濃厚で花の香り豊か! 「日本みつばち」のはちみつ

プロフィール写真

料理研究家

浜田山・麹町にて料理教室「Salon de R」を主宰。女性の美と健康を考えた、おしゃれなメニューを数多く提案する。

また、「食することは人の輪なり」をモットーに、国内はもとより、NYやヒューストン、スペイン、韓国、シンガポールなど、海外でもレッスンを開催。各地で食を通じて人々と交流を深めている。

近著に全文英訳付きレシピ本『おにぎりレシピ101』(ポット出版)がある。

「はちみつは体に良い」とよく言われていますよね。調べてみると、美容や健康に役立つ成分が多く含まれていることがわかります。

 

たとえば、はちみつに含まれるポリフェノール類には抗酸化作用や抗炎症作用があり、血管年齢の若返りなど、アンチエイジング効果が期待されています。また、強い殺菌作用を持つ成分が含まれているということも、耳にされたことがあるのではないでしょうか。

 

そして、砂糖よりもカロリーが20%以上低く、砂糖よりもアミノ酸、ビタミン、ミネラルなどの栄養素を多く含むというのも嬉しいですね!

 

さらに、肌に塗ることで得られる美容効果にも注目。肌に潤いを与えてくれるということで、「自然が生んだ保湿剤」とも言われているようです。「パックに使う」とか、「シャンプーに数滴加える」という方もいらっしゃいますね。

 

このように、日本でも古くから大切に用いられてきたはちみつですが、近年、全国的に見ても、日本で売られているはちみつのほとんどが「西洋みつばち」といわれる種類の蜂の蜜なのだそうです。

 

というのも、「西洋みつばち」は「日本みつばち」よりも採蜜能力が高いことから、「西洋みつばち」が日本に紹介された明治時代以降、養蜂家にどんどん広がっていきました。現在、「日本みつばち」のはちみつは希少ですが、実は「日本みつばち」は「西洋みつばち」とは異なる性質を持っているとか。そのひとつが採蜜の方法。

 

「西洋みつばち」は、単一の花から集中的に蜜を集める性質が強いですが、「日本みつばち」は多種類の花から蜜を集めます。はちみつの味は、蜂がどんな花から蜜を集めてくるかで大きく変わるもの。さまざまな樹木・草花から集めてきた蜜は、百花蜜と呼ばれ、大変複雑で濃厚な味わい。「口に入れた瞬間にフルーツのような香りが口中に広がります。

 

「日本みつばち」のはちみつ、見かけたら一度試してみては?

 

さて、はちみつの使い方ですが、「パンに塗る」「ヨーグルトにかける」などが一般的でしょう。はちみつには肉を柔らかくする効果があると言われているので、私は肉料理にもよく使っています。

 

はちみつのフルーティな香りとやさしい甘みも加わって、お肉がぐっとおいしくなりますよ!

 

 

鶏のエスニック風味

 

材料

鶏もも肉((手羽中でもOK)……350g

塩……適量

オイル……大さじ1

A塩……少々

Aコリアンダー(乾燥・粉末)……小さじ1

Aナツメグ……少量

Aこしょう……少量

A赤ワインビネガー……大さじ2

Aはちみつ……大さじ2弱

Aピンクペッパー……適量

Aパセリ(みじん切り)……適量

 

作り方

①鍋に湯を沸かし、食べやすい大きさに切った鶏モモ肉をさっとくぐらせる。

②①の鶏モモ肉に軽く塩をふり、オイルを薄くひいたフライパンに入れて、両面に焦げ目がつくまで焼く。

③火を止め、混ぜ合わせたAの調味料を少しずつ加えながら、全体にからめる。

シェア ツイート LINEで送る
第65回
濃厚で花の香り豊か! 「日本みつばち」のはちみつ

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top