HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/food/more/303901/

冬のNYでホリデイの集まりに愛される、あの伝統のスープの『秘蔵のレシピ』を特別公開! 

杉本佳子

杉本佳子

杉本佳子
ファッションジャーナリスト兼美容食研究家
1988年よりニューヨーク在住。1989年よりファッションジャーナリストとしてファッション、ファッションビジネス、小売りビジネスについて執筆。2013年より美容食研究家としても活動し始め、ブログ「YOSHIKOlicious Beauty」とインスタグラムを通じて、美肌効果の高い食材をなるべく使い、美味しくて見た目がお洒落な料理紹介している。見た目がきれいだと気分が上がり、食べて美味しいので嬉しくなり、美容と健康にいいのでさらにハッピーになる「3回ハッピーになる料理」がモットー。ファーマーズマーケットなどで買う生命力のあるオーガニックの食材をなるべく使う。食材の意外な組み合わせでも定評がある。

月1回、オンラインのクッキングクラスを開催中。日本からでも参加しやすい時間帯に日本語で行われている。詳細お問い合わせや、参加希望は下記メールまでご連絡を!

yoshiko@yoshikoliciousbeauty.com

 

OurAgeインタビュー「1年半で11kgの減量に成功したビューティメソッドを考案」はこちら

記事一覧を見る

コクのある味、雪のような白さ。
喜ばれるクリスマスの鉄板料理はニューイングランドクラムチャウダー

 

摩天楼が立ち並ぶマンハッタン島は、風の強い冬の日に出かける時は耳を覆う帽子をかぶらないと耳がちぎれそうっていうくらい極寒の日が時々あります。

そんな寒い日には、温かいスープやシチューが欲しくなりますよね!

ニューヨークでは、その中でも特に、ニューイングランドクラムチャウダーという、どろっとしたクリームベースのスープの人気が高いのをご存知でしょうか?

 

クラムチャウダーには2種類あり、マンハッタンクラムチャウダーというトマト味のスープもあるのですが、私の経験では、「ニューイングランドクラムチャウダーの方が好き」という方が多いです。

このスープの旨みの素であるクラムは、ダメージを受けた細胞の修復の手助けをし、健康な髪を維持するのに必要な亜鉛を含んでいます。ジャガイモのビタミンCは、加熱しても壊れにくいといわれていますし、ベーコンは、糖質がエネルギーに変わるときに必要な補酵素の役目をするビタミンB1を豊富に含んでいます。ベーコンはあまりからだによいと思わないので、私はめったに使わなくなっていますが、ニューイングランドクラムチャウダーにはベーコンが欠かせないと思います。

白いスープは、赤がメインのクリスマスの食卓にも映えますので、今年のクリスマスはぜひ、ニューイングランドクラムチャウダーをメニューに加えてみられてはいかがでしょうか。

 

ジャガイモがたっぷり入ったスープは、腹持ちもいいので満足感もいっぱいです

 

ニューイングランドとはメイン、ニューハンプシャー、バーモント、マサチューセッツ、ロードアイランド、コネチカットの6つの州を含むアメリカ北東部を指します。ロブスターや牡蠣など、シーフードがとっても美味しい地域なんですよ!

 

そのひとつ、マサチューセッツ州のボストンに本拠を置くリーガルシーフードというレストランチェーンがあるのですが、リーガルシーフードのニューイングランドクラムチャウダーは、何10年にもわたり大統領就任式の晩さん会で出されている名物料理。
ネット注文でも大人気で、リーガルシーフードによりますと、毎年150万杯ものニューイングランドクラムチャウダーを出荷しているとか!

ここのニューイングランドクラムチャウダーには、手で崩しながらスープの上にのせるオイスタークラッカーもついてきます。
オイスタークラッカーは昔、腹持ちがよくて日持ちするために船乗りたちが航海にもっていったのが起源と言われています。オイスタークラッカーといっても、牡蠣が入っているわけではありません。牡蠣の身に近い薄いグレーがかったベージュ色をしているので、そう呼ばれているのかもしれませんね。

本場、ニューイングランドでいただいた
マイ・ベストを再現したレシピがこちら!

 

クラムチャウダーは、18世紀には既に一般的な料理だったとされています。ただ、クリームベースのニューイングランドクラムチャウダーがいつどのように生まれたのかはあまり定かでなさそうです。

 

私自身はもう27~28年前になりますが、まさにニューイングランド6州のひとつ、ロードアイランド州のニューポートを訪れた時にいただいたニューイングランドクラムチャウダーが、一番のお気に入り! なんとかその味を自宅で再現したいと思って、かなり以前にレシピを考えました。かなりどろっとした食感の、濃厚なスープです。

 

私のお料理教室やお食事会で何度もご紹介し、「レストランより美味しい!」といつも大好評なこのクラムチャウダー、今回は、いつもこの連載を読んでくださっている読者の皆様に、特別にクリスマスプレゼントとして、これまで、お教室の生徒さんだけに教えてきた私のレシピを、ここで公開したいと思います!

 

ちなみに、私は殻つきのクラム(日本ではハマグリが近いかと思います)の方が本格的でいいのではないかと思って、最初は殻つきクラムを使っていました。でもアメリカ人に出すと、「なんで殻が入っているんだ。めんどくさい」と不評。(苦笑)
考えてみると、リーガルシーフードを含め、レストランで出てくるニューイングランドクラムチャウダーも貝殻が入っていないものが一般的なので、缶詰を使うようになりました。日本ではクラムの缶詰をあまり見かけないので、代わりにアサリの缶詰を使っていただいたらいいのではないかと思います。

 

雪のような白い色も、冬にピッタリ。同時に暖かみを感じさせます

◇材料(つくりやすい分量/6人分)

*計量カップはアメリカサイズの240㏄なので、200㏄の日本のカップを使われる場合は、その分計って加えるか、他の食材の量と調整していただければと思います。

・クラム(日本ではアサリで代用可)の缶詰:1個

・ベーコン:3枚

・たまねぎ:1/2個

・セロリ:1本

・小麦粉:240ccカップの1/5(48cc)

・ジャガイモ:小さめの中2個
*アメリカでは、ユーカンゴールドという黄色っぽいジャガイモがお勧め

・牛乳:240ccカップで2(480cc)

・ハーフ&ハーフ(牛乳と生クリームを半々に混ぜたもの):240CCカップで1(240cc)

・塩:小さじ1/2強

・ホワイトペッパー:少々
*なければ黒胡椒でもいいです

 

◇作り方

  • ジャガイモをゆでるため、小鍋に湯を沸騰させて、塩を少し入れる。
  • ジャガイモは皮をむき、縦に4つ割にし、5~7ミリ幅の扇形に切って5分茹でてザルにあげておく。
  • ベーコンは細切り、玉ねぎとセロリはそれぞれみじん切りにする。
  • なべを熱して弱火でベーコンを炒め、油が出てきたら玉ねぎとセロリを加えて、玉ねぎが透き通るまで炒める。
  • 小麦粉を少しずつ加えて、炒めながら全体に混ぜる。
  • クラム缶の汁を少しずつ加えて全体に混ぜ、さらに牛乳を少しずつ加えてだまにならないように全体を混ぜる。さらにハーフ&ハーフを加え、そこにジャガイモを加え、鍋の底が焦げ付かないように気をつけながら、弱火でときどきかき混ぜながらとろりとするまで煮込む。(17分くらい)
  • クラムを加え、塩とホワイトペッパーを入れて全体に混ぜる。

 

注意点は、鍋の底を焦げ付かせないようにすることです。弱火でかき混ぜながら煮込むことを忘れずに!
出来立てはわりとさらっとした質感ですが、20~30分おいて温め直すと、どろっとしてきます。

残ったチャウダーを翌日にいただく場合は、かなりもったりしてしまいますので、牛乳を適量足して延ばしながら温めてください。

乳製品が苦手の方は、ビーガンのミルクと生クリームを使っていただければと思います。

 

ニューイングランドクラムチャウダーと共に、クリスマスの食卓に向く簡単なお勧め料理もご紹介しましょう。
ベビーアルグラ(ルッコラのベビーリーフ)と細く切った洋梨を生ハムでクルクル巻いたフィンガーフードはいかがでしょうか。

 

辛みのあるアルグラとほのかに甘みのある洋梨に、塩気のある生ハムが合います

葉野菜はマイクログリーンであれば他のものでもいいですし、なければアスパラガスに生ハムを巻くだけでも美味しいです。洋梨の代わりにイチジクを使うのも一案でしょう。

 

メインはステーキを焼いて、一口大のサイコロ状に切り、カラフルな野菜を組み合わせるとお花畑みたいにきれいです。
赤や黄色の生のミニトマト、さっと茹でたアスパラガス、塩胡椒をし、オリーブオイルをまぶしてローストしたニンジンとパールオニオン(小玉ねぎの一種。なければ手に入る小玉ねぎで)など、食感の違うカラフルな野菜を散りばめて、ステーキにはパセリソースをかけています。見た目に華やかで、食卓に出すと歓声があがること、間違いありません!

 

パセリソースは、みじん切りにしたパセリの葉っぱとニンニク、塩胡椒、オリーブオイルをフードプロセッサーに入れてどろどろにしたものです。

 

 

皆様、どうか、素敵なクリスマスをお迎えくださいね!

 

 

 

この特集も読まれています!

子宮
フェムケア
水晶玉子
痩せる
ツボ・指圧
筋活

今すぐチェック!

医師が監修! 京都ならでは&健康寿命を延ばしたい人のためのウェルネスプログラムに注目

医師が監修! 京都ならでは&健康寿命を延ばしたい人のためのウェルネスプログラムに注目

PR
<前の記事

<前の記事
第66回/人気の新顔野菜「バターナッツかぼちゃ」をスープ以外でも美味しく食べる! NY流おしゃれレシピ…

次の記事>

次の記事>
第68回/白菜といえば鍋、中華…だけじゃない! NY流・白菜の美味しい&ヘルシー・洋風レシピをご紹介…

この連載の最新記事

白菜といえば鍋、中華…だけじゃない! NY流・白菜の美味しい&ヘルシー・洋風レシピをご紹介

第68回/白菜といえば鍋、中華…だけじゃない! NY流・白菜の美味しい&ヘルシー・洋風レシピをご紹介

冬のNYでホリデイの集まりに愛される、あの伝統のスープの『秘蔵のレシピ』を特別公開! 

第67回/冬のNYでホリデイの集まりに愛される、あの伝統のスープの『秘蔵のレシピ』を特別公開! 

人気の新顔野菜「バターナッツかぼちゃ」をスープ以外でも美味しく食べる! NY流おしゃれレシピ

第66回/人気の新顔野菜「バターナッツかぼちゃ」をスープ以外でも美味しく食べる! NY流おしゃれレシピ

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル