重要システムメンテナンスのお知らせ

下記日程にてシステムメンテナンスを実施予定です。
ご迷惑をおかけしますが、
ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

【停止期間】2019年09月02日(月)13:00 ~ 15:00

駅舎喫茶、太宰弁当、乗ってオイシイ津軽鉄道~青森県・五所川原~

津軽鉄道の旅ごはんのお楽しみは、予約制の駅弁。太宰治生誕100周年を記念した「だざい弁当」(1,100円)は、事前に津軽鉄道のHPから注文をしておいて、当日五所川原駅の売店で受け取れます。太宰治さんが大好きだった食材を中心に地元の料理屋さんの神家が手作りするお弁当です。青森産のもずく、茄子のしそ巻き、食用菊のまぜごはん、根曲がり竹の煮つけ、にしんとほたての煮つけ、数の子入りにしんきりこみ、そして、太宰さん一番の大好物だった蟹などなど、車窓の景色を楽しみながら味わいます。

ところで、津軽鉄道は本州最北端を走る民営鉄道なんです。津軽五所川原駅は、JR五所川原駅と接続しています。津軽半島を北上しておよそ40分ほどで終着駅の津軽中里駅に到着。本州最北の民鉄駅まで旅をしました。鉄道には津軽半島観光アテンダントさんが乗車していて、津軽弁で楽しく沿線を紹介してくれます。とってもありがたい駅名の「毘沙門駅」や、その駅を通ると幸せが訪れるという「ふこうだ駅」(深郷田)など、楽しい説明と個性あふれる無人駅のたたずまいに、ついついカメラを構えてしまいます。

途中の有人駅・金木駅では、運転手さんが円状のタブレットを受け取ります。これは日本の鉄道ではもう3路線しか行われていない貴重なもの。同じ線路を走る2つの列車が衝突しないように、タブレットをもっている列車のみが走るという仕組みだそうです。

おみやげは津軽鉄道オリジナルの「みそド」(みそドーナツ)。五所川原農林高等学校の味噌を使って地元のお菓子屋さん「自然菓子あるる」が2か月かけて開発した合作で、味噌がいい味を出してます。油で揚げていないタイプのしっとり系。ほうじ茶によく合います。

 

 

津軽鉄道株式会社

http://tsutetsu.com/

 

 

石井宏子

公式Website http://www.onsenbeauty.com

ブログ「地球まるごと温泉ビューティ®」http://ameblo.jp/onsenbeauty/

facebook・石井宏子 http://www.facebook.com/onsenbeauty

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第90回
駅舎喫茶、太宰弁当、乗ってオイシイ津軽鉄道~青森県・五所川原~


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top