OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/future_planning/money/237107/

「貯めるお金」近い将来使う予定のあるお金の目標を設定する/老後のお金「4つのお財布」③

子どもの教育費や結婚資金…。近い将来に使う予定のあるお金ですが、そのまま貯金しておくのはもったいない! 毎月積み立てられる目標額を計算し、リスクのない金融商品に預けて、上手にやりくりしませんか?

 

教えてくれた人

山中伸枝さん ファイナンシャルプランナー

山中伸枝さん
Nobue Yamanaka

ファイナンシャルプランナー。FP相談ねっと代表、一般社団法人公的保険アドバイザー協会理事。わかりやすい説明で、個人相談のほか講演会やメディアでも活躍。『50歳を過ぎたらやってはいけないお金の話』(東洋経済新報社)『「なんとかなる」ではどうにもならない 定年後のお金の教科書』(クロスメディア・パブリッシング)など著書多数

 

5~10年以内に使う予定のあるお金の目標設定をする

 

これに該当するのは、5~10年後のような“近い将来”使う予定がある、まとまった額のお金。リフォームや子どもの結婚式など、用途別に目標額と必要な時期までの年数を書き入れ、すでに準備できている分があれば、その額も記載を。

 

(「目標の総額」−「準備できている額」)÷(必要な時期までの年数)÷12カ月=毎月の積立目標額になります。

 

近い将来使うお金を貯めているイメージイラスト

 

「近い将来使うことが決まっているので、元本が保証されている金融商品で貯めるのが鉄則です。超低金利時代ではありますが、ネット銀行の定期預金や個人向け国債など、多少金利が高いところもあるので、それを上手に利用してください。

 

10年後に予定しているリフォームは個人向け国債変動10年もの、時期未定の旅行はネット銀行の自動更新の定期預金になど、目的別に金融商品を分けるのもよいでしょう」

 

 

●「貯めるお金」のワーク

 

ここで求めた「毎月の積立目標額」が、現在の収入に見合った額かどうか冷静に判断を。多すぎるなら、使う時期を先延ばしにしたり、予算を減らすなどの対策を講じて

 

目的別の積立目標額を入れる表

 

 

イラスト/サンダースタジオ 取材・原文/村上早苗

 

 

今すぐチェック!

印象評論家・美有姫(重田みゆき)さんが力説!「“髪の状態”は、その人の印象に直結しています」

印象評論家・美有姫(重田みゆき)さんが力説!「“髪の状態”は、その人の印象に直結しています」

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第6回/「使うお金」家賃や食費など日常の生活費を把握する/老後のお金「4つのお財布」②…

次の記事>

次の記事>
第8回/10年以上使う予定のないお金を投資「増やすお金・1」/老後に必要なお金「4つのお財布」④…

この連載の最新記事

【老後資金】ケーススタディ「会社員×会社員」「おひとりさま」がすべきことは

第13回/【老後資金】ケーススタディ「会社員×会社員」「おひとりさま」がすべきことは

【老後資金】ケーススタディ「会社員×専業主婦」「自営業×自営業」カップルがすべきことは

第12回/【老後資金】ケーススタディ「会社員×専業主婦」「自営業×自営業」カップルがすべきことは

「守るお金」公的保険で足りない分のみ民間保険でカバー/老後のお金「4つのお財布」⑦

第11回/「守るお金」公的保険で足りない分のみ民間保険でカバー/老後のお金「4つのお財布」⑦

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル