OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

HAPPY PLUS

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/food/more/259179/

秋に美味しい「洋梨」が、超簡単料理でおしゃれに3変化!

杉本佳子

杉本佳子

杉本佳子
ファッションジャーナリスト兼美容食研究家
1988年よりニューヨーク在住。1989年よりファッションジャーナリストとしてファッション、ファッションビジネス、小売りビジネスについて執筆。2013年より美容食研究家としても活動し始め、ブログ「YOSHIKOlicious Beauty」とインスタグラムを通じて、美肌効果の高い食材をなるべく使い、美味しくて見た目がお洒落な料理紹介している。見た目がきれいだと気分が上がり、食べて美味しいので嬉しくなり、美容と健康にいいのでさらにハッピーになる「3回ハッピーになる料理」がモットー。ファーマーズマーケットなどで買う生命力のあるオーガニックの食材をなるべく使う。食材の意外な組み合わせでも定評がある。

月1回、オンラインのクッキングクラスを開催中。日本からでも参加しやすい時間帯に日本語で行われている。詳細お問い合わせや、参加希望は下記メールまでご連絡を!

yoshiko@yoshikoliciousbeauty.com

 

OurAgeインタビュー「1年半で11kgの減量に成功したビューティメソッドを考案」はこちら

記事一覧を見る

こんなにたくさん種類があるなんて! 初秋のファーマーズマーケットは、洋梨日和

9月のニューヨークのファーマーズマーケットは、夏の野菜や果物がまだあって、秋の野菜と果物が少しずつ加わってくる、とってもお得で嬉しい季節です。そうした中、特に種類の多さが目立つのは洋梨!洋梨は食物繊維が多く、日本の梨の約2倍含まれているそうです。食物繊維以外では、ビタミンCとカリウムも含んでいます。皮に特に栄養素が含まれているので、なるべく皮も一緒に食べることが望ましいでしょう。

 

種類があまりにも多く、どれを買ったらいいのか、目移りしてしまいます

 

「お気に入りの洋梨 甘くてジューシー」などと書いてあると、馴染みのない名前の洋梨でも試してみたくなりますよね!実際試してみたら、美味しかったです!

 

こちらはクラップという品種。種類が多い中のひとつなので、店主の「お気に入り」と知らなければ手に取らないかもしれません。こんなコメントは参考になってありがたいし、生産者の方々の愛情も伝わってきます

 

NYでポピュラーなものには、日本では見かけない品種や日本では目新しい品種もたくさんあります。逆にラ・フランスやル レクチエなどは、日本で独自に作り継がれている品種のようで、こちらでは見かけません。日本の洋梨は晩秋に出回るものも多いようですが、こちらでは日本の和梨と同じく、晩夏から初秋に豊富に出揃うくだものです。

 

そんな中で、一番一般的に出回っているのはボスクというこちらの品種。スーパーマーケットでもよく見かけます。茶色い皮なので、一目でわかります。やや実がしっかりして、食感が少しシャリっとしています。わりと日持ちするので、便利で使いやすいです。

 

こちらでは定番のボスクは、スーパーマーケットでは年間通じて売られています

 

バートレットもNYではよく見かける品種です。日本でも初秋に出回っているようで、店頭で見かけることが増えているよう。

こちらは果肉が柔らかめで、ボスクより少しねっとりした食感です。柔らかめの洋梨は痛むのがやや早いので、買ったら早めに食べることをお勧めします。

 

食べ比べてみたところ、左のレッド・バートレッドのほうが果肉が柔らかく、緑の方は実がしっかりしていました

 

 

洋梨=砂糖煮だけじゃない! ほんのひと手間の調理で、センスが光る美味しい一品(しかもローカロリー)ができあがり

洋梨は砂糖入りの甘い汁で煮込むポーチドペアにしたり、ジャムにしたりという調理方法もありますが、砂糖は肌の大敵と言われるので、私はなるべく砂糖をとらないようにしています。甘さは、フルーツのもつ自然の甘みだけで充分!甘さ控えめを好む大人の女性向けの洋梨活用アイデア3種類、ご紹介しましょう。

 

洋梨とルッコラ(アメリカではアルグラと呼びます)と生ハムは相性抜群! その3種類を使った簡単で美味しくてお洒落なフィンガーフードはいかがでしょう。洋梨は串切りにして、芯を外します。私は4つ切りにしてから芯を切り落とし、さらに縦半分に切ります。くぼみにあわせてよく洗ったルッコラをのせ、生ハムで巻くだけ。畑から直送のルッコラは土が結構ついていますので、何回もボウルの水を取り替えながら洗って使います。生ハムの量はやや少なめのほうが、味のバランスがいいように思います。

 

冷えた白ワインかプロセッコが合いそうなオードブルです!

 

 

こちらは、洋梨を、香りのある葉物野菜と刻んだ胡桃を混ぜたサラダです。シンプルですが、美味しくて飽きのこない味!

写真ではルッコラを使っていますが、水菜やからし菜を使ってもいいと思います。ドレッシングは、オリーブオイルとアップルサイダービネガー、塩胡椒を混ぜました。お酢は普通のリンゴ酢や白ワインビネガーまたはバルサミコビネガーでもいいと思います。ビーガンの方にも安心してお出しできるサラダです。

 

お好みで、削ったチェダーチーズやオーガニックのレーズンを少し加えても美味しいです

 

 

切るだけでそのままベイク&「あのチーズとピスタチオをトッピングするだけ」で、秋のご自慢デザートに!

ベイクしてつくったこちらのデザートも、甘さ控えめです。洋梨は、加熱しても形が崩れないように、なるべく身がしっかりしているものを使いましょう。(写真で使っているのはボスクです)

 

縦半分に切り、芯と種を丸くくり抜きます。そこに塩胡椒とオリーブオイル少々をまぶし、さらにシナモンをまぶします。シナモンはちょっと多めがお勧めです。オーブン用のトレイにクッキングシートまたはくしゃくしゃにして広げたアルミホイル、あるいはノンスティックのアルミホイルをしき、175度に熱したオーブンかオーブントースターで20分ベイクします。

 

焼きあがったらお皿にのせ、くぼみの部分にマスカルポーネチーズをおきます。アイスクリーム用のスクープですくうと丸くきれいなかたちのチーズをのせることができます。そこに煮詰めたバルサミコビネガーをかけ、最後に刻んだピスタチオを散らしました。簡単で見た目お洒落ですので、おもてなしにも重宝するでしょう。

 

より甘さを求めるなら、マスカルポーネチーズの代わりにバニラアイスクリーム、バルサミコビネガーの代わりにメープルシロップもアリですが、洋梨は加熱することで甘みが増しますので、マスカルポーネチーズとバルサミコビネガーでも十分甘さが感じられます。是非お試しくださいね。

 

簡単にできて、家族やお客様の笑顔が容易に想像できるデザートです!

 

 

今すぐチェック!

日常の中で、資源を『もったいない』と思う意識が生んだ、化粧品ボトルの水平リサイクルって?

日常の中で、資源を『もったいない』と思う意識が生んだ、化粧品ボトルの水平リサイクルって?

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第50回/真夏に食べたいズッキーニ! ビタミン、カリウムなどバランス良くとれて夏バテのからだにもマル! 主役級レシピで美味しさもアップ!…

次の記事>

次の記事>
第52回/うまみ増し増し!簡単! 秋に食べたい、エリンギの「再発見」レシピ…

この連載の最新記事

NYの春野菜「マスタードグリーン」の苦味を美味しくいただく大人レシピ3選

第59回/NYの春野菜「マスタードグリーン」の苦味を美味しくいただく大人レシピ3選

春はタケノコ! 旬食材をサラダ、グリル、スープに!洋&エスニックな組み合わせで広がる美味

第58回/春はタケノコ! 旬食材をサラダ、グリル、スープに!洋&エスニックな組み合わせで広がる美味

驚愕のダブルパワー「味噌レモン」で、からだがしっかり温まる美味メニューをぜひ!

第57回/驚愕のダブルパワー「味噌レモン」で、からだがしっかり温まる美味メニューをぜひ!

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル