OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

HAPPY PLUS

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/healthy_gohan/13658/

山田玲子さん直伝/ヨーグルトをもっと食べるレシピ②ヨーグルトのパスタ カリカリベーコン添え

こんにちは、ミーナです。

6月2日発売のMyAge 2014 Summer号の乳酸菌の特集から、乳酸菌を取り入れられる最も身近な食品、ヨーグルトのお役立ち情報をお届けしますね。

 

ヨーグルトは、さまざまな美容&健康効果を持つ乳酸菌を豊富に含む食品。
でも、乳酸菌の効果は腸内で長期間持続するわけではないので、毎日摂取することが大切だそう。

毎日、となるとちょっと難しいかも?と思うミーナです。

 

そこで、ヨーグルトが大好きという料理家の山田玲子さんに、ヨーグルトの意外な使い方を教えていただきました。

 

 

メインの味つけに、隠し味に。 

ヨーグルトを調味料感覚で活用! 

 

本場ブルガリアでは、ヨーグルトを日本の味噌のように、さまざまな料理に調味料として活用します。

独特の爽やかな酸味と牛乳由来のコクが素材の味を引き立てるので、塩分控えめでもおいしく仕上がります。

ヨーグルトのパスタ カリカリベーコン添え

カリカリベーコンの塩分と食感がまろやかソースのアクセント!

ヨーグルトのパスタ カリカリベーコン添え

■材料(4人分)

カッペリーニ200g オリーブオイル大さじ2 ベーコン2枚

ヨーグルト300㎖ 塩適量 イタリアンパセリ適量

■作り方

❶カッペリーニをゆで、流水で冷やしてからよく水気をきる。

オリーブオイルをまぶす。

❷ベーコンは細かく切ってフライパンに入れ、弱火でカリカリにする。

❸カッペリーニにヨーグルトを混ぜ、塩を加えて味を調える。

❹器に盛り、カリカリベーコンをのせ、イタリアンパセリを飾る。

 

 

VARIATION

ヨーグルトを調味料としてもっと活用

さまざまな料理に使えるシンプルソ-ス。 マヨネーズ代わりにも! 

ヨーグルトを隠し味としてオムレツやカレーに加えると旨味がアップ! オリーブオイル、塩と合わせたソースは、パスタに、サラダに、活用度大。ディルなどのハーブを刻んで加えれば、魚や肉のソースにもなります。また、水きりをして 、ペーストにする方法も。粗みじんにしたゆで卵と合わせてサンドイッチやポテトサラダに、マヨネーズ感覚で使えます。

 

 

今話題のヨーグルト新製品! ②

ヨーグルトに機能性成分を配合したものや、原料にこだわったものなど、進化した新しいタイプのヨーグルトが登場しています。

ヨーグルトの効果に加えて、さまざまな健康成分も一緒にとれるというのがうれしい。味のバリエーションも楽しめます。

 

骨と筋肉にアプローチ

サプリメント会社がつくったヨーグルト

ミネラルの吸収を高める独自成分「植物性ツイントース」と、骨と筋肉に働きかける「ビタミンD」配合。ジャージー乳を100%使用。数量限定。完全受注生産。

「サプリメント会社がつくったヨーグルト」1箱(400g×2個)

¥2,285/ファンケルヘルスサイエンス

 

 

 

「山田玲子さん直伝/ヨーグルトをもっと食べるレシピ」、1回目はこちら。

 

 

撮影/板野賢治   原文/瀬戸由美子

 

 

 

 

 

 

 

今すぐチェック!

日常の中で、資源を『もったいない』と思う意識が生んだ、化粧品ボトルの水平リサイクルって?

日常の中で、資源を『もったいない』と思う意識が生んだ、化粧品ボトルの水平リサイクルって?

supported by 花王

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル