OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

脱!定番。トマトがもっと美味しくなる絶妙サラダレシピ

杉本佳子

杉本佳子

杉本佳子
ファッションジャーナリスト兼美容食研究家
1988年よりニューヨーク在住。1989年よりファッションジャーナリストとしてファッション、ファッションビジネス、小売りビジネスについて執筆。2013年より美容食研究家としても活動し始め、ブログ「YOSHIKOlicious Beauty」とインスタグラムを通じて、美肌効果の高い食材をなるべく使い、美味しくて見た目がお洒落な料理を紹介している。見た目がきれいだと気分が上がり、食べて美味しいので嬉しくなり、美容と健康にいいのでさらにハッピーになる「3回ハッピーになる料理」がモットー。ファーマーズマーケットなどで買う生命力のあるオーガニックの食材をなるべく使う。食材の意外な組み合わせでも定評がある。

記事一覧を見る

夏です! トマトの季節です!

 

栄養価も高くて美味しくて。夏のトマトはいいことづくめ。

どの家庭でも愛される食材ですから、当然各家庭にも定番のレシピがあるはずです。

 

そんな仲良し野菜、トマトを、もっと美味しく、飽きずに食べられたら。というときにヒントになるのが、杉本佳子さんのトマト使い。ニューヨークでファッションジャーナリストとして活躍しながら、個人で開くお料理レッスンも人気という、食の達人です。

 

そこに共通する新鮮さの鍵は、「食感」そして夏に嬉しい「酸味」です。

さらに、うまみ、瑞々しさ、そしてバラエティに富むカラーなども意識した、トマトならではの魅力を生かした、サラダレシピを提案してもらいました。さて、どんなレシピでしょう?

 

宝石箱のような初夏のトマトたち

トマトはスーパーマーケットで1年中買うことができますが、微妙な色合いが美しいトマトが豊富に揃うのは、初夏から秋口まで。今、ニューヨークのファーマーズマーケットにあるトマトはこんなにゴージャス! 見ているだけで幸せな気持ちになります。

 

普通サイズのトマトにも、色、形ともにバリエーションがいっぱい。ちょっとくらいの傷だって、なんのその、なのです

 

ファーマーズマーケットではプチトマトも、この中から欲しい色のを1つ1つ選んで量り売りしてもらいます。ミニトマトの方が実は普通のトマトより栄養価が高いことをご存知ですか? ビタミンやミネラルの割合が高いのです。小さくても優秀、しかも可愛らしいので、ミニトマトも料理に上手に活用したいですね。

枝付きのまま売られることも多いミニトマト。色や熟し加減もよく見て、用途によって選びます

 

トマトは、ビタミンCと美白効果のあるリコピンが豊富。新鮮な旬のトマトは是非生で、本来のうまみを味わいたいものです。生のトマトの美味しさをビビッドに体験できる、美味しくて美しくて簡単な組み合わせのサラダをご紹介しますね。

 

酸味と食感のグラデーションを楽しむ!

 

こちらは青リンゴとトマトのサラダです。色的には青っぽいリンゴが見栄えすると思いますが、手に入らなければ黄色や赤のリンゴでもいいでしょう。スライスして使うので、シャキシャキした質感で瑞々しく、さわやかな甘みと酸味のあるリンゴがお勧めです。

 

リンゴは種とヘタをとって、スライスします。皮付きのまま使いますので、オーガニックのものが望ましいですね。変色を避けるため、塩水にしばらくつけてください。ミニトマトはスライスし、塩胡椒とオリーブオイル、バルサミコビネガー少量ずつと共によく混ぜます。ミニトマトが手に入らなければ、普通のトマトを小さく切っていただくことでも大丈夫。いずれも皮が気になる方は、切る前に取り除いてくださいね。リンゴのスライスを並べ、真ん中にミニトマトを置き、最後に細かく砕いたピスタッチオをかけました。さっぱりしていて爽やかで、食欲のない暑い日でも食が進むサラダです。

 

シャキシャキしたリンゴとぷちぷちしてジューシーなトマト。同じ酸味でも違う食感と味わいが重なり合う楽しさ!

