Part4 日々のセルフケアで老眼をくい止めるPOINT②


目の不調には、この対策!

 

 

気になる「目」について、Part1~4に分けて大特集でお届けしています!

 

Part 4

大切なのは、日々のちょっとした積み重ね

 

セルフケアで少しでも 老眼をくい止める

 

 

老眼が始まっても、その進行を遅くすることは可能です。それは毎日のちょっとした習慣が大事。今日からさっそくトライ!

 

ここでは、眼科医の平松先生に、簡単にできる老眼の進行を遅らせるためのPOINTを3つ教えていただきます。

今回は前回に続き、3つ目のPOINTをご紹介します。

 

 

 

平松 類さん Rui Hiramatsu

1978年生まれ。彩の国東大宮メディカルセンター眼科部長。わかりやすく医療の情報を提供することに定評があり、全国で医療機関のかかり方や目の健康について講演活動も。 『魔法の眼トレで全身が若返る!』(廣済堂出版)など、著書多数

1978年生まれ。彩の国東大宮メディカルセンター眼科部長。わかりやすく医療の情報を提供することに定評があり、全国で医療機関のかかり方や目の健康について講演活動も。
『魔法の眼トレで全身が若返る!』(廣済堂出版)など、著書多数

 

 

疲労をためないことと、

いい涙を育てることが大切

 

「老眼の原因はピントを合わせる筋肉である毛様体筋(もうようたいきん)の衰えです。これは"年齢による老化"と"筋肉の疲労"により加速することがわかっています。老化自体をストップすることは難しくても、疲労をやわらげ、老眼の進行を"遅らせる"のは可能です」(平松類先生)

 

最近では「スマホ老眼」という言葉があるほど、若くても老眼のような症状の人が急増しています。この原因も多くは疲労です。それを解消するポイントは3つ。

 

「まず、目元の血行を促進すること。次にピントを合わせる筋肉や目を動かす筋肉の緊張を緩めること。そして、とても大切なのは涙の質をよくすることです。いい涙を育てるという意識を持つといいでしょう」

 

ここに紹介するのは、どれも簡単にできるものばかり。毎日の習慣にして、老眼を促進する"疲れ"をためないことを心がけましょう。

 

 

 

●POINT 3▶涙の質をよくする●

 

涙は目の表面を覆い、乾燥や傷などから目を守っています。その涙の量や質が低下すると、ドライアイになり、疲れや痛み、視力低下など、さまざまなトラブルに。日頃からいい涙を育てる生活習慣を!

 

 

[ホットアイマスク]

温熱効果で血行とリラックス効果を促します。水で濡らして絞ったタオルを電子レンジ(600Wで40秒が目安)で温め、目の上に置きます。タオルが冷めたら温かいものに替えて、約10分続けます。

 

 

[アイメイク落としは丁寧に]

上下まぶたの粘膜ギリギリのところに、脂の分泌腺があります。脂分が不足すると涙の質が落ちます。アイメイク落としは目のきわまでしっかりと行い、汚れを残さないことが大切。

もう落ちたかな? と思っても、綿棒を使うとけっこう残っているもの。アイメイクアップリムーバーと綿棒を使い、目のきわまでしっかりとオフ

もう落ちたかな? と思っても、綿棒を使うとけっこう残っているもの。アイメイクアップリムーバーと綿棒を使い、目のきわまでしっかりとオフ

 

 

次ページに続きます。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第27回
Part4 日々のセルフケアで老眼をくい止めるPOINT②

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top