OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

曲家の古民家はスウェーデンのゲストハウス?!~福島県・南会津町~

石井宏子

石井宏子

温泉ビューティ研究家・トラベルジャーナリスト
温泉旅で心も体もきれいになる
“ビューティツーリズム”を提唱。
トラベルジャーナリストとして取材執筆・
温泉の講演などで、年200日全国を旅する。

記事一覧を見る

曲家の古民家はスウェーデンのゲストハウス?!~福島県・南会津町~

南会津町に残る曲家(まがりや)は、L字型に曲がった茅葺屋根の古民家で、農作業などの大切な相棒だった牛や馬と一緒に暮らしながらも人々の生活空間と上手に住み分けていた、この地域独特の家の形です。前沢曲家集落が有名ですが、南会津町を旅すると、ぽつりぽつりとこの曲家スタイルの家を見かけます。

 

しかし、近づいてみると、この家はなんだか様子が違います。入口に大きな赤い木馬、そしてアーチ形の小窓と木馬のイラストが描かれていました。ここは、人気のゲストハウス&レストラン「ダーラナ」。およそ150年前の曲家を再生し、古民家の暮らしと北欧・スウェーデンの世界が融合するオーベルジュです。この木馬は「ダーラナホース」、幸せを呼ぶ馬です。

 

曲家のある南会津町の風景を見たとき、スウェーデンのダーラナ地方の風景と重なり、この地でオーベルジュを始めることになったそうです。オーナーは北欧で修業を積んだ料理人。スウェーデン大使館のレストランのシェフとしても活躍していました。「わたし、六本木のスウェーデン大使館のレストランに行きました!」「あ。それ、僕の料理です」わあ、懐かしい。そのシェフの料理がいただけるなんて、とても楽しみです。

 

部屋の扉を開けると、そこは北欧・スウェーデンでした。ダーラナ出身の画家・カール ラーション(Carl Larsson)の名前が付けられた部屋は、彼の家の壁と同じリボンのモチーフが描かれていて可愛い。それでも窓辺に近づいてみると、茅葺屋根や集落の風景が見えて、外国なのか?日本なのか?おとぎ話の中にいるような気分になります。

 

気になるお料理は、次ページに!

<前の記事

<前の記事
第87回/昼ごはんだけ入れる社員食堂~新潟県・八海醸造・魚沼の里 ~…

次の記事>

次の記事>
第89回/雪国の知恵が詰まったグルメ探訪・今成漬物店~新潟県・六日町~…

この連載の最新記事

北海道の美食カレンダーを味わう~OTTO SETTE TOMAMU

第103回/北海道の美食カレンダーを味わう~OTTO SETTE TOMAMU

安心・新鮮!旬の魚介満載!~いわき市小名浜 割烹旅館天地閣~

第102回/安心・新鮮!旬の魚介満載!~いわき市小名浜 割烹旅館天地閣~

~那須高原~美食工房 ラトリエ・ムッシュー

第101回/~那須高原~美食工房 ラトリエ・ムッシュー

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル