OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

https://ourage.jp/column/healthy_gohan/28148/

プロが伝授! 賢い主食選び:カノウユミコさんの秘訣

ミーナ

ミーナ

MyAge/OurAge編集

「チーム健活」 メンバー

南の島のビーチで読書、が至福のとき。

よく遊び、よく寝る、のが病気知らずのモト。

ストイックにならずに健康でいる方法を模索中。

身近なウォーキングからスタート?

記事一覧を見る

「主食」の大事さを改めて学んでいるミーナです。ベジタリアン料理、精進料理研究家のカノウユミコさんが提唱されている「植物を丸ごと食べて、自然のエネルギーを余さず摂取」ということ、確かに説得力ありますよね。元々味や食感が好みの玄米を、もっと食べてみようと思います。

 

 

「しっかり食べても太らず、パワフル! 」の秘訣を料理家に聞きました

賢い【主食】の選び方&とり方

 

 

近年、ご飯やパンといった穀物系メニューは、肥満が気になる女性からちょっと嫌われがちですが、本来穀物は、人間の活動のエネルギー源となる大切な主食。

食のプロは賢く主食を食べ、美と活力をキープしているようです。

 

ここでは、食のプロ3名の【主食】に対する考え方とおすすめレシピをご紹介します。

 

 

今回は、ベジタリアン料理、精進料理研究家のカノウユミコさんの、体をいたわる食事法をご紹介します。

 

 

 

 

穀物も野菜も丸ごと食べて
自然のエネルギーを余さず摂取!

 

高校生の頃から自然食に興味をもち、野菜や穀物を研究してきたカノウさん。
素材を生かして調理し、自然のリズムで食べる…。そのこだわりが、そのまま体をいたわる食事法になっています。

 

 

 

カノウユミコさん Yumiko Kano

Aging BIBLE 5_p136-001_Web用

profile

1963年生まれ。ベジタリアン料理、精進料理研究家。主宰する野菜料理教室は、全国から生徒が集まる。著書多数。NHKラジオ第一放送「すっぴん!」の毎週水曜日フードコート「やさい満載!再発見!」に出演中

 

 

 

 

微量栄養素たっぷりの玄米。
嚙みごたえがあるので食べすぎ防止の効果もあり

 

 

普段の食事は野菜や穀物など、植物性のものがほとんどというカノウさん。なかでも玄米のご飯は食事の6〜7割を占めているといいます。
「玄米は稲が育つための栄養がすべて詰まったエネルギーのかたまり。ひとつの完全体です。だから、主食が玄米だと、おかずがあまりいらないんです。季節の野菜や海藻、豆のおかずを少しずつ足せば十分!」

 

確かに白米は、精白によってビタミン、ミネラル、食物繊維の多くが失われるのに対して、玄米にはこれらが豊富。さらに、食後の血糖値上昇も緩やかで、肥満や糖尿病予防の効果があるといわれています。

 

しかし、カノウさんは食べ物を、こうした成分とその働きでとらえているわけではありません。大切にしているのは、植物を丸ごと食べることと、いろいろなものを食べること。それによって、おのずと人間の体に必要な成分をとることができるといいます。

 

「それは、食物にはまだまだ解明されていない成分がたくさんあるから。そういうものが微量ずつ入り混じって、体に働くのが自然の恵み、食の力だと思います」

 

 

玄米には少し抵抗があるという人には、消化しやすくて食べやすい、三分づきの米がおすすめとのこと。玄米とともに食べる季節の野菜。これも皮をむかずに調理し、丸ごとそのパワーを体に取り込んでいます。

 

 

カノウさんの基本の食事。三分づきの米と味噌汁を中心に、漬け物や梅干し、緑の野菜、根菜、大豆食品、海藻類を少しずつとることを意識。また味噌や漬け物は、昔ながらの製法できちんと発酵させたものを使います

カノウさんの基本の食事。三分づきの米と味噌汁を中心に、漬け物や梅干し、緑の野菜、根菜、大豆食品、海藻類を少しずつとることを意識。また味噌や漬け物は、昔ながらの製法できちんと発酵させたものを使います

 

 

自然との調和を大切に、
自分にぴったりフィットするオーダーメイドの食事を

 

 

カノウさんの一日は、朝、ストレッチをしながら、自分の体調をチェックすることから始まります。チェックポイントは空腹感と便通。このふたつは消化・吸収・排泄の機能がうまく働いているかどうかのバロメーターだとか。

 

「朝、便通がなく、空腹も感じないときは、朝食はとらず、白湯や梅醤番茶で胃腸を休ませます。体の声をよく聞いて食べるものを決めます」

 

カノウさんが日々食べているのは植物性のものが9割以上といいますが、それはあくまでもこうした食事が自分に合うと感じるから。
「人それぞれ、体は違います。自分のサイズにぴったり合うオーダーメイドの服がいちばん心地よいのと同じ。自分なりの食事法を見つけてください」

 

また、食べものを口にするのはできるだけ太陽の出ている時間帯に。夕飯は5時頃までにすませ、それ以降に食べる場合は極力軽めにしているそう。

 

そんな自然との調和を大切にするカノウさん。最近はセミナーに通い、100%オーガニックで種から野菜を育てるという農法を学んでいます。
「畑仕事は体を動かすという意味でもすごくいいですね。土に触れるのは精神安定にもよく、ホルモンの分泌促進にも効果があるそう。そのうえ、おいしいとりたての野菜が食べられる。私にとってはまさに最高の健康法です」

 

 

 

 

 

次回は、手をかけずにしっかり野菜がとれるメニューをカノウユミコさんに教えていただきます。

 

 

 

撮影/板野賢治 取材・原文/瀬戸由美子

 

今すぐチェック!

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

PR
<前の記事

<前の記事
第3回/プロが伝授! 賢い主食選び:ウー・ウェンさんの秘訣…

次の記事>

次の記事>
第5回/プロが伝授! 賢い主食選びの秘訣:カノウユミコさんの焼き野菜レシピ…

この連載の最新記事

プロが伝授! 賢い主食選びの秘訣:門倉多仁亜さんのパンに合うカナッペレシピ

第11回/プロが伝授! 賢い主食選びの秘訣:門倉多仁亜さんのパンに合うカナッペレシピ

プロが伝授! 賢い主食選びの秘訣:門倉多仁亜さんのパンに合うスープレシピ

第10回/プロが伝授! 賢い主食選びの秘訣:門倉多仁亜さんのパンに合うスープレシピ

ライ麦パンレシピ公開!作り方をプロが伝授!: 門倉多仁亜さん

第9回/ライ麦パンレシピ公開!作り方をプロが伝授!: 門倉多仁亜さん

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル