もち麦とスーパー大麦で美腸・美肌&ダイエット

プロフィール写真

食いしん坊で外食好きでもありますが、今年は大好きな料理をする日を増やす予定。もち麦はいろいろ使っていましたが、この特集でスーパー大麦デビューしました!

最近、「しっかり食べながらやせられる」と大人気の大麦。

食物繊維が多くて、腸内環境を整えるということで、お肌や免疫力アップにもいいと、健康効果に注目が集まっています。

絶賛発売中のMyAge2018春号では、この大麦レシピがいろいろ紹介されています。

まずは、もちもち感がクセになる「もち麦」。

「ごはんに混ぜてもいいし食べやすいし、料理に活用しやすい」という、料理家の山田玲子先生にもち麦のレシピをいろいろ教わりました。

上は、もち麦と生ハム、豆のサラダです。

 

 

これは、もち麦入り酸辣湯。酢の酸味とラー油の辛味が絶妙のバランス!

もち麦を噛みしめると味わいがよけいに広がります。

 

 

 

もち麦のパエリャは、「あえてお米と混ぜないで、もち麦だけで、触感を楽しんで」と山田玲子先生。

 

 

 

そして「スーパー大麦」は普通の大麦の、2倍の食物繊維と、腸の奥で効くレジスタントスターチが約4倍含まれています。

このスーパー大麦のレシピを伺ったのは、野菜料理家の庄司いずみさん。

「ほんのりとした甘さと香ばしさが魅力です」

上のは、スーパー大麦といろいろ野菜のチョップドサラダ。

いろんな野菜を入れて食感の違いを楽しんで。

 

 

 

みんな大好きなカレーは、スーパー大麦ときのこのキーマです。

たっぷり野菜のコクから生まれる深い味わいが、スーパー大麦と一緒に噛むとより増すのです。

 

 

 

そしてこんなドリンクはいかがでしょう?

スーパー大麦入り甘酒豆乳いちごドリンク。

麹から作るノンアルコールの甘酒を使うと、砂糖なしでも甘酒の自然な甘さでヘルシーに楽しめます。

 

このレシピはすべて、40代、50代の健康と美に関する最新情報を、たっぷり盛り込んだMyAgeに掲載されています。

 

 

 

詳しい内容と試し読みはこちらから

 

最新号及びバックナンバーの内容詳細はこちらでも見られます

 

MyAgeのご購入はお近くの書店にて。

 

最新号及びバックナンバーの在庫が書店にない場合は、ネット書店でもお求めいただけます。

シェア ツイート LINEで送る

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top