積極的に取り入れたい「赤身肉レシピ」【牛肉のオリーブオイルソテー】

プロフィール写真

MyAge/OurAge編集

「チーム健活」 メンバー

南の島のビーチで読書、が至福のとき。

よく遊び、よく寝る、のが病気知らずのモト。

ストイックにならずに健康でいる方法を模索中。

身近なウォーキングからスタート?

料理が苦手なミーナですが、食べるの大好き!好物の肉を料理する時は、つい焼くだけのステーキにしがちですが、こんな炒めメニューなら、簡単にできそう。

 

 

牛ももかたまり肉を柔らかく! おいしく!

たっぷり野菜と食べる赤身肉レシピ

 

 

ダイエットやアンチエイジング効果の高い、牛の赤身肉。もっと積極的に毎日の食卓に取り入れてみませんか。

 

野菜や海藻、きのこなど肉の健康効果をサポートし、肉にはない栄養を補う食材も一緒にたっぷりとれる食べ方をご紹介します。

 

 

今回は、彩りも鮮やかでビタミンCが豊富なパプリカを添えた、「オリーブオイルソテー」のレシピです。

 

 

熱々の肉とからめて食べると、
生のパプリカが程よくしんなり

 

牛肉には貧血予防や美肌に欠かせない鉄分も豊富。パプリカに多く含まれるビタミンCはその吸収をサポートします。

 

 

【牛肉とマッシュルームのオリーブオイルソテー】

オイルをもみ込んでおくと、肉汁を逃さずしっとりとした焼き上がりに

MyAge_005_164-01_Web用

 

 

■材料(2人分)

牛もも肉(かたまり)200g

A(オリーブオイル大さじ2 粗びき黒こしょう少々)

ブラウンマッシュルーム8個(縦半分に切る)  にんにく(みじん切り)1片分

塩適量    パプリカ(赤、オレンジ、黄色)各½個

イタリアンパセリ適量

 

 

■作り方

❶3㎝の角切りにした牛肉にAを軽くもみ込み、30分漬けておきます。
❷フライパンに①で使用したオリーブオイルを入れ、にんにくを加えて弱火にかけます。にんにくの香りがしてきたら牛肉、マッシュルームを加え、強火で焼きます。塩で味を調えます。
❸皿に盛りつけ、せん切りにしたパプリカを添え、イタリアンパセリを飾ります。

 

 

 

POINT

肉の表面をコーティングした油が、加熱した際に表面を焼き固めるのを助け、肉汁を閉じ込めます

肉の表面をコーティングした油が、加熱した際に表面を焼き固めるのを助け、肉汁を閉じ込めます

 

 

 

次回は、酸味と甘みのハーモニーがクセになる、「牛肉のココナッツオイルトマト煮込み」のレシピをご紹介します。

 

 

 

撮影/板野賢治 料理・スタイリング/沼津りえ 構成・原文/瀬戸由美子

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第17回
積極的に取り入れたい「赤身肉レシピ」【牛肉のオリーブオイルソテー】

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top