 

次は私のイチオシ、トマトとアボカドとグレープフルーツ。この3つを一緒に食べたこと、おありでしょうか?

 

トマトの甘みとほのかな酸味、グレープフルーツの酸味とほろほろ崩れやすい質感、アボカドのねっとりした食感の組み合わせがなんとも絶妙にマッチ! 是非一度試していただきたいコンビネーションなんです。

同じような大きさに切って、塩とオリーブオイルを混ぜるだけ。簡単で夏らしく、見た目もきれいなサラダです。

 

トマトとグレープフルーツの酸味グラデーションとアボカドのコクが舌の上で絶妙に混ざり合う美味しさ。食べ慣れたそれぞれが新しく感じます

 

ほろ苦さが美味しい、変わりカプレーゼ

1つのミニトマトの中で、こんな美しいグラデーションになっているものも見つけたことがあります。あまりにきれいだったので、このようなオードブル・サラダにして存在感を出してみました。

 

赤と黄色が混じり合って、なんとも鮮やかなミニトマト。ケーキのように美しく仕立てました

 

フルーツのように愛らしいミニトマトの下にあるのは、茄子とビーツとモッツレラチーズ。プチッとしたトマト、しっとりとした茄子とモッツァレラ・チーズ、ほろりとした苦味が美味しいビーツは味のアクセント。酸味の競演はバルサミコ酢で。コンパクトな中に複雑な味の混じり合いが楽しめます。

 

トマトは普通のプチトマトでも、もちろん美しく仕上がります。セルクルを使って丸く段重ねにしていますが、普段の食卓なら同じ組み合わせでセルクルなしでカジュアルに重ねても大丈夫。異なる味と食感の重なり合いが、ここでもポイントです。

 

茄子は6~7ミリ幅くらいに輪切りでスライスします。塩を振って少しおいておくと、汗をかいたような水滴がでてきますので、それをペーパータオルでふき取って塩胡椒し、オリーブオイルをまぶします。ビーツは4~5ミリ幅くらいにスライスして、塩胡椒とオリーブオイルをまぶします。私はオリーブオイルを適量かけて、手で全体にコーティングされるようにまぶしますが、手を汚したくないという方はスプレーを使われてもいいでしょう。

 

茄子とビーツをクッキングシートの上に並べ、170度くらいのオーブントースターで15~20分くらい、柔らかくなるまでローストします。お皿の真ん中にセルクルをおき、茄子を1枚(あるいは何枚かあわせてセルクルの中で隙間がないように1段)敷いて、その上にビーツ、スライスしたモッツレラチーズを重ねて、上に茄子をもう1枚(1段)。上にプチトマトを並べて、セルクルをそっとはずします。パセリやセロリの葉っぱがあったら、このようにのせてもきれい! オリーブオイルにバルサミコビネガー、塩、胡椒、そして刻んだフレッシュバジルを混ぜたドレッシングを周囲に回しかけてできあがり。夏のおもてなしにピッタリですね!

 

ビーツは市販の水煮の水分をよく切って使ってもいいですし、手に入らなかったら、割愛していただいてもいいと思います。ビーツがないと、普通のカプレーゼの味わいに近づきますが、とろりとした茄子の食感が加わるだけでも、新鮮な美味しさが味わえます!

<前の記事

<前の記事
第13回/初夏はニョキニョキ伸び盛り。アスパラガスの生きたパワーをいただく、驚きの食べかた!…

次の記事>

次の記事>
第15回/火を使わず、最高に爽やかで洒落たワインのお伴を、人気のイチジクで!…

この連載の最新記事

ローストすると甘くなる! パプリカの美味しいローストレシピ

第16回/ローストすると甘くなる! パプリカの美味しいローストレシピ

火を使わず、最高に爽やかで洒落たワインのお伴を、人気のイチジクで!

第15回/火を使わず、最高に爽やかで洒落たワインのお伴を、人気のイチジクで!

脱!定番。トマトがもっと美味しくなる絶妙サラダレシピ

第14回/脱!定番。トマトがもっと美味しくなる絶妙サラダレシピ

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル