Part3 詳しく知りたい!「遠近両用コンタクトレンズ」/素朴な疑問Q&A④


気になる「目」について、Part1~4に分けて大特集でお届けしています!

 

 

 

Part 3

「見えやすい」「快適」と愛用者増加中!?

 

詳しく知りたい!

「遠近両用コンタクトレンズ」

 

遠近両用コンタクトレンズという選択肢、上手に使いこなせば、新しい世界が開けそうです。

 

 

 

Q&A 選び方編

最適なコンタクトレンズを選ぶために

 

遠近両用コンタクトについての素朴な疑問を眼科専門医の梶田先生に伺いました。

遠近両用コンタクトも種類が豊富。用途に応じてセレクトを!

 

今回は、どんな種類があるの? ブランドによる違いは? の疑問についてのQ&Aです。

 

 

 

梶田雅義さん Masayoshi Kajita

梶田眼科院長。医学博士。日本コンタクトレンズ学会理事。日本眼光学学会理事。眼精疲労、老眼研究のエキスパート。 www.kajitaganka.jp

梶田眼科院長。医学博士。日本コンタクトレンズ学会理事。日本眼光学学会理事。眼精疲労、老眼研究のエキスパート。
www.kajitaganka.jp

 

 

 

生活スタイルに応じて

最適なものを見つけて

 

遠近両用コンタクトレンズにはハードとソフトがあります。ハードは何度でも繰り返し使え、一方でソフトは、1日使い捨て(ワンデー)や2週間使い捨て(2ウィーク)など、定期的に交換するレンズが多いという違いがあります。

 

「ハードは若い頃から使用していないと、違和感があり馴染めないことが多いので、45歳過ぎてコンタクトに挑戦する場合は、ソフトがおすすめです」(梶田先生)

 

ワンデーと2ウィークの選択は、おもにコストの問題が大きいようです。毎日使うのか、時々なのか、使用頻度も関係してきます。

 

「乱視が強い人などは、合うコンタクトが限られる場合もあります。眼科医と相談しながら、試着をして決めるようにしましょう」

 

 

 

Q.どんな種類があるの?  ブランドによる違いは?

 

A.各社レンズに工夫をしてより使いやすくなっています。

 

 

【シード】

スポーツや野外での作業が多い人、コンタクトが初めての人に最適/シード1dayPureマルチステージ

 

■シード 1dayPureマルチステージ:ソフト1day

自然な見え方を追求した光学設計で、通常レンズからの移行がスムーズ。初めて遠近両用コンタクトレンズを使う方にもおすすめ。

 

■シード 2weekPureマルチステージ:ソフト2week

独自のレンズ素材「SIB」で、汚れを寄せつけず、レンズ表面の水分を保持。低加入度設計で見え方のクオリティ低下を抑えます。

 

■シード マルチフォーカルO2ノア:ハード

加入度数を低く設定した遠近両用タイプです。高酸素透過性の柔らかい素材を採用。ほかにMタイプ、Hタイプの全3種のレンズを用意。

 

 

 

【ジョンソン&ジョンソン】

瞳に有害な紫外線もカット。レンズの種類が多いので、老眼症状が進んでもずっと対応できます

 

■ワンデー アキュビューⓇモイストⓇ マルチフォーカル:ソフト1day

加齢や度数により、一人一人瞳孔の大きさが異なることに注目した業界初のレンズデザインを171種用意。保湿成分が涙を引き寄せ、レンズを一日中保湿。自分にぴったりのレンズで、近くから遠くまで自然な視界を実現します。

 

 

次ページに続きます。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第22回
Part3 詳しく知りたい!「遠近両用コンタクトレンズ」/素朴な疑問Q&A④


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top