OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/healthy_gohan/55156/

豆腐は何でできている?【豆腐の材料】

豆腐の実力 

 

素材を選ばない柔軟さと和・洋・中すべての料理に変身できる多様性。コレステロール値の低下、老化防止、更年期症状の軽減、美容やダイエットにもいいなど、豆腐はまるでスーパーマンのような存在。知ってるようで知らない豆腐のすばらしさや、毎日の食卓に生かせるレシピを、シリーズでお届けします。

奈良時代から長い長い間日本人に愛され続けてきた豆腐を、先人の知恵に感謝しつつ、おいしくいただきましょう!

 

今回は豆腐の材料についてご紹介します。

 

 

豆腐1 丁には、なんと大豆380粒!

豆腐 380粒

「1丁380粒」。豆腐は昔からこういわれています。これだけの大豆を食べることを考えれば、1丁の豆腐がいかに食べやすく、栄養価に優れた食品であるかわかります。

豆腐の8~9割は水分。残りの1~2割に大豆380粒分の栄養価がぎゅっと詰まっているのです。ちなみに、豆腐は1丁300~400gと地方やメーカーによって違いがあります。最近はひと家族当たりの人数が減っていることから、少量化の傾向にあるようです。

 

 

 

天然にがり使用・消泡剤不使用

豆腐 にがり表示

天然にがりは、「粗製海水塩化マグネシウム」と記載されています。豆腐の凝固剤として使用したときに限り、「にがり」とのみ表示可

 

 

 

硫酸カルシウム・消泡剤使用

豆腐 硫酸カルシウム

硫酸カルシウムは工業的に作られた凝固剤。消泡剤は使用していても表示義務がないので、表示されていない場合もあります

 

知ってるようで知らない、豆腐のお話は、次ページにも。

豆腐の凝固剤どんな種類があるの?

豆乳を固めるためには、凝固剤が必要。①天然にがり(粗製海水塩化マグネシウム)、②にがり(塩化マグネシウム)、③硫酸カルシウム、④グルコノデルタラクトン、⑤塩化カルシウム、⑥硫酸マグネシウムの6種類。①は海水から塩を作る過程でできるもので、主成分は塩化マグネシウム。あとの5種類は工業的に作られたもの。それぞれ特質があり、豆腐によって、製造者が使い分けています。

 

 

おいしい豆腐作りに、天然にがりが必要なわけ

海水から塩を精製するときにとれるのが、天然にがり。主成分は塩化マグネシウムです。「苦汁」と書くとおり、とても苦いものです。パッケージに「粗製海水塩化マグネシウム」と表示されることも。豆乳を固める役割を果たしますが、にがりの成分によって、寄せ方(固まらせ方)が微妙に異なるため、高い技術が要求され、大量に作るときには敬遠されがち。

しかし、大豆の甘味と風味を引き出し、味わいのある仕上がりになるので、こだわりの豆腐作りには、欠かせません。微量のミネラル分を含んでおり、健康にもよいとされています。

豆腐 にがり1

豆腐 にがり2

「天然にがり」「粗製海水塩化マグネシウム」「塩化マグネシウム含有物」と表示されているのが、天然にがり。マグネシウム、カリウム、カルシウムなどのミネラルを含む。「塩化マグネシウム」と表示されている場合は、精製にがり。写真は、家庭で豆腐を作る時の市販の天然にがり

 

豆腐の消泡剤って?

大豆を煮る過程で出る泡を消し、口当たりよくなめらかにするために加える添加物。油脂系消泡剤、グリセリン脂肪酸エステル、シリコン樹脂などで表示義務がないため、無表示のものも。最近は消泡剤不使用の豆腐も多くなりました。

 

 

 

豆腐パックの中の水は何?

豆腐を作る際に使う水と同じ場合が多いそう。運搬時のクッションと雑菌を防ぐ空気遮断の役目があります。中の水は捨て新しい水につけてから使いましょう。

豆腐 パッケージ

パッケージに書かれている原材料名をよく見て、品質のよい、納得できるものを買いましょう

 

 

 

 

 

次回は豆腐の栄養についてご紹介します。お楽しみに。

 

<前の記事

<前の記事
第1回/あなたは、もめん派? 絹ごし派?【豆腐の種類】…

次の記事>

次の記事>
第3回/豆腐は栄養の宝庫!【豆腐の栄養】…

この連載の最新記事

豆腐料理でよく使う調理方法をおさらい

第85回/豆腐料理でよく使う調理方法をおさらい

【豆腐の仲間】④ヘルシーな豆乳、ゆば、おからが今、大人気

第84回/【豆腐の仲間】④ヘルシーな豆乳、ゆば、おからが今、大人気

【豆腐の仲間】③おなじみの常備品「油揚げ」はどうやって作るの?

第83回/【豆腐の仲間】③おなじみの常備品「油揚げ」はどうやって作るの?

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル