睡眠向上への道!⑤編集部Uの実感・実体験レポート/睡眠の質を高める「鼻呼吸」を目指す


編集部Uの実感・実体験レポート第2弾

(第1弾は、こちらから読めます)

 

ムカシのような"幸せな眠り"を取り戻すための

睡眠向上への道!

 

 

50歳くらいから増えるといわれる、女性の睡眠時無呼吸症候群。呼吸を助ける機械を装着すれば、よく眠れるようになるけれど、旅行のときまで機械を持ち歩くのは切ないし、できれば顔に何もつけず快眠をむさぼりたい!睡眠時無呼吸症候群と診断された編集部Uが挑戦した、症状を軽減するあれこれとその結果を公開します!

 

 

 

●TRY4●

鼻呼吸で、いびきと喉の乾きをなくす

 

吸った空気が鼻から入るか口から入るか。

ほんのささいな違いだけれど、睡眠の質を左右する大きな問題なのです。

鼻呼吸を目指して編集部Uが試したものは!?

 

 

舌で喉を塞いでしまうのを
防ぐためには、口呼吸ではなく
鼻呼吸できるようにすることも大事。

 

CPAP使用横向き寝で、無呼吸になったりいびきをかいたりすることも少なくなり、かなり快適に眠れるようになってきたが、時々朝起きると口の中や喉が乾いてガラガラになっていることが。まだ少し口呼吸ぎみなのかな、と感じていたので、この鼻呼吸テープを試してみることに。

 

口をテープで閉じるという行為はちょっと怖く思うが、実際に貼ってみると、貼ったままでしゃべることもできるし、風邪などで鼻が詰まっていないかぎり苦しさもなし。目覚めはすっきり、喉もイガイガしていなかった。鼻呼吸をすることで舌の落ち込みを抑えてくれるのがうれしい。

 

 

口呼吸をしていると、口内から水分が蒸発するため口と喉が乾燥しやすくなる。また舌の付け根が落ち込むことで空気の通り道が狭くなり、いびきが発生する可能性が。それらによって低下するのが睡眠の質。鼻呼吸テープは、物理的に口を閉じて、鼻呼吸に誘導することで、口腔内を潤わせてくれ、またいびき音を軽減してくれる

口呼吸をしていると、口内から水分が蒸発するため口と喉が乾燥しやすくなります。また舌の付け根が落ち込むことで空気の通り道が狭くなり、いびきが発生する可能性が。それらによって低下するのが睡眠の質。鼻呼吸テープは、物理的に口を閉じて、鼻呼吸に誘導することで、口腔内を潤わせてくれ、またいびき音を軽減してくれます。

 

 

口を閉じて鼻呼吸に誘導することで睡眠の質の低下につながる口呼吸を軽減。テープは医療用シリコンタイプの粘着剤なので、素材が柔らかく皮膚をひっぱりにくく、長時間貼っていてもはがすときに痛くありません。また波状のくびれにより伸縮性を向上させたことで、一晩中寝ていてもはがれにくい。 ナイトミン鼻呼吸テープ 15枚入り¥798(編集部調べ)/小林製薬 ※医療機器ではありません

口を閉じて鼻呼吸に誘導することで睡眠の質の低下につながる口呼吸を軽減。テープは医療用シリコンタイプの粘着剤なので、素材が柔らかく皮膚をひっぱりにくく、長時間貼っていてもはがすときに痛くありません。また波状のくびれにより伸縮性を向上させたことで、一晩中寝ていてもはがれにくい。
ナイトミン鼻呼吸テープ 15枚入り¥798(編集部調べ)/小林製薬

※医療機器ではありません

 

 

次ページに続きます。

シェア ツイート LINEで送る

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top