OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/karada_genki/108456/

動きの衰えは「脳」の伝達機能の低下が原因!

最近、動くのがおっくうになった、痛みがなかなか取れない…など。実はそれは筋肉や関節の衰えだけでなく神経伝達の問題かも! いつまでもイキイキ生活を送るためのキーワードはずばり「脳」!

 

ちょっとした段差につまずくなど、運動機能の低下を感じたら…それは筋力だけでなく、神経伝達の衰えが原因かもしれません。まだまだ若いと過信は禁物! 50歳前後から注意が必要です。医学博士の福田千晶先生に伝達機能の低下について伺いました。

キーワードは脳 女性イメージ

 

50歳頃から
神経もサボりはじめる!

キーワードは脳 福田千晶先生

福田千晶さん

Chiaki Fukuda

医学博士、健康科学アドバイザー。医師として東京慈恵会医科大学附属病院リハビリテーション医学科勤務後、1996年よりフリーランスになり、テレビ、講演、執筆活動などで活動。クリニックでの診察、企業での産業医業務なども行う。著書多数

 

 

「雪が降った日にケガをして整形外科を受診する人で、圧倒的に多いのが50〜60代の女性です」と福田千晶先生。

 

その理由は、50〜60代はまだ体が機敏に動くと、自分を過信しているから。

 

「私たちの体が動くのは、脳から発せられた『動け』という指令が、神経を通って筋肉に伝わるからです。実はこの伝達機能は50歳前後から急速に低下します。そのため、思っている以上に体は動かなくなっています」

 

例えば、上司からの伝達事項を10人の部下に携帯電話で伝えようとしたら、4人がスイッチを切っていて、結局6人にしか伝わらなかった…。

 

「それと同じことが、神経と筋肉の間で起きています。年齢を重ねると、スイッチを切っている神経が増えてくるのです。伝達不足をなくすには、すべての神経をオンにしておくことが大事。それにはエクササイズを行ったり、最近ではミルクに含まれるMFGMという成分が、神経伝達を高める効果があると注目されています」

 

 

 

神経伝達機能について、次のページでさらに詳しくご紹介。

脳からの指令で
体は動く!

私たちの体は、脳が出した「動け!」という指令が、神経を通って筋肉に伝えられ、体を支える骨や関節と連動して初めて動きます。その中のひとつでも支障があると、思い通りに動けません。特に忘れがちなのが指令を伝達する「神経」の存在。運動能力が低いことを「運動神経がない」と言うように、動きと神経は大きくかかわっています。

キーワードは脳 指令

資料提供/花王

 

神経伝達が悪いと
体は動かない

加齢や運動不足が続くと、神経の伝達機能はサボりがちに。つねに情報をキャッチするセンサーをオンにしておくことが大事なのです

 

 

 

神経伝達機能は
50歳で急激に老化する!

年齢とともに、筋力の低下や関節の調子が悪くなることは知られています。しかし、実は神経から筋肉に伝わる「伝達能力」のほうが、50歳頃から急激に低下することがわかっています。指令がきちんと伝達されなければ、筋肉を十分に使えません。将来寝たきりにならないためにも、今から伝達能力を衰えさせないことが大切です。

 

 

 

伝達機能アップには
ミルクの稀少成分
MFGMに注目!

赤ちゃんは生まれてから歩行まで、わずか1年でめまぐるしい成長を遂げます。それを支える「母乳」に着目した、乳中の脂肪分を覆うMFGM(乳脂肪球皮膜)という成分に注目です。これに含まれるスフィゴミエリンは、神経細胞をはじめとする動物の細胞膜の構成成分。これが神経から筋肉への信号の伝わりを助けると考えられています。ミルクにわずか0.2%しか含まれない稀少成分MFGMが配合されたサプリメントを摂取することも、神経伝達機能アップに有効です。

 

 

 

「動き年齢」がわかるテストで、今の状態をチェック!

「動き年齢」
あなたは何歳?

「動き年齢」とは素早く正確に動ける度合のこと。椅子に座って、左右の足を30㎝幅で開閉するテストを行ってみましょう。20秒間で何回できるかで、あなたの「動き年齢」がわかります。35~37回で50代の年相応。実年齢より衰えていたら、神経伝達の機能アップが必須。MFGM配合のサプリメント摂取や次回ご紹介するエクササイズが効果的です。

キーワードは脳 動き年齢

30㎝の幅で
左右の足を開閉

膝が90度の角度になるように座り、両足を30㎝開け、両手で座面を持って上体を固定。両足を閉じて開いてで、1回と数えます

キーワードは脳 20秒間図表

 

 

 

次回は神経伝達を高めるエクササイズをご紹介します。

 

イラスト/カワムラアキコ 取材・原文/山村浩子

次の記事>

次の記事>
第2回/「脳」の神経伝達を高めるエクササイズ…

この連載の最新記事

痛みの緩和に役立つストレッチ

第4回/痛みの緩和に役立つストレッチ

その痛み…脳の思い込みかも?

第3回/その痛み…脳の思い込みかも?

「脳」の神経伝達を高めるエクササイズ

第2回/「脳」の神経伝達を高めるエクササイズ

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル