OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/healthy_gohan/36360/

東京ベジレス事情番外編、ベジタリアンの夜のお出かけ編

東京ベジレス事情番外編、ベジタリアンの夜のお出かけ編

 

こんにちは! 野菜料理家の庄司いずみです。
この連載では何度か、ベジタリアンメニューのあるカフェの紹介をしてきましたが……。今回はその番外編。夜のお出かけにおすすめのお店をいくつかご紹介しますね。

 

私のように野菜中心の食事をしている方にとって、夜のおつきあいは少し難問。
ランチなら行ったお店に野菜のメニューが何もなかったとしても、いざとなればサラダで軽くすませることもできますが、会食の席やお酒の席で何も食べないというも、おつきあい上困りもの。
かといって、いろいろな方がいらっしゃる中、「野菜料理の店でお願いします!」というのも言いにくい。
というわけで、今回は、野菜が好きな方も、それ以外の料理を楽しみたい方も両方が楽しめるお店をピックアップしてご紹介したいと思います。

 

 

キチンと食事を……というときに、「何がいいですか」と聞かれると私がよく選ぶのがイタリアンのお店です。イタリアンならサラダは必ずあるし、カポナータや野菜のグリルなど、野菜料理もいろいろ。にんにくなどが大丈夫なら、パスタもペペロンチーノやポモドーロなら問題なし。ピザがあるお店なら、チーズ抜きのマルガリータなどもお願いできます。特にベジタリアンメニューを用意していないお店でもたいてい何とかなるから、イタリアンは助かります。

 

 
前もってお願いをすれば、特別にベジタリアンメニューを用意してくださるお店もあります。
たとえば私が大好きでしょっちゅうお邪魔しているのがhatake 青山
もともとが野菜にこだわりがあり、野菜料理がふんだんにあるのですが、事前に予約すればご一緒する方の皿数にあわせるなど、細やかな気配りで野菜のスペシャルコースを用意してくださるのです。

また、何度かお邪魔した目黒のラッセというイタリアンレストランのベジタリアン対応も素敵でした。ご一緒した通常メニューのみなさんに羨ましがられるほどの美しいベジタリアンコースに大感激。また訪れたいお店のひとつです。

 

 

 

 

庄司クロストーキョー

イタリアンとフレンチのいいところをミックスした料理とお洒落な空間で人気のクロストーキョー。こちらも前もって予約をすれば彩り美しいベジタリアンのスペシャルコースを用意してくれます。
写真は、ベジタリアン用の前菜盛り合わせ。こんなに丁寧に色々な野菜の前菜が盛りつけられ、それぞれの味付けも全部違い、繊細な味わいでとてもおいしい。記念日のディナーや大人数でのパーティなどにもとてもおすすめです。

 

 

 

もっとカジュアルに。飲み会感覚でワイワイ楽しみたいときに、私がよく訪れるのが、新宿にあるあえん。肉や魚の料理もおいしいとのことですが、野菜料理がふんだんでとてもおいしいですし、居酒屋風ではありますが落ち着いているので、大人の集まりにも使えます。
それから恵比寿の炭 bio 。オーガニックダイニングというコンセプトで肉などもありますが、野菜料理もおいしいですし、大豆ミートを使ったボリューム満点のベジタリアンメニューもあるので、ベジタリアンではない友達をビックリさせる楽しみも。

 

 

 

 

庄司ぼじ

ベジカフェ事情でも紹介したお店ですが、赤坂のbojiも昼はカフェですが、夜はワインとともに野菜料理や大豆ミートを使ったベジタリアン料理も楽しめます。写真は大豆ミートのチリビーンズ風ですが、ピリ辛でパンチ十分。お酒によく合う味でした。

 

 

 

庄司やさいいえ

こちらは、表参道ヒルズや麻布十番などに数店舗あるやさい家めいさんの前菜盛り合わせ。
契約農家さんの野菜を使った野菜中心のメニュー構成。選べば通常メニューからでも野菜がたっぷりのものがたくさんありますが、麻布十番店さんでは、前もってお願いすればダシも動物性を避けて用意してもらえるという徹底ぶり。ただし、店舗によってはダシまでの対応は難しい場合もあるようなので、事前にご確認くださいね。

 

 

 

 

庄司バルバドス

そしてお酒を飲みながらベジ料理を楽しみたいとき、私的には最近の大ヒットはこちらのお店。渋谷の裏路地にあるロス・バルバドスというアフリカンバー。

 

カウンターだけの小さなバーではあるのですが、食べものがとても豊富でセネガル風の料理やチュニジア料理など、異国情緒あふれるメニュー構成にワクワクします。しかも、ベジタリアン対応の料理もとても豊富で、ヴェジタリアン・マッツア(アラブ風野菜総菜盛り合わせ)にはひよこ豆のコロッケやクスクスが盛りつけられているし、単品メニューでも野菜のマフェ(セネガル風のシチュー)や豆腐クリームのラザニアなど、素敵メニューが盛りだくさん。
最初からベジタリアンメニューを載せていたわけではなく、渋谷という場所柄「外人のお客さんやモデルの方、ヨガをやってる方など、ベジタリアンのお客さんが案外多くて」という理由でベジタリアン料理を取り入れ始めた、という肩肘張らない雰囲気もとてもいいのです。

 

 

今回ご紹介したお店はいずれも私の大のお気に入り。どこで飲もうか迷ったら、ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

庄司いずみ

公式アメブロ http://ameblo.jp/izumimirun/

Facebook  http://facebook.com/izumimirun

今すぐチェック!

【アンケートにご協力ください!】40~50代への推しオイル「アマニ油」を毎日摂るには?

【アンケートにご協力ください!】40~50代への推しオイル「アマニ油」を毎日摂るには?

PR
<前の記事

<前の記事
第24回/しょうがをとって冷え知らず&やせ体質をつくりましょう…

次の記事>

次の記事>
第26回/続!塩抜きダイエット:実践編、塩抜きでもおいしい料理を作るには…

この連載の最新記事

パーティーや年末年始に! 野菜のおすしはいかがでしょうか

第52回/パーティーや年末年始に! 野菜のおすしはいかがでしょうか

ベジタリアンのチーズやバター、生クリームたっぷりのお菓子などの話

第51回/ベジタリアンのチーズやバター、生クリームたっぷりのお菓子などの話

京都ヴィーガン事情

第50回/京都ヴィーガン事情

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル