あなたは、もめん派? 絹ごし派?【豆腐の種類】


今、世界で注目の「TOFU」

 

豆腐 いろいろ

そのまま生で食べてもおいしくて、火を入れて、調理してもまたおいしい。豆腐は合わせる素材を選ばない柔軟さと和・洋・中すべての料理に変身してみせる多様性があり、市販の大豆や豆乳から自分で作ることだってできるのです。

栄養価も抜群で、コレステロール値の低下、老化防止、更年期症状の軽減、美容やダイエットにもいい。まるで、世界を救うスーパーマンのような存在です。となれば世界中で人気になるのも納得!

古くは唐から伝えられ、奈良時代から長い長い間日本人に愛され続けてきた豆腐。

 

今回からシリーズ「豆腐の実力」で豆腐の効果とレシピをご紹介します。

先人の知恵に感謝しつつ、おいしくいただきましょう!

 

 

 

 

 

あなたは、もめん派? 絹ごし派?

ほどよいかたさと、しっかりした口当たりのもめん豆腐。やわらかくなめらかな食感の絹ごし豆腐。あなたはどちらがお好みですか?

 

もめん豆腐

豆腐 木綿

熱い豆乳ににがりを加え、ゆるく固まったおぼろ豆腐を、木綿の布が敷かれた穴のある型に入れて重しをし、水分を絞りながら固めたのが、もめん豆腐。木綿の布目が表面にそのままつき、素朴な風味があり、舌触りが粗いのが特徴です。

ほどよいかたさがあり、水分は少なめなので扱いやすく、冷ややっこはもちろん、鍋物、田楽、炒め物、あえ物、ステーキなど、どんな料理にも向きます。製造過程で水分を絞るため、栄養分が凝縮されています。タンパク質やカルシウム、鉄分が絹ごしに比べて多い半面、ビタミンB群やカリウムは水分と一緒に流出するため、少なくなっています。

 

 

 

絹ごし豆腐

豆腐 絹

熱い豆乳に凝固剤を加え、そのまま型で固めたもの。型箱に穴はなく、布を敷くこともなく、重しもしません。もめん豆腐よりも、濃厚な豆乳を使います。なめらかできめ細かな仕上がりのため、もめんに対して、「絹ごし」と名付けられました。

重しをしないので、水分の流出がなく、ビタミンB群やカリウムはもめん豆腐より豊富。やわらかでつるんとした口当たりに、「冷ややっこや湯豆腐は絹ごし」という方も多いでしょう。

水きりをしっかりすれば、焼いたり炒めたりする料理にも使えます。簡単にクリーム状になるのでディップにしたり、ババロアなどのデザートにも使えます。

豆腐の仲間、次ページでも、もっとご紹介!

シェア ツイート LINEで送る
第1回
あなたは、もめん派? 絹ごし派?【豆腐の種類】

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top