「世界が愛した料理人」とは?

プロフィール写真

フードエディター&ライター

世界のレストランのトレンド取材から、毎日のごはんレシピの単行本編集まで、幅広く食を取材し続けて25年。

食べ歩く日々が続くので、家での食事はきわめてナチュラルでヘルシー。健康食への関心も深い。
朝日新聞のコラム「ジョシ目線」をはじめ、集英社「エクラ」などの女性誌や男性誌をメインに執筆。
手がけた単行本は「やさい歳時記」長尾智子著(集英社)、「芸術家の食卓」林綾野著(講談社)、

「出張料理人が教える本当に使えるおもてなし本」マカロン由香著(講談社)など

こんにちは。北村美香です。

「世界が愛した料理人」という映画を試写会で見ました。

「お腹が空く映画」というジャンルがあるなら、これがまさにそうでしょう。映画のリーフレットには、「スペイン史上最年少でミシュラン三ツ星を獲得した天才料理人。最高の料理に必要なもの、料理に込めるべき魂とは何かを探すために、彼は東京・銀座にある鮨屋に出かけた。他にも世界の名料理人の創作の秘密も紐解きながら、主人公であるシェフが目指す究極の料理の姿が次第に明らかになる」とあります。

 

2017年の第67回ベルリン国際映画祭で上映され、話題を集めた究極の美食ドキュメンタリーです。主人公の天才料理人とは、エネコ・アチャ・アスルメンディ。スペイン・バスク地方の三ツ星レストラン「アスルメンディ」のシェフです。

スペイン・バスク地方は、私も何度か訪れたことのある土地です。この地方の街には三ツ星レストランからふだん使いの食堂やバルまで、美味しい店がぎっしりと詰まっていて、朝から晩まで食べ歩いても飽きません。マルシェをのぞけば、ぴちぴちの魚から骨太な肉類、とれたて野菜やフルーツ、素朴な焼き菓子まで、すべて買い占めたくなるほど。

ここが「美食の地」と言われるのは、ミシュランガイドの星の数にも表れています。四国よりほんの少し広いエリアに、三ツ星が4軒あります。サンセバスチャンに3店、そしてビルバオ郊外にある、エネコシェフの「アスルメンディ」が2013年に、その仲間入りをしました。

当時、36歳だったエネコシェフは、スペイン最年少で三ツ星シェフとなったのです。バスクに伝わる食への情熱を受け継ぐ、若き料理人が世界から注目されるようになった瞬間でした。

「アスルメンディ」は、ビルバオ空港から車で20分ほど。林やぶどう畑を見下ろす丘の上にあります。ダイニングの南側はすべてガラス張り。テーブル席に座ると、なだらかな丘が続く田園風景に溶け込むよう。そこで楽しめるのは、バスクの食材をふんだんに使ったガストロノミーの世界。エネコシェフが味、テクスチャー、色彩の完成度を高めながら、ひと皿ひと皿作り上げています。

トリュフ風味の卵。卵黄の卵液を少しだけ抜き、トリュフの香りを抽出した液体を注入。口の中でベストマッチな味と香りが一気に弾ける

サルモレッティ(ひめじ)と海藻。パセリのエマルション(乳化させたソース)を、まるでお皿の模様のように敷いている

 

エネコシェフは「エネコシステム」と自ら呼んでいる『持続可能な循環システム』をレストランで実践しています。料理に使うハーブや花をレストラン内で育て、生ゴミはコンポストにして近隣の農家へ。絶滅寸前の野菜や豆類を復活させたり、地熱を利用して店内の室温を調節したり。そして、物流にもこだわりが。各々の納入業者が食材などをお店に届けるのではなく、レストラン独自の配送センターに集められ、1日1回だけトラックで運んできて、CO2の排出を削減。さらには、病院食のための簡単で美味しいレシピを紹介したレシピ本を出版し、売り上げを子どもの肥満防止協会へ寄付。これらすべてを含めて、エネコシェフの料理なのです。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第18回
「世界が愛した料理人」とは?


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top