豆腐料理でよく使う調理方法をおさらい


素材を選ばない柔軟さと和・洋・中すべての料理に変身できる多様性。コレステロール値の低下、老化防止、更年期症状の軽減、美容やダイエットにもいいなど、豆腐はまるでスーパーマンのような存在。日本人に愛され続けてきた豆腐を、おいしくいただきましょう!

 

連載「豆腐の実力」は、今回が最終回です。

豆腐料理をつくるときによく使う調理手法をおさらいします。毎日でも食べたい豆腐の献立に、お役立てください。

 

 

 

●水きり

豆腐の実力 水切り

豆腐に含まれる水分を料理に合わせて適度に抜くこと。料理によっては水きりをしないでそのまま使う場合もあります(詳しい水きりの方法は「豆腐の実力」第5回を参照)。

 

 

●水気をふく

豆腐の実力 水気をふく

材料の表面の水分をふき取ること。カリッと香ばしい焼き色をつけて焼きたいときや揚げるときは、水気をふいておくことが大切なポイントになります。

 

 

●水気を絞る

材料の水分を絞り出すことで、豆腐の場合はふきんに包んでギュッと絞る究極の水きり方法。ただ、形がくずれるので、使う料理は限られ、白あえなどに向きますが、本書では異なる方法で水気をきっています。

 

 

●ひと煮立ち

豆腐の実力 ひと煮立ち

ゆでたり煮たりするときに、材料を入れて沸騰しはじめた状態。特に豆腐は、強火で加熱を続けると形がくずれたりするので、「ひと煮立ちしたら火を弱める」など、この用語はよく使います。

 

 

●炒り煮する

豆腐の実力 炒り煮

少ない水分で材料を炒めるように混ぜながら、水分がなくなるまで煮る方法。いり豆腐では欠かせないテクニックです。

 

 

 

豆腐料理の手法、次のページに続きます。

シェア ツイート LINEで送る
第84回
豆腐料理でよく使う調理方法をおさらい

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top