GWは、意外にヘルシーに楽しめる「新横浜ラーメン博物館」へ。 NYから逆上陸した 「YUJI RAMEN」に注目

プロフィール写真

フードライター&エディター、ラジオコメンテーター。横浜生まれ。「Hanako」からスタートし、店取材を続けること20年。料理の基礎知識を身に付けたいと一念発起、27歳で渡仏。4年の滞在の間にパリ商工会議所運営のプロフェッショナル養成学校「フェランディ校」で料理を学び(…かなりの劣等生だったものの)、フランス国家調理師試験に合格。レストランはもちろん、ラーメンや丼メシ、スイーツの取材にも意欲を燃やし、身を削って(肥やして!?)食べ続ける毎日。

今日はおいしいラーメンの紹介です。

え!? Our Ageの「ヘルシーごはん」の連載にふさわしくない内容なんじゃないかって? まぁまぁ、そうおっしゃらずに、どうぞ先をお続けくださいませ。最近のラーメンはその創意工夫たるや、スゴイんですから。「ラーメンはヘルシーです」と胸を張ってはいいませんが、「ラーメンなんて脂っぽくて無理」なんてセリフ、いま口にしたら若い子たちに笑われちゃいますよ!?(笑)。

 

ユージラーメン

3月に「新横浜ラーメン博物館」にオープンした新店「YUJI RAMEN」の✖✖︎✖✖︎ラーメン。何のスープかは先を読んでのお楽しみ…。

 

1994年オープンの「新横浜ラーメン博物館」がいまも楽しい
ラー博内観

お酒を楽しめる喫茶&スナック(何とカラオケもできる!!)や居酒屋もあるので、胃袋休めにも最適。

 

日本全国、そして海外の有名なラーメン店が軒を連ねる「新横浜ラーメン博物館」。北は北海道・利尻島から南は沖縄まで、さらに2軒の海外からの逆上陸組を加え、現在は個性的な9軒が店を構えています。私は雑誌の取材や友達の外国人観光客を連れてなど、わりと頻繁に行くことがあるのですが、公私問わず、毎回、お腹いっぱい、とても楽しんで帰ってきます。

特にラーメンを食べ慣れていない外国人旅行客を連れて行くと、感謝感激されること請け合い。昭和の街並みを再現した内観(私たちにとってはのノスタルジックですが、彼らにとってはディズニーランド的な面白さのようです)や、半分より少し多めのミニラーメンが全軒に用意されていること、そのおかげで名店の味を複数、食べ歩くことができるので、外国人ラーメンビギナーたちはより一層、ラーメン文化を身近に感じることができるのです。たとえ、なかなか2本の箸で麺をつかむことができず、若干、ヤキモキする食事タイムになったとしても、です(苦笑)。

 

ラーメンを食べる子供

初めてラーメンを食べたイタリア人のコンスタンツァちゃん。お箸の使い方に四苦八苦しながらも、「ブオーノ」を連発してとても気に入った様子。

 

今回は大学時代の友人と一緒に行ったのですが、彼女はなんと20年以上ぶりの訪問。「オープンしたての頃、当時の彼と一緒に来て以来よ」と昂奮気味。

バブル真っ只中だった大学生時代、冬でもハイレグ水着で泳げた大型屋内温水プール施設「ワイルドブルーヨコハマ」や、フェイクファーがついたフード付きジャケット&黒いスパッツのスキーウェアで滑った屋内型ゲレンデ「ららぽーと スキードーム ザウス」、免許取り立ての彼氏が若葉マーク付きのファミリーカーを運転して連れて行ってくれた「ドライブインシアター」など、様々なエンターテイメント施設が私たちを熱狂させました。

そのなかのひとつが1994年にオープンした、この「新横浜ラーメン博物館」だったわけですが、23年経ったいまでも営業を続け、さらに「ラーメン文化の情報発信地」として様々な話題を提供しているとは、とてもすごいことですよね。

最近では、海外で人気を博すラーメン店が期間限定で出店することが大きな話題になっています。日本の食文化を代表するラーメンが外国でどのように愛されているかを感じることができ、その味に感動することはもちろん、日本人として誇らしい気持ちになったりも…。

 

では、お待たせしました!!  3月に館内にオープンした注目の店を次のページで紹介しましょう。


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge

コメント

コメントを投稿する

コメントを投稿する

post date*

ニックネーム
コメント
To Top