HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/healthy_gohan/57949/

定番シンプル鍋を、温め食材でパワーアップ③つくねジンジャー鍋

ミーナ

ミーナ

MyAge/OurAge編集

「チーム健活」 メンバー

南の島のビーチで読書、が至福のとき。

よく遊び、よく寝る、のが病気知らずのモト。

ストイックにならずに健康でいる方法を模索中。

身近なウォーキングからスタート?

記事一覧を見る

しょうがは、ミーナが好きな食材のひとつ。刻んだり、おろしたりして、隠し味に。せん切りにして、しょうがの鮮烈な刺激とシャキシャキした歯ごたえを味わうのもいいですね。おいしいだけではなく、温め食材の代表格。鍋料理にたっぷり使って、冬を元気に!

 

 

 

今回は温め食材の代表的存在、しょうがを使用した鍋をご紹介。山芋を入れたふわふわつくねのおいしさに心まで温まります。

 

 

 

 

 

 

山いもたっぷりのふわふわつくねは
心まで温まる優しい味わい

 

山いもつくねジンジャー鍋

 

ひとり小鍋 ジンジャー鍋

 

■材料

 

A(鶏ももひき肉100g 山いも〈すりおろす〉50g しょうが〈みじん切り〉小さじ1 片栗粉小さじ2 塩小さじ¼)

しょうが(せん切り)1片分

水300㎖

白髪ねぎ½本分

塩・こしょう各少々

 

※材料はすべて直径16㎝の小鍋1杯分です。

 

 

 

 

 

■作り方

 

❶Aをボウルに入れ、滑らかになるまでよく混ぜ合わせる。

❷鍋にしょうが、水を入れてふたをし、中火にかける。沸騰したところに①のたねをスプーンですくって落とし、再びふたをして弱火で煮込む。

❸塩、こしょうで味を調え、白髪ねぎをふんわりのせる。

 

 

 

 

 

 

温め食材

[しょうが]

温め効果を期待する場合には加熱を。辛味成分が加熱によりショウガオールに変化し、温め効果が生まれます。

 

 

 

 

 

次回はDHAやEPAなどを豊富に含むブリが主役の「ブリとごぼうのあら汁風」をご紹介します。

 

 

 

 

 

撮影/板野賢治

料理・スタイリング/沼津りえ

構成・原文/瀬戸由美子

 

 

 

今すぐチェック!

ゆらぎ期世代の女性をサポートする理想的なビタミンCの取り入れ方とは?

ゆらぎ期世代の女性をサポートする理想的なビタミンCの取り入れ方とは?

PR
<前の記事

<前の記事
第3回/定番シンプル鍋を、温め食材でパワーアップ②酒粕と味噌のタラ鍋…

次の記事>

次の記事>
第5回/定番シンプル鍋を、温め食材でパワーアップ④ブリとごぼうのあら汁風…

この連載の最新記事

血流を改善する成分で、冷えを根本から撃退!⑤鶏と緑豆のサムゲタン風

第13回/血流を改善する成分で、冷えを根本から撃退!⑤鶏と緑豆のサムゲタン風

血流を改善する成分で、冷えを根本から撃退!④カキのみぞれ鍋

第12回/血流を改善する成分で、冷えを根本から撃退!④カキのみぞれ鍋

血流を改善する成分で、冷えを根本から撃退!③豆苗・豆豉鍋

第11回/血流を改善する成分で、冷えを根本から撃退!③豆苗・豆豉鍋

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル