女性の美の味方「ひよこ豆」でおしゃれなおつまみ!

プロフィール写真

料理研究家

浜田山・麹町にて料理教室「Salon de R」を主宰。女性の美と健康を考えた、おしゃれなメニューを数多く提案する。

また、「食することは人の輪なり」をモットーに、国内はもとより、NYやヒューストン、スペイン、韓国、シンガポールなど、海外でもレッスンを開催。各地で食を通じて人々と交流を深めている。

近著に全文英訳付きレシピ本『おにぎりレシピ101』(ポット出版)がある。

女性の美の味方「ひよこ豆」でおしゃれなおつまみ!

 

 

栄養豊富で、「健康によい」といわれる豆類。スーパーに行くと、いろいろな豆が並んでいますね。中でも、いろいろな料理に使えて、栄養も豊富なひよこ豆は人気です。

 

中東諸国では、ひよこ豆をペースト状に加工した「フムス」が定番。そのほか、サラダやスープ、シチューなどいろいろな料理に利用されています。

 

ゴツゴツとしたいびつな形状をしていて、皮の色は肌色、ひよこの頭のような形をしていることから「ひよこ豆」と呼ばれています。英語では「Chickpea」、中国語では「鶏児豆」や「鷲嘴豆」と言い、豆の突起を鳥のくちばしに見立てて名付けられたといわれています。

 

固めの食感やナッツのような香りが特徴。タンパク質のほか、ビタミンB1、食物繊維、イソフラボン、ミネラル類など、現代人の食生活で不足しがちな栄養を豊富に含んでいます。

 

タンパク質はご存じのとおり、筋肉や肌、髪、骨、など体のあらゆる部分の材料に。ビタミンB1は糖質の代謝を促進する働きがあります。食物繊維は便秘を解消して老廃物の排出をサポート。イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをする、OurAge世代の女性の強い味方です。

 

また、ミネラル類には美肌効果がいっぱい。くすみやカサつきの解消に役立つカルシウムやマグネシウム。細胞の生まれ変わりを助ける働きがあると言われ、皮膚の回復・再生を助ける亜鉛など。特に亜鉛は、「美肌ミネラル」とも呼ばれており、女性ホルモンを正常に作用させる働きもあるとのことなので、イソフラボンと合わせて、美肌効果・ホルモンバランスを調整する食事として期待できそうですね。

 

さて、女性に嬉しい効果ばかり書きましたが、こうした成分は男性のメタボ解消や疲労回復にも効果的。今日ご紹介するレシピは豆嫌いな男性にもおつまみとして人気の一品ですので、ぜひお試しください!

山田_ひよこ豆

 

ひよこ豆とブラックオリーブ

材料(作りやすい分量)

ひよこ豆(水煮)………120g
ベーコン……………………1枚
ブラックオリーブ………7粒
ケイパー……大さじ1と1/2
赤唐辛子……………………1本
油……………………………適量
塩・こしょう……………適量

 

作り方

①ベーコンは幅1cm弱に切り、ブラックオリーブは輪切りに。赤唐辛子は種を取り出して輪切りにする。
②フライパンに油を敷いて火にかけ、ベーコンを炒めてから豆を加え、さらに炒める。
③唐辛子、ブラックオリーブ、ケイパーを加えて軽く炒め、塩・こしょうで味を調える。


 

NEWS

山田玲子『NY発! サラダBOWLレシピ~野菜と雑穀でヘルシー! 』

山田玲子先生の最新刊、『NY発! サラダBOWLレシピ~野菜と雑穀でヘルシー! 』(大和書房)が好評発売中です。

スムージー、ジャーサラダ、次はこれ! いまNYで大人気の雑穀ワンプレートサラダが日本上陸。 BOWL(ボウル)はリーフ野菜をベースに、キヌアや麦、玄米などの雑穀、ココナッツやチアシードなどのスーパーフードや豆類などを自由に組み合わせた、ワンプレートサラダのこと。流行に敏感なNYでは、このBOWLを扱うサラダ店が急増中。今回のレシピ本では、NYスタイルのBOWLを日本の家庭向けにアレンジ。日本で手軽に手に入る食材を使いつつも、和洋中などジャンルを問わず、おいしさと栄養価の高い組み合わせで、おいしくヘルシーなBOWLレシピをご紹介。

 

 

山田玲子公式HP http://www.reiko-cooking.com/

シェア ツイート LINEで送る
第27回
女性の美の味方「ひよこ豆」でおしゃれなおつまみ!

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top