OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

https://ourage.jp/column/healthy_gohan/28092/

プロが伝授! 賢い主食選びの秘訣:ウー・ウェンさんの黒米入りご飯レシピ

食いしん坊ミーナもぜひ実践したい、「賢い主食」の秘訣。料理研究家 ウー・ウェンさんに教えていただく2品目は、鉄分などミネラルたっぷりの黒米入りご飯と卵の炒めもの。一昔前は1日1個までがベター、とコレステロールが心配視されていた卵も、良質なタンパク質の元としてしっかり食べるよう、昨今見直されていますよ。

 

 

「しっかり食べても太らず、パワフル! 」の秘訣を料理家に聞きました

 賢い【主食】の選び方&とり方

 

 

近年、ご飯やパンといった穀物系メニューは、肥満が気になる女性からちょっと嫌われがちですが、本来穀物は、人間の活動のエネルギー源となる大切な主食。

食のプロは賢く主食を食べ、美と活力をキープしているようです。

 

ここでは、食のプロ3名の【主食】に対する考え方とおすすめレシピをご紹介します。

 

 

今回は、抗酸化作用を促す効果も期待できる黒米を使った、料理研究家 ウー・ウェンさんのご飯レシピをご紹介します。

 

 

 

 

朝は穀物で胃腸を動かし、エネルギーを素早くチャージ

 

 

食物繊維&ミネラル豊富なご飯。
卵を合わせた栄養抜群の朝食

 

黒米には、抗酸化作用を促す働きがあるほか、鉄分などのミネラルも豊富です。
キッチンに常備している卵とねぎで手早くおかずを一品。良質なタンパク質が摂取できます。

 

 

 

黒米入りご飯&卵とねぎの炒め物

Aging BIBLE 5_p135-002_Web用

 

【黒米入りご飯】

■材料

白米1合   黒米大さじ½   水1カップと大さじ½

いった松の実大さじ1

 

■作り方

❶白米と黒米を合わせてとぎ、水気をきります。

❷炊飯器に①と水を入れ、普通に炊きます。

❸いった松の実を散らします。

 

 

 

【卵とねぎの炒め物】

■材料(2人分)

卵3個   長ねぎ1本  塩ふたつまみ こしょう少々

油大さじ1

 

 

■作り方

❶ボウルに卵を割り入れてよくほぐし、塩、こしょうで味つけをします。

❷長ねぎを斜め薄切りにします。

❸フライパンに油を入れて熱し、②を炒めたら、①を流し入れて中火でじっくり固まるように炒めます。

 

 

 

 

ウー・ウェンさん Wu Wen

Aging BIBLE 5_p134-001_Web用

profile

1963年生まれ。料理研究家。北京に伝わる家庭料理を日本の素材で手軽にできるレシピで紹介。シンプルかつ体に優しい料理として人気を呼んでいる。近著に『ウー・ウェンの太白&太香ごま油でもっとおいしく』(高橋書店)

 

 

撮影/板野賢治 取材・原文/瀬戸由美子

 

今すぐチェック!

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

PR
<前の記事

<前の記事
第1回/プロが伝授! 賢い主食選びの秘訣:ウー・ウェンさんのお粥レシピ…

次の記事>

次の記事>
第3回/プロが伝授! 賢い主食選び:ウー・ウェンさんの秘訣…

この連載の最新記事

プロが伝授! 賢い主食選びの秘訣:門倉多仁亜さんのパンに合うカナッペレシピ

第11回/プロが伝授! 賢い主食選びの秘訣:門倉多仁亜さんのパンに合うカナッペレシピ

プロが伝授! 賢い主食選びの秘訣:門倉多仁亜さんのパンに合うスープレシピ

第10回/プロが伝授! 賢い主食選びの秘訣:門倉多仁亜さんのパンに合うスープレシピ

ライ麦パンレシピ公開!作り方をプロが伝授!: 門倉多仁亜さん

第9回/ライ麦パンレシピ公開!作り方をプロが伝授!: 門倉多仁亜さん

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル