の腰湯」のお手当について紹介しているので、ぜひ合わせて参考にしてください。

 

 

第3回のレシピは、「大根干葉の生麩蒸し焼き」。「大根の葉はカルシウムをはじめビタミンの宝庫ですが、干葉はそれ以上の質となります。腰湯のお手当でも使うほど、体を温め、血の巡りを良くします」とオオニシさん。また、このレシピのもうひとつの注目ポイントは、自家製の生麩。お麩の原料、植物性たんぱく質の小麦グルテンを使っている点です。「たんぱく質は、なるべく動物性のものに頼らない」というのがオオニシさんの食養の特徴。これまでも、たんぱく源を動物性から植物性に変える指導によって、多くの人が不調を改善したのを目の当たりにしたそうです。「動物性のたんぱく質は、血を汚してしまうのです。日本古来の生麩や車麩、大豆など、良質のたんぱく質を摂りながら、少しずつ動物性を減らす習慣をつけてほしいですね」

 

 

大根干葉の生麩蒸し焼き

[材料2個分]

大根干葉   2本   …さっと洗って水に浸けて戻す

油揚げ    1/4枚   …熱湯にくぐらせ油抜きする

くるみ     2粒    …粗く砕いておく

クコ     小さじ1

グルテン粉  30g

餅粉     20g

炒り胡麻油  小さじ1

菜の花    2本    …洗っておく

昆布椎茸出汁 1/2カップ …昆布2cm、干し椎茸1個を水に一晩浸して出汁をとる

醤油     小さじ1

 

[作り方]

1)大根干葉は細かく切り、油揚げは3cm長さの細切りにする

2)鍋に炒り胡麻油を熱し大根干葉を炒め、油揚げ、出汁を加えて煮て、葉がやわらかくなったら醤油で味をととのえる

3)くるみ、クコを加えて2等分にしておく

4)グルテン粉、餅粉をボウルに入れてよく混ぜ、水を加えてまとめた生地を2等分にし、それぞれ丸くまとめてから平らにして、饅頭を作る要領で大根干葉の具を包む

5)ぬれ布巾を敷いた上に4をのせ蒸し器に入れ、20分蒸し上げる

6)フライパンに薄く菜種油を敷き両面をきつね色に焼く。蒸した状態で食べても良い

7)さっと塩茹でした菜の花を添えて盛り付ける。お好みで辛子醤油など添えていただく

 

〈教えてくれた人〉

オオニシ恭子 フード*メディスナー®。食養料理研究家の桜沢リマ氏に学ぶ。1981年渡欧。以来32年にわたり、東洋的食養法を基本としながらも欧州における素材と環境を取り入れた食養法「ヨーロッパ薬膳」の普及に努める。2013年1月より、奈良・初瀬の地に移住。心と身体を整える食養生を考え、提案する「やまと薬膳」を主宰。料理教室や各種オンライン講座等の詳細は、https://yamatoyakuzen.com/

 

 

撮影/福森クニヒロ 取材・文/井尾淳子

今すぐチェック!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

PR
<前の記事

<前の記事
第2回/体を温める玄米+味噌の発酵パワーで、体をポカポカに!…

次の記事>

次の記事>
第4回/ 冷えとりも浄血も美肌も! 一石二鳥以上のビューティサラダ …

この連載の最新記事

 冷えとりも浄血も美肌も! 一石二鳥以上のビューティサラダ 

第4回/ 冷えとりも浄血も美肌も! 一石二鳥以上のビューティサラダ 

「大根干葉」は血の巡りを良くするお助け食材

第3回/「大根干葉」は血の巡りを良くするお助け食材

体を温める玄米+味噌の発酵パワーで、体をポカポカに!

第2回/体を温める玄米+味噌の発酵パワーで、体をポカポカに!

この連載をもっと見る

Highlights今、気になる!

メイクアップ化粧品をアップサイクル絵具に。「KANEBO」の世界こどもの日に向けたアートイベントを体験してきました

敏感ケアもエイジングケア(※)もしたい! 大人の肌悩みに寄り添うスキンケアって?

PR

時を戻そう。ほうれい線をドラマティックにメイクアップ! 肌をひっぱるアプローチって何?

親の尿もれ事情って? 旅行を楽しんで欲しいから、娘からの提案

マスクをはずしたときの“見た目年齢ギャップ"を減らす「ほうれい線対策メイク」教えます。

冷えてくると「あっ! ちょいもれ!」。冬は尿もれの「ハイシーズン」なんです

今週の新着記事【ランキングトップ10】【50歳からの断捨離®道 】服を処分できない人の言い訳は「痩せたらまた着るかも」「(値段が)高かった」。関係の終わった服は昔のカレみたいなもの。新しい自分になりたければ潔く手放すべし。/他、今週の新着記事ランキング/他、今週の新着記事ランキング

大人髪のトリセツ~白髪からスタイリングまで! ヘアケアお役立ち情報まとめ~

PR

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル