NY発!健康志向の食料品店では、今、古代小麦のパスタが人気!


スーパーフードの流行をNY在住のエディター・黒部エリさんがこのコラムでいち早く紹介してくれたのが、2年半前。今はそれに次いで、ファッロ、カムート、スぺルトといった「古代穀物」が注目されているそう。その魅力とは?

 

 

 

 

美容意識の高い女性たちが
注目している古代小麦

 

ウェルネス意識の高いマイエイジ/アワエイジ読者なら、すでにキヌアもチアシードも使ったことがあるはず。けれどもファッロやスペルトの名前はまだ馴染みがないのではないでしょうか。

NYの食料品店でよく見かけるようになったのが「古代小麦」。古代に栽培されていた原生種に近い小麦です。

エンマー小麦やアインコーン小麦はエジプトやローマ時代から栽培されていた古代麦ですが、生産量が少なく、脱穀しにくいため、パン小麦に代わられ、20世紀半ばから収穫量を増やす小麦の品種改良が進みました。しかしそれにつれて、グルテン過敏症や生活習慣病が増えていったのも事実。茶色の古代穀物は、現代の品種よりもタンパク質やミネラルなどの栄養素を豊富に含んでいて、繊維質に富み、嚙みごたえがあるのが特徴です。また、グルテンフリーではないですが、グルテン摂取を減らしたい人にもおすすめ。

古代穀物 パッケージ

NYのスーパーマーケットで売られている古代穀物を使用した食材類。穀物そのままやそれを使用したパスタなどです。

 

 

古代穀物 中身

写真上段の商品の中身で、左からファッロの粒、アインコーン小麦のパスタ、フリーカ。フリーカは若くて青い麦をいって割ったもので中東では伝統的な食材。25分ほどゆでて使います。

 

 

次ページに続きます。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top