OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/healthy_gohan/91074/

京都ヴィーガン事情

庄司いずみ

庄司いずみ

野菜料理家
100%植物性のみのレシピを紹介するブログ

『izumimirunの「vege dining 野菜のごはん」』で人気をあつめ、ブログを本にした初のレシピ本は7万部をこえるヒットに。

その後、『デトックス・ベジ』シリーズ(主婦の友社)が累計21万部を突破。

主宰する東京・代々木上原の「庄司いずみ ベジタブル・クッキング・スタジオ」では野菜料理やベジタリアン料理のクラスを開催。

『野菜食べ順ダイエット』、『料理がとびきりの味に プレミアム豆乳マジック!』(共に集英社)、好評発売中!

記事一覧を見る

京都ヴィーガン事情

 

こんにちは! 野菜料理家の庄司いずみです。
東京ベジカフェ事情や東京ヴイーガンスィーツ事情など、東京のベジタリアン事情は何度かリポートしてきた私ですが、東京以外の場所はまだまだ未開拓でした。
先日、一泊二日で京都へ旅をし、何軒かのヴィーガンレストランやカフェ、ベジタリアン対応OKのお店を訪れたので、その様子をお伝えしますね。

 

まず一軒目。京都に到着してすぐのお昼ごはんに訪れたのが、伏見区にある『Vegans Cafe and Restaurant(http://www.veganscafe.com)』さんです。
「京都のベジタリアンレストランといえばここ!」と何人もの方から聞き、京都に行ったらぜひにとずーっと思っていたのがやっと叶いました!
庄司いずみ

どうしても食べてみたかったのがこちら。ヴィーガンズ名物の炭火厚揚げ丼です。
厚揚げで作る焼き肉風丼。炭火で焼くせいか、驚くほどおいしいとの噂。これは、注文するしかないでしょう。
食べてビックリ! 甘じょっぱいたれと香ばしいかおり。厚揚げの、肉とは違ったボリューム感。植物性100%のヴィーガンメニューですが、肉の好きな方にも、ボリューム重視の男性にも、これはウケそうです。

サイトを見ると、店主さんは以前は焼き肉屋さんをされていたとあります。だからこそ、このおいしさが出せるのかと、ナルホド納得です。

庄司いずみ

こちらも気になって注文したピザ。
厚揚げで作ったベジカルビがのった”ベジカルピザ”が人気のようでしたが、カレー味のピザを注文したところ、これも大ヒット!
こちらのお店ではチーズも植物性のベジチーズですが、味はしっかりチーズ味。熱々のピザを食べたのは何年ぶりか……。
東京にもしもヴィーガンズさんがあったら、毎週通いたいほど、どの料理も完成度の高いおいしさでした。

 

庄司いずみ
お次はこちら! その日の夕食は豆腐料理専門店の『豆水楼さん(http://www.tousuiro.com)』に訪れました。
寒い時期に京都に行くなら、「やはり湯豆腐はハズせない」と思ったのですが……。
ベジタリアンの私にとって、和食でつまづくのがダシの問題。和食は野菜たっぷり、ヘルシーでおいしいのですが、たいていが鰹だしのためベジタリアンには厳しいのです。
お寺さんの湯豆腐など、精進の湯豆腐が食べられるところもいくつかありましたが、おしまいの時間が早く、夕食でとなると難しい。
そんな中、豆水楼さんの祇園店では、肉や魚介類、卵、乳製品を一切使わないベジタリアン向けのコース料理があるというではありませんか。
写真手前の白和えも、豆腐専門店らしくおいしい。奥のお作りはイカ刺しのように見えますが、実はこんにゃく。これがなんともひんやりつるり、いいお味。

庄司いずみ
焼きものの盛りあわせもイカしてました! 豆腐やだいこんの田楽、みょうがの握りもしゃれた味でとってもおいしいのです。

??????????????????????

肝心の湯豆腐の写真を取り忘れましたが……。しめのご飯にのっていた湯葉の佃煮もお気に入り。
実はこちらのお店、数年前に京都を訪れたときにも伺ったのですが、そのときはベジタリアンメニューはありませんでした。
なぜベジタリアンメニューを始めたのですかと尋ねたところ……。
「外国のお客様などベジタリアンの方も多いのですが、鰹だしがダメだとなると召し上がっていただけないものがほとんど。なら、最初から昆布ダシで、植物性だけの献立を作ったらということになったのです」とか。
1年ほど前から始められたそうですが、徐々に口コミで広がって今では人気も出てきたそうです。うーん、すばらしい!

 

2日目のお話は、次ページに。

unnamed

さて、2日目です。

お昼はこちら!
今回の京都旅行は、実はこのために訪れました。お寺さんでの精進料理教室。
日本最大の禅寺、妙心寺の東林院で、ご本も出していらっしゃる西川玄房先生が精進料理教室をしておられることは前々からチェックしていたし、「行きたいなぁ」と思ってました。
とはいえ、遠方のこと、なかなか機会を作れずいたところ、ある方が誘ってくださり、念願が叶ったのです。
西川和尚は気さくな方で話もとっても楽しいし、お寺さんで精進料理を習うという特別感もたまりません。
肝心なお料理はというと……。
実習で作る精進料理は気軽に作れるメニューながら、精進ならではの知恵が詰まっていて勉強になりましたし、実習以外にご準備くださったお料理の数々がまたすばらしい。目に美しく食べておいしい精進の御膳を、素敵なお庭を長めながらいただけるのだから最高です。

 

 

庄司いずみ
そして今回の京都ツアーラストは、これまたずっと前から行きたいと思っていたヴィーガンフロマージュのお店、『CHOICE(http://choice-hs.net)』です。

CHOICEさんとはご縁があって、うちの料理教室でもフロマージュを使わせていただいてもいるのですが、お店に伺うのはこれがはじめて。
ヴィーガンのハンバーガーやキッシュなどのフードメニューにもひかれましたが、精進料理教室でお腹いっぱい食べた後で、泣く泣く断念。
せめておやつを……ということで、気になっていたパンケーキをお願いしました。
こちらのパンケーキは、白砂糖や卵、乳製品はもちろん、小麦粉も不使用、グルテンフリーのもの。
上に添えてあるのはバターのようですがバターではなく、ヴィーガンバターなのです。
とろけるおいしさにビックリしましたし、添えてあるラムレーズンのフロマージュも、「ヴィーガンなのにこんなに濃厚!?」と驚くほど。

 

庄司いずみ
「次いつ来られるかわからないし」と欲張って、もうひとつ、気になったアイスクリームもいただきました。
ふつうのソフトクリームに見えますが、乳製品はもちろん不使用。発芽玄米ミルクと甘酒のアイスクリームとのことで、あっさりした口溶けと優しい味でウットリもののおいしさでした。

 

今回は1泊2日の旅だったので、限られたお店しか伺えませんでしたが、精進料理の阿じろさん(http://www.ajiro-s.co.jp)や西源院さん(https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260202/26000721/)、動物性のダシを使わない豆乳ラーメンの豆禅さん(http://www.mamezen.com)など行ってみたいところがたくさん!
精進料理教室にもまた行きたいし、京都にまた訪れたら、京都レポート第二弾もお送りしますね。お楽しみに!

今すぐチェック!

40~50代、”マスク枯れ”した秋の肌に、今こそ必要な栄養素って?

40~50代、”マスク枯れ”した秋の肌に、今こそ必要な栄養素って?

PR
<前の記事

<前の記事
第49回/”食べるヨガ”ってご存じですか?…

次の記事>

次の記事>
第51回/ベジタリアンのチーズやバター、生クリームたっぷりのお菓子などの話…

この連載の最新記事

パーティーや年末年始に! 野菜のおすしはいかがでしょうか

第52回/パーティーや年末年始に! 野菜のおすしはいかがでしょうか

ベジタリアンのチーズやバター、生クリームたっぷりのお菓子などの話

第51回/ベジタリアンのチーズやバター、生クリームたっぷりのお菓子などの話

京都ヴィーガン事情

第50回/京都ヴィーガン事情

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル