OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/healthy_gohan/162667/

PART3「おかずの素」ストック⑦基本のトマトソースの作り方

夏梅美智子さん

夏梅美智子さん

東京都狛江市生まれ。雑誌やテレビなどを通して、簡単でおいしく、体にやさしい家庭料理を提案し続 けている。また「狛女(こまめ)」と名づけたグループで地元での食の活動にも忙しい。
近著に『もっと朝ラクおべんとう』(主婦の友社)

「おかずの素」ストック
【トマトソース】

 

仕事などで忙しくて、毎日手作りはタイヘン・・・そんな時に役立つのがストックおかず。夏梅美智子先生著作「ストックおかずの知恵」より、PART3ではお役立ち「おかずの素」ストックを使ったレシピをご紹介。

 

 

【トマトソースの作り方】

 

トマトソースストックは、トマト缶と玉ねぎ、にんにく、そしてアンチョビーを一緒に炒めて作ります。
玉ねぎが入ると、ソースにちょうどいいとろみがつき、甘みも出るので、一段とおいしい。

 

このままパスタにかけて、魚介類の蒸し物に使って、
野菜の重ね焼きのソースにもぴったり。
じゃがいもやブロッコリーなど単品野菜に少しのせて、お弁当のおかずにも。

 

 

 

●ストックの作り方●

 

保存

冷蔵庫で3〜4日、冷凍庫で2週間

耐熱性密閉容器、

または耐熱性袋を使用 冷蔵だけなら、ふたつきのガラスびんでも

 

材料(作りやすい分量)

トマト缶 2缶(約400g)

玉ねぎ 1個

にんにくのみじん切り 2片分

オリーブオイル 大さじ2

アンチョビー 10g

a ローリエ:1枚 チキンブイヨン:1 個 赤唐辛子:1本

塩:小さじ1 こし ょう:少々

しょうゆ 大さじ1

 

作り方

1 玉ねぎはみじん切りにする。

2 フライパンにオリーブオイルを入れ、にんにくと1をしんなりするまで、中火で炒める。粗いみじん切りにしたアンチョビーを加え、1〜2分炒める。

3 トマト缶とaを加え、へらでトマトを つぶしながら煮る。ときどき混ぜながら、 煮立ってから約10分煮つめる。 4 最後にしょうゆを回し入れる。

 

 

にんにくと玉ねぎのみじん切りを炒める。玉ねぎがしんなりするまで中火で

 

 

トマト缶はカットしてあるものが便利。ホールならへらで小さく分けて混ぜる

 

へらですくって流れないとろみがついたらでき上がり。しょうゆを最後に

 

 

次回は、トマトソースで野菜のうまみを引き出す「夏野菜の重ね焼き」のレシピをご紹介します。

 

 

撮影/野口健志 スタイリスト/肱岡香子

 

「ストックおかずの知恵」(集英社刊)
http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=978-4-08-333119-0&mode=1

<前の記事

<前の記事
第70回/PART3「おかずの素」ストック⑥ピリ辛肉みそを使った「マーボー豆腐」…

次の記事>

次の記事>
第72回/PART3「おかずの素」ストック⑧トマトソースを使った「夏野菜の重ね焼き」…

この連載の最新記事

おかずの素ストックを使った「クロックムッシュ」と「ティータイムサンドイッチ」/PART3「おかずの素」ストック⑰

第81回/おかずの素ストックを使った「クロックムッシュ」と「ティータイムサンドイッチ」/PART3「おかずの素」ストック⑰

おかずの素ストックを使った「そぼろキムチどん」と「ジャージャーめん」/PART3「おかずの素」ストック⑯

第80回/おかずの素ストックを使った「そぼろキムチどん」と「ジャージャーめん」/PART3「おかずの素」ストック⑯

ツナ卵マヨネーズを使った「厚揚げと菜の花の炒め物」/PART3「おかずの素」ストック⑮

第79回/ツナ卵マヨネーズを使った「厚揚げと菜の花の炒め物」/PART3「おかずの素」ストック⑮

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル