OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

安心・新鮮!旬の魚介満載!~いわき市小名浜 割烹旅館天地閣~

石井宏子

石井宏子

温泉ビューティ研究家・トラベルジャーナリスト
温泉旅で心も体もきれいになる
“ビューティツーリズム”を提唱。
トラベルジャーナリストとして取材執筆・
温泉の講演などで、年200日全国を旅する。

記事一覧を見る

著名人もこっそり訪れるという割烹旅館 天地閣。いつかこの宿の料理を味わいたいと思っていました。この宿があるのは福島県いわき市。小名浜漁港を見渡す高台のてっぺん、細くて急な坂道を登りお宿につくと、天地閣の名にふさわしい眺望が開けます。

すっきりした館内には、温泉ではありませんが男女別のお風呂もあって、旅の疲れを癒してのんびりできます。部屋からは小名浜漁港に行き交う船の様子や、遠くには沿岸の工場風景がひろがり、山並みに沈む夕陽の時間も楽しみです。

港にはたくさんの漁船が停まっています。刻々と変わる空の色。山並みに雲海がかかり、工場の煙がたなびいています。港の夕暮れって、こんなにドラマティックなんですね。

いよいよ夕食の始まりです。旬のじゅんさいとオクラ、その上にはとろとろのウニ。小さな蛸壺から顔を出した「蛸の柔らか煮」のふっくら美味しいこと!大変珍しい「中部筋子」を初めていただきました。これは小名浜の初夏の珍味、この時期だけの中部流し網という漁法で獲るマスの卵で小粒でプチプチとした食感が美味。「うちの畑で作ったキュウリもおまけだよ。」と、これもまた絶品。

ご主人のおめがねにかなった日本各地の魚のお造り。宮城県産の活鮑は横にフレッシュな肝も添えられています。稲取産の金目鯛、静岡産の真鯛、北海道産の真つぶ貝。

そして、もうひとつのお造りは鰹二種。実はいわきは鰹の名産地で、かつては小名浜漁港に美味しい鰹が水揚げされていました。今日は、千葉勝浦産の鰹ですが、その食べ方は、まさに鰹の名産地ならでは。フレッシュなお刺身は行者大蒜の醤油漬けをちょこっとのせてぱくり。そして、たたきは絶妙に燻していてその美味しさに悶絶。スモーキーな味わいがふわっと鼻に抜けて鰹の旨味が広がります。

 

<前の記事

<前の記事
第101回/~那須高原~美食工房 ラトリエ・ムッシュー…

次の記事>

次の記事>
第103回/北海道の美食カレンダーを味わう~OTTO SETTE TOMAMU…

この連載の最新記事

北海道の美食カレンダーを味わう~OTTO SETTE TOMAMU

第103回/北海道の美食カレンダーを味わう~OTTO SETTE TOMAMU

安心・新鮮!旬の魚介満載!~いわき市小名浜 割烹旅館天地閣~

第102回/安心・新鮮!旬の魚介満載!~いわき市小名浜 割烹旅館天地閣~

~那須高原~美食工房 ラトリエ・ムッシュー

第101回/~那須高原~美食工房 ラトリエ・ムッシュー

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル