見習いたい! ヘルシー弁当の甘味使い


「食」のトレンド10

trend9 グルメバーガー

 

「白砂糖は控えたいけれど、甘味が欲しいおかずの味つけはどうしたらいいの?」という悩みにはこのワザが参考になります!

 

体に優しい甘味料で
「おいしい」と「健康」を両立

白砂糖のとりすぎは、美と健康を害するといわれています。
それは、精製することにより、白砂糖からは原料のサトウキビに含まれるビタミやミネラルが、失われてしまっているからです。
こうした微量栄養素を失った糖は、血中に取り込まれるスピードが非常に速く、血糖値の乱高下を引き起こし、活性酸素を発生させて血管や内臓、肌を傷つけます。また、体内で分解する際にビタミンB1を多く消費するので疲れやすくなる、カルシウムも消費して骨が弱くなるなどのリスクも。
そこで、白砂糖不使用でヘルシーにこだわるお弁当店に注目。体に優しくナチュラルな甘味料で、ほんのり甘いおかずもお手の物!

「食」のトレンド10 ヘルシー弁当2点

[写真上から]

ビタミン&ミネラルを
含む甘味料の使い分け

白いペーパーボックス/モデルをはじめ「おいしくて美容にいいモノ」に敏感な女性に人気のケータリングサービス「FLOW TOKYO」のお弁当。ビタミンやミネラルを含む甘味料を数種類、料理により使い分けています。グリルチキンにかけた黒酢と花椒(ホアジャオ)のたれには煮つめたみりんを。大学いも風のかぼちゃとさつまいもにはメープルシロップ。キャロットラペにはてんさい糖を使い、さらにレーズンでも甘味をプラス。季節の野菜はりんご酢とアガベシロップでマリネ。

■弁当(中身はおまかせ。リクエストもOK)¥1,500/FLOW TOKYO

 

 

血糖値を上げない
自然派甘味料を使用

黒い八角形容器/デパ地下(伊勢丹新宿店)で人気のヘルシー弁当の店「おいしいプラス」。肉・魚料理のたれ、煮物をはじめとする惣菜の味つけ、野菜の下味など、甘味にはすべて、血糖値を一切上げない100%天然素材が原料の「高純度羅漢果エキス」を使用しています。

お弁当を手がけているのは、日本料理店を長年営み、7年連続ミシュラン三ツ星を獲得した江﨑新太郎さん。健康を考えたメニューであることはもちろん、味も名店のクオリティそのままです。

■滋味あふれるお肉と土を知る野菜の味わいスペシャル弁当¥2,200/おいしいプラス

 

 

 

次はお弁当に使われている甘味をご紹介します。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第19回
見習いたい! ヘルシー弁当の甘味使い


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top