おいしい!低糖質スイーツ/人気店④「クリオロ」&糖質制限中もスイーツはOK?


一流パティシエによる低糖質スイーツ、4軒めはフランス出身のサントス・アントワーヌさんがシェフを務める「クリオロ」。

さらに糖質制限中にスイーツを食べるのはOKなのでしょうか。後半では、北里研究所病院・糖尿病センター長の山田先生にうかがいました!

 

 

 

Criollo クリオロ

低糖質スイーツ クリオロ サントス・アントワーヌさん

サントス・アントワーヌさん Antoine Santos

フランス・プロヴァンス出身。 「時代に合ったおいしいもので幸せに」をモットーに、フランスと日本の感覚を融合させた独自のお菓子を展開。「世界パティスリー2009」にて最優秀味覚賞受賞

 

 

 

低糖質スイーツ クリオロ チーズケーキ、ティラミス、レアチーズフレーズ

(左)スリム・チーズケーキ

10分で2,000本を売り上げた人気商品が、糖質オフに。チーズの濃厚な味わいがたまらない。

1人分(⅓カット当たり)の糖質量5.3g。1本(約4.5㎝×5㎝×17.5㎝、以下同)¥1,300

 

(中央)スリム・ティラミス

生地には豆から挽いていれたコーヒーをたっぷりとしみ込ませ、クリームにはシェフ厳選の国産マスカルポーネチーズを使用。

1人分(⅓カット当たり)の糖質量2.5g。1本¥1,750

 

(右)スリム・レアチーズ・フレーズ

いちご本来の甘さを生かして煮込んだ甘酸っぱいコンポートと、フランス産クリームチーズを使用した濃厚なレアチーズの絶妙コンビ。

1人分(⅓カット当たり)の糖質量3.4g。1本¥1,750

 

 

 

フランス人シェフの技とセンスで低糖質もここまでおいしくなる!

 

シェフのパートナーであり、店長の岡田愛さんは、自身もⅠ型糖尿病により糖質制限を経験。低糖質スイーツの必要性を強く感じてきました。「子どもでもⅠ型糖尿病になります。誰もがみんなと一緒に食べられるお菓子があったらいいなと」。

 

そこで、シェフに開発を依頼。砂糖由来で糖類0の甘味料ほか、血糖値を上げにくい材料を厳選して試作を重ねました。苦労の甲斐あって、店の他のお菓子と遜色ない低糖質スイーツが誕生、健康を気づかう人へのギフトとしても人気です。

 

DATA

東京都板橋区向原3-9-2
☎03-5917-5233
http://www.ecolecriollo.com/

 

次は、専門医に、糖質制限と低糖質スイーツについて教えていただきました。

シェア ツイート LINEで送る

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top