お酒のお供やふだんの副菜に。つまみ&小さなおかず⑦豆腐と干し貝柱のとろみ炒め


素材を選ばない柔軟さと和・洋・中すべての料理に変身できる多様性。コレステロール値の低下、老化防止、更年期症状の軽減、美容やダイエットにもいいなど、豆腐はまるでスーパーマンのような存在。奈良時代から長い長い間日本人に愛され続けてきた豆腐を、先人の知恵に感謝しつつ、おいしくいただきましょう!

 

今回は豆腐と干し貝柱のとろみ炒めをご紹介します。

 

 

 

 

貝柱のだしが抜群のおいしさ。
中国風のいり豆腐です

豆腐と干し貝柱の
とろみ炒め

豆腐の実力 とろみ炒め

材料(4人分)
豆腐(もめん)……………………1丁
干し貝柱…………………………2個
干ししいたけ…………………… 2枚
香菜……………………………… 1株
鶏ガラスープ ……………………適量
サラダ油 ……………………大さじ1
しょうが(みじん切り)………1片分

 

a

酒……………………… 大さじ1

塩……………………… 小さじ½

こしょう…………………… 少々

片栗粉……………………… 大さじ½

 

 

 

作り方
1 豆腐はペーパータオルに包んでしばらくおき、軽く水きりをします。

 

2 干し貝柱は小さな耐熱容器に入れてかぶるくらいの熱湯にひたし、ラップをして30分ほどおきます。やわらかくなったら取り出して細かく刻み、もどし汁は鶏ガラスープを足して¾ カップにします。

 

3 干ししいたけはぬるま湯につけてもどし、軸を取って粗みじんに切ります。

 

4 香菜は葉を飾り用に少し残し、あとは長さ1㎝のザク切りにします。

 

5 中華鍋を熱してサラダ油をなじませ、しょうがのみじん切りと③の干ししいたけを香りよく炒め、②の貝柱を加えて混ぜながら中火で炒めます。

 

6 貝柱の香りがでてきたら①の豆腐を大きくくずしながら加え、④のザク切りにした香菜も加えて全体に炒め合わせます。

 

7 ⑥に②のスープを加えてa で調味し、 強めの火加減で混ぜながら4〜5 分炒め煮にします。

 

8 倍量の水で溶いた片栗粉でとろみをつけ、器に盛りつけて香菜の葉をあしらいます。

 

 

 

次回はかぼちゃとチーズの豆腐ディップのレシピをご紹介します。

 

 

 

 

料理/河村みち子 カメラ/青山紀子

 

シェア ツイート LINEで送る
第26回
お酒のお供やふだんの副菜に。つまみ&小さなおかず⑦豆腐と干し貝柱のとろみ炒め

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top