スリランカ&モルジブで一挙に美旅② 一島一リゾート、ヴィラでまったり休日

プロフィール写真

世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、旅の楽しみ方を中心としたフリーランス・ライターへ。

旅と食や文化、アートなどライフスタイルについての執筆や編集、翻訳多数。

日本旅行作家協会会員。

こんにちは小野アムスデン道子です。スリランカとモルジブは、飛行機で1時間ほどの距離。ならば、一挙に行ってしまおうということで、前回ご紹介の、スリランカのコロニアルホテル「マウントラビニアホテル」でおいしいスリランカ料理やシーフードと潮騒を聞きながらのスパを堪能してから、モルジブへ向いました。

 

モルジブは、一島一リゾート。まず、首都マーレに飛びます。そこからボートで行ける距離のところもありますが、今回泊まる「ヴァカルファリ アイランド リゾート」は、水上飛行機での移動が必須。機上から見ると、眼下に美しいブルーの海と環礁