OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/healthy_gohan/16788/

発酵パワー1週間:火曜朝食 ヨーグルトのクイックブレッドなど

ミーナです。毎日暑いですね。

ムックMyAgeの前身、Aging BIBLE  Vol.3  では、健康にいい発酵食品を様々な角度から大特集しています。発酵食品を使った1週間集中メニューをマスターして、暑さを乗り切るパワーをもらいましょう。

 

 

いろいろな食品から、毎日少しずつ摂取

発酵食品で活力美人に! 1週間集中メニュー

 

 

発酵食品の健康&美容効果を取り入れるポイントは「多種類の素材から、少しずつ、継続的に」。

 

発酵食品をどこかに使った1週間集中メニューで取り入れ方のコツをつかんだら、さまざまなアレンジで展開して、毎日の習慣にしていきましょう!

 

月曜日から金曜日まで各曜日ごとに分けて、朝食・昼食・夕食のメニューをご提案。

また、週末のおもてなしメニューもご紹介します。

 

 

今回は、クイック料理で発酵食品を取り入れた火曜日の朝食メニューです。

 

 

 

冷蔵庫に残りがちな発酵食も
クイック料理で大活躍

 

大きめのパックで購入したヨーグルトや漬け物、調味料などは使いきれずに残ってしまいがち。

 

でも、こうしたものも上手に使いこなせば、手軽に発酵パワーを取り入れられる、クイック料理の強い味方になります。

 

 

 

Tuesday Breakfast

ヨーグルト入りクイックブレッド

【朝食】 1人分495kcal 塩分1.1g

 

ヨーグルト入りクイックブレッド(1人分約90g)

ナッツやドライフルーツで栄養価アップ。サラダを添えればバランスも◎です。

■材料(作りやすい分量)

A(薄力粉120g 全粒粉30g 塩1g 甜菜糖10gベーキングパウダー小さじ1)

B(卵½個 オリーブオイル大さじ1 無糖ヨーグルト125g)

ドライフルーツ(ラム酒をからめておく)50g

くるみ(粗く刻んでおく)25g

 

■作り方

❶ボウルにAを入れて混ぜる。

❷①の中央にくぼみを作り、よく合わせたBを入れ、ゴムべらでグルグルと混ぜる。

❸ゴムべらに生地がまとわりつくような感じになったらドライフルーツ、くるみを入れ、さらに混ぜる。

❹天板にオーブンペーパーを敷き、③を直径15㎝くらいの円形にこんもりと置く。

❺全粒粉(分量外)をたっぷりふって形を整える。

❻180℃に予熱したオーブンで、25~30分焼く。

 

 

カフェオレ風甘酒

朝食の定番カフェオレも、砂糖を使わず甘酒の甘さを加えます。

■材料(2人分)

甘酒100㎖ 水200㎖ インスタントコーヒー小さじ1

 

■作り方

甘酒、水を鍋で温め、インスタントコーヒーを入れて溶かす。

 

 

グリーンサラダ with ハーブドレッシング(2人分)

好みの野菜(レタス、ベビーリーフなど100g)と生ハム( 4枚)を盛りつけ、ハーブドレッシング(ストック素材前編参照)大さじ2をかける。

 

 

 

次回は、発酵食品を上手に取り入れた、サッとできる火曜日のパスタランチをご紹介します。

 

 

撮影/板野賢治 料理・スタイリング/沼津りえ 構成・原文/瀬戸由美子

 

Aging BIBLE  Vol.3 の購入はこちらから。

今すぐチェック!

印象評論家・美有姫(重田みゆき)さんが力説!「“髪の状態”は、その人の印象に直結しています」

印象評論家・美有姫(重田みゆき)さんが力説!「“髪の状態”は、その人の印象に直結しています」

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第5回/発酵パワー1週間:月曜夕食 酒粕入り参鶏湯をメインに…

次の記事>

次の記事>
第7回/発酵パワー1週間:火曜昼食 古漬け高菜のパスタ…

この連載の最新記事

おいしい発酵食【チーズを味わう】⑧ペコリーノ

第26回/おいしい発酵食【チーズを味わう】⑧ペコリーノ

おいしい発酵食【チーズを味わう】⑦ミモレット

第25回/おいしい発酵食【チーズを味わう】⑦ミモレット

おいしい発酵食【チーズを味わう】⑥ブリーチーズ

第24回/おいしい発酵食【チーズを味わう】⑥ブリーチーズ

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル