村岡奈弥さんのおしゃれなスーパーフードレシピ③きくらげスープ


こんにちは、ミーナです。4人の料理家に聞く「スーパーフード」のレシピ、最終回はいかにも薬膳っぽい、きくらげを使ったスープです。白きくらげは、デザートにもなるそうですよ。

 

 

4人の料理家に聞きました!

スーパーフードをおしゃれに食事に取り入れるには?

 

「美容と健康にいい!」と人気のスーパーフードですが、馴染みが薄く、使い方がちょっと難しい食材も…。

 

 

そこで、自身も積極的にこうしたスーパーフードを日々取り入れているという、OurAge世代の料理家4人に、その上手な取り入れ方を伺ってみました。毎日無理なく、効果的に取り入れるレシピをぜひ参考にしてください。

 

 

「スーパーフード」と「薬膳」。言葉は違っても「体を元気にする食」という点は共通。

 

今回は、薬膳料理研究家の村岡奈弥さんの、黒と白の2種のきくらげを使ったスープのレシピをご紹介します。

 

 

 

薬膳にはスーパーフードと呼べる
強力なパワーを持つ食材がいっぱい

2158_Web用

 

村岡奈弥さん Naya Muraoka

profile

1963年生まれ。料理研究家。中医薬膳師、国際中医師の資格を持つ。日本中医食養学会理事、 国立北京中医薬大学日本校講師。著書に、『アンデスからのスーパーフード おいしい! キヌアレシピ』(成美堂出版)

 

 

 

 

2色のきくらげスープ

2119_Web用

 

黒と白のきくらげのWパワーを
ひとつにしたスープ

 

■材料(4人分)

 

鶏骨付きもも肉(塩をふり、10分置いておく)800g

白きくらげの水煮(*)(煮汁ごと)1½カップ

黒きくらげ(たっぷりの水でもどし、石づきを取って細切り)5g

赤と黄のパプリカ(細切り)各1個

ごま油小さじ2

しょうが(薄切り)3~4枚

天然塩適量 黒酢
適量 にら(細かい斜め切り)3本

 

 

■作り方

 

❶鶏肉は湯通しし、冷水で洗います。

❷鍋に、①と水1ℓを入れて火にかけ、沸騰してきたら火を弱め、鶏肉が柔らかくなるまで煮て、アクを取ります。

❸中華鍋を熱してごま油をひき、しょうがを炒め、香りがでてきたらパプリカ、黒きくらげを加えます。②のスープ、白きくらげの水煮を加え、塩、黒酢で味を調えます。

❹仕上げににらを散らし、針しょうが(分量外)をのせます。

 

*白きくらげの水煮

❶白きくらげ5gはたっぷりの水でもどし、石づきを取ります。

❷白きくらげと水800㎖を鍋に入れ、ふたをして火にかけます。沸騰してきたら火を弱め、約1時間、きくらげが透明になるまで煮ます。煮ている間に水が足りなくなったら、様子を見て適宜加えます。

❸火を止めたあと、ふたを開けずにそのまま置いておくとさらに火が通ります。

 

※白きくらげは、多めに煮ておくと、スープに使ったり、甘味を加えてデザートに、ヨーグルトに入れるなど、いろいろな料理に利用できて便利です。

 

 

 

次回からは、スーパーフードを使った、ちょっと甘めのNYテイストの朝食を4品ご紹介していきます。

 

 

 

撮影/板野賢治 構成・原文/瀬戸由美子

シェア ツイート LINEで送る
第17回
村岡奈弥さんのおしゃれなスーパーフードレシピ③きくらげスープ

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top