HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/healthy_gohan/57851/

体温アップにはタンパク質の「赤い肉」が最強!③牛肉とビーツのロシア鍋

ミーナ

ミーナ

MyAge/OurAge編集

「チーム健活」 メンバー

南の島のビーチで読書、が至福のとき。

よく遊び、よく寝る、のが病気知らずのモト。

ストイックにならずに健康でいる方法を模索中。

身近なウォーキングからスタート?

記事一覧を見る

血管をしなやかにして血流をスムーズにする効果が期待され、注目のビーツ。ボルシチでおなじみですが、近頃はスムージーの素材としても人気ですね。本格的なボルシチは煮込んだり大変そうですが、今回ご紹介する牛肉とビーツのロシア鍋なら、ミーナでもすぐに作れちゃう。

 

 

体温を上げるとさまざまな不調が改善されるそう。今回は血液をスムーズにする効果があるといわれるビーツと鉄分を多く含む牛肉の鍋です。

 

 

 

ボルシチのおいしさを手軽に!
ビーツの隠れた効果にも注目

 

牛肉とビーツの
ロシア鍋

 

ひとり小鍋 ロシア鍋

 

■材料

 

牛肉(シチュー・カレー用)100g

ビーツ100g

キャベツ50g

玉ねぎ¼個

にんにく(みじん切り)小さじ1

オリーブオイル小さじ2

水300㎖

塩・こしょう各適量

サワークリーム適量

ディル適量

 

※材料はすべて直径16㎝の小鍋1杯分です。

 

 

 

 

 

■作り方

 

❶牛肉はひと口大に切り、塩、こしょうをふっておく。ビーツは厚さ8㎜に切り、キャベツと玉ねぎは5㎜幅に切る。

❷鍋ににんにくとオリーブオイルを入れて炒め、香りがでたら玉ねぎを加えて炒める。

❸牛肉を加え、肉の色が変わったらビーツ、キャベツ、水を加えてふたをし、弱火で20分煮込む。サワークリーム、ディルをのせる。

 

 

 

 

 

温め食材

[牛肉×ビーツ]

ビーツに含まれるNO(エヌオー/一酸化窒素)は、血管をしなやかにして血流をスムーズにする効果で、今注目を集めています。牛肉に含まれる鉄分が血行改善に役立ちます。

 

 

 

 

 

次回は香り豊かなきのこを多く使用した「きのこのチーズフォンデュ風」をご紹介します。

 

 

 

 

 

撮影/板野賢治

料理・スタイリング/沼津りえ

構成・原文/瀬戸由美子

 

 

 

今すぐチェック!

ゆらぎ期世代の女性をサポートする理想的なビタミンCの取り入れ方とは?

ゆらぎ期世代の女性をサポートする理想的なビタミンCの取り入れ方とは?

PR
<前の記事

<前の記事
第7回/体温アップにはタンパク質の「赤い肉」が最強!②ラム肉のサフラン鍋…

次の記事>

次の記事>
第9回/血流を改善する成分で、冷えを根本から撃退!①きのこのチーズフォンデュ風…

この連載の最新記事

血流を改善する成分で、冷えを根本から撃退!⑤鶏と緑豆のサムゲタン風

第13回/血流を改善する成分で、冷えを根本から撃退!⑤鶏と緑豆のサムゲタン風

血流を改善する成分で、冷えを根本から撃退!④カキのみぞれ鍋

第12回/血流を改善する成分で、冷えを根本から撃退!④カキのみぞれ鍋

血流を改善する成分で、冷えを根本から撃退!③豆苗・豆豉鍋

第11回/血流を改善する成分で、冷えを根本から撃退!③豆苗・豆豉鍋

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル