雪の奥会津で見つけた感動美食~福島県・湯倉温泉 鶴亀荘~

プロフィール写真

温泉ビューティ研究家・トラベルジャーナリスト
温泉旅で心も体もきれいになる
“ビューティツーリズム”を提唱。
トラベルジャーナリストとして取材執筆・
温泉の講演などで、年200日全国を旅する。

雪の奥会津で見つけた感動美食~福島県・湯倉温泉 鶴亀荘~

金山町湯倉産山胡桃の「くるみどうふ」の先付に、色とりどりの前菜。福島の郷土料理のイカ人参、雪の中で寝かせた“雪中あさつき”を入れた玉子焼き、お隣町の舘岩産赤かぶ寿し、その横の竹串に刺さっているのは寒風にさらした凍みこんにゃく、干柿チーズ、芋がら、きんかんワイン煮などなど、奥会津の冬を楽しむ食の知恵がこんなに華やかな盛り付けで並んでいます。

奥会津は日本でも有数の豪雪地帯。会津若松から只見線に乗り、会津川口駅からバスで湯倉温泉へ。美しい雪の渓谷にかかる赤い橋を渡ると鶴亀荘が見えてきます。

宿の前を流れるのは只見川。このエリアは「雪食地形(せっしょくちけい)」という特徴的な地形をしています。隆起してできた山の斜面を冬の豪雪が削り取り、山の尾根と斜面はモザイクのように植生が違っています。ゆるやかな川の流れと急峻(きゅうしゅん)な山のコントラストが美しい只見川ならではの景色が宿の前に広がります。

家族で営む温泉宿・鶴亀荘は6室だけの小さなお宿。丸窓から眺める絶景は情緒たっぷり。旅っていいなあと思う瞬間です。

かつての湯倉温泉は川岸に湧く温泉へ船で渡り野天湯で利用されていて、その写真が残っていました。大きな亀が手の傷を癒していたのを漁師が見つけたのが始まりだそうで、傷を癒す神様の恵みとして愛されてきました。現在は、共同浴場と1軒宿の鶴亀荘で利用、泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉。成分総計が5,715㎎もあるミネラルたっぷりの温泉。しっかりと体の芯まで温まって、乾燥しがちな肌をしっとりと保湿。寒い冬にもありがたい泉質です。この内湯の外に、絶景露天風呂があるのですが、この日は修理中。春には再開の予定です。

 

美食のご紹介は、次ページに続きます。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第85回
雪の奥会津で見つけた感動美食~福島県・湯倉温泉 鶴亀荘~

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top