だしの中で、豆腐の淡泊さが生きる。鍋&スープ①あったか豆乳鍋


素材を選ばない柔軟さと和・洋・中すべての料理に変身できる多様性。コレステロール値の低下、老化防止、更年期症状の軽減、美容やダイエットにもいいなど、豆腐はまるでスーパーマンのような存在。奈良時代から長い長い間日本人に愛され続けてきた豆腐を、先人の知恵に感謝しつつ、おいしくいただきましょう!

 

今回からは鍋&スープのレシピをご紹介します。あっさりした鍋、濃厚な鍋、どちらのタイプの鍋にも欠かせないのが豆腐。だしの味に染まりつつも、豆腐の淡泊なおいしさはちゃんと残る、その存在感! ここでは、豆腐のおいしさをより生かしたレシピを集めました。1回目はあったか豆乳鍋です。

 

 

 

 

豆腐と油揚げを豆乳で煮る
まさに豆腐一族のおいしさ満喫の鍋

あったか豆乳鍋

豆腐の実力 あったか豆乳鍋

材料(4~6人分)
豆腐(好みのもの)………………………大2丁
油揚げ………………………………………2枚
長ねぎ………………………………………1本
水菜…………………………………………1束
豆乳……………………………………6カップ

 

a

だし(濃いめのもの)……………1カップ

塩、うす口しょうゆ…………各小さじ1
しょうゆ………………………………少々

 

薬味(ゆずこしょうや万能ねぎの小口切り、すりおろしたしょうがなど好みのもの)……………適量

 

 

作り方

1 豆腐はペーパータオルに包んでしばらくおき、軽く水きりをします。油揚げは開いて2枚にし、1㎝幅の細切りにします。

 

2 長ねぎは長さ4~5㎝の斜め切り、水菜は食べやすい長さのザク切りにします。

 

3 食卓で、土鍋に豆乳とaを入れて中火にかけ、しばらく煮ます。表面に膜が張ってゆばができたらこれをすくい取り、好みの薬味をつけていただきます。

豆腐の実力 ゆば

4 ③の土鍋に①の豆腐をスプーンですくい入れ、油揚げと長ねぎも加えて煮ます。再び煮立ったら水菜も加え、それぞれ煮えばなを薬味をつけていただきます。

 

 

MEMO
好みでポン酢しょうゆなどをつけても

 

 

 

 

次回は中国風湯豆腐をご紹介します。

 

 

 

 

料理/飛田和緒 カメラ/奥谷仁

シェア ツイート LINEで送る
第58回
だしの中で、豆腐の淡泊さが生きる。鍋&スープ①あったか豆乳鍋

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top