国産野菜にこだわった、見た目も美しいサラダの専門店。銀座「ウィズ グリーン」へようこそ

プロフィール写真

フードライター&エディター、ラジオコメンテーター。横浜生まれ。「Hanako」からスタートし、店取材を続けること20年。料理の基礎知識を身に付けたいと一念発起、27歳で渡仏。4年の滞在の間にパリ商工会議所運営のプロフェッショナル養成学校「フェランディ校」で料理を学び(…かなりの劣等生だったものの)、フランス国家調理師試験に合格。レストランはもちろん、ラーメンや丼メシ、スイーツの取材にも意欲を燃やし、身を削って(肥やして!?)食べ続ける毎日。

私、サラダは食文化の豊かさのバロメーターのひとつではないかと思うのです。

 

Our Ageの連載、料理研究家の山田玲子さんの「食のパワーを求めて東奔西走!」や「ミラクル免疫力をつけると、老けない!」などでも、おいしそうなサラダのレシピがずらり。某レシピサイトで「サラダ」と検索すれば、ヒットしたその数は、なんと17万超え…。

野菜が生で食べられるようになったのも畑の環境整備が発展したからですし、ボイルした野菜や野菜以外の食材が使われ、市販のものを含めてドレッシングのバリエーションがこんなに増えたのも、食生活が豊かになった証ですね。

 

時々、我が家の食卓にのぼる老母が作ったサラダは、トマト、きゅうり、レタス、ハムがきっちりと陣地分けして並んでいる昭和スタイル。いまでもこれが基本です。私が買った立派なサラダスピナー(野菜水切り)がキッチンにはあるのですが、母が使っているのを見たことがありません。母は母で市販のドレッシングをいろいろ試して買ってはいるようですが、老父が好むのは塩かマヨネーズ…。

子供の頃から、どれほどおしゃれサラダへの憧れが強かったか、ご想像いただけるでしょうか(苦笑)。

 

ウィズグリーン

「ウィズグリーン」のボリューム満点サラダ。ひとつひとつの具材に手がかけられているのがよくわかる

 

 

 

 

いま、東京はサラダ専門店がオープンラッシュ

 

健康な食生活を求める人が増え、海外からのブーム流入もあって、いま、いたるところにサラダ専門店がオープンしています。専門店というだけあって、明らかにこれまでと違うのは、サラダを主食として捉えているところ。¥1,000前後の価格帯で、ボリュームたっぷり、1品でお腹いっぱいになるんです。

定番メニューのバリエーションには店の個性が表れているし、好きなようにカスタマイズできたり、食べやすくしたチョップ(切り刻む)スタイルの店も。

友達と食事に行くというよりは、ひとりで外出の途中に寄る機会が多いと思うので、エリアごとにオススメのショップを簡単にご紹介しますね。

サラダショップイメージ

 

 

 

●恵比寿

GREEN BROTHERS(グリーンブラザーズ)

ニューヨークのライフスタイルを意識したおしゃれな店。切り方にもこだわった葉物やころんと丸く切り抜いたアボカドなど、工夫が光ります。

グリーンブラザーズ

 

●自由が丘

KOE GREEN(コエグリーン)

オーガニック野菜を中心としたオリジナルサラダが12種類。イートイン用の素敵な木の器も食欲をそそります。ポタージュをサイドディッシュに。

コエグリーン小

 

 

●西新宿

Salad Deli MARGO (サラダ デリ マルゴ)

「高タンパク&低糖質サラダ」や「ビタミン&ミネラルリッチサラダ」など、はっきりとした目的を持って選べる機能性サラダがオススメです。

 

●神保町

MORE SALAD(モアサラダ)

完全カスタマイズできるサラダ。レギュラーサイズでも330gのボリュームなので、テイクアウトして晩のおかず1品にしてもいいと思います。

 

 

 

次頁では先月オープンしたばかりの銀座の注目店を詳しく紹介しましょう。

シェア ツイート LINEで送る

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top