今日のメイン料理はこれで決まり! 豆腐のおかず②豆腐とエビの山椒炒め


素材を選ばない柔軟さと和・洋・中すべての料理に変身できる多様性。コレステロール値の低下、老化防止、更年期症状の軽減、美容やダイエットにもいいなど、豆腐はまるでスーパーマンのような存在。奈良時代から長い長い間日本人に愛され続けてきた豆腐を、先人の知恵に感謝しつつ、おいしくいただきましょう!

 

今回は豆腐とエビの山椒炒めをご紹介します。

 

 

 

 

山椒の辛味がピリリときいて
後味すっきりの中華風

豆腐とエビの山椒炒め

豆腐の実力 山椒炒め

材料(4人分)
豆腐(もめん)…………………………1丁
エビ………………………………… 250g

 

a

酒…………………………… 大さじ½
塩、こしょう…………………各少々
片栗粉………………………大さじ1

 

さやいんげん…………………………50g
しょうが………………………………10g
赤唐辛子…………………………2~3本
粒山椒………………………小さじ1~2
サラダ油………………………大さじ1½

 

b

しょうゆ…………………大さじ2½

酒、砂糖…………………各大さじ1
酢……………………大さじ1~1½

 

ごま油……………………………小さじ½
塩………………………………………少々

 

 

作り方
1 豆腐は2~3㎝角に切り、沸騰湯でひとゆでして盆ザルに広げ、水気をきります。

 

2 エビは殻をむき、背側に切れ込みを入れて背ワタを取り、塩水でよく洗います。水気をふいてボウルに入れ、aをふり、手でもみ込みます。

豆腐の実力 山椒炒め 下ごしらえ

 

3 さやいんげんは筋を取って長さ4㎝に切り、さっとゆでて水気をきります。

 

4 しょうがはみじん切りにし、赤唐辛子は種を取って小口切りにします。

 

5 フライパンを熱してサラダ油をなじませ、②のエビを入れて炒めます。エビの色が変わったら④のしょうがと赤唐辛子、粒山椒を加えて炒め合わせます。

 

6 ⑤のフライパンにbの調味料をふり入れ、①の豆腐と③のいんげんを加えます。大きく混ぜながら手早く炒め合わせ、ごま油をたらして仕上げます。

 

 

 

 

次回は豆腐と豚肉、れんこんの炒め物のレシピをご紹介します。

 

 

 

 

料理/田口成子 カメラ/中里一暁

シェア ツイート LINEで送る
第45回
今日のメイン料理はこれで決まり! 豆腐のおかず②豆腐とエビの山椒炒め

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top