「サバ缶」+梅干しでデトックス効果満点メニュー

プロフィール写真

舘野 真知子

料理研究家。管理栄養士として病院に勤務後、アイルランドの料理学校に留学。帰国後、レストラン「六本木農園」初代グランシェフを務め、その後フリーに。『認知症予防! 脳がよみがえる「水煮缶」レシピ』(PHP研究所)ほか著書多数

近年、ブームが続いているサバ缶。

脳や体を元気にする成分が豊富なうえに、下処理不要で手軽といいことずくめ。

活用ワザを使ってぜひ毎日食べたいですね。

製品により塩分がかなり違うので、味をみて、加える調味料を調整して。

 

サバ缶 梅干し

梅のクエン酸で
デトックス効果をプラス

+梅干し

クエン酸には老廃物や疲労物質の排出を促す効果や、酸化を抑える働きが。サバのタンパク質、DHA&EPAとともに元気な体をつくります。

 

材料と作り方

汁気をきったサバ缶(100g)と、種を除いてたたいた梅干し(大1個)を加えて混ぜる。仕上げにせん切りにした大葉(2枚分)をのせる。

 

 

 

次回は「サバ缶」に身近な食材を合わせてすぐ作れる4品をご紹介します。お楽しみに。

 

 

 

撮影/三木麻奈 料理/舘野真知子 スタイリスト/サイトウレナ 構成・原文/瀬戸由美子

 

MyAge2019春号 購入アイコン

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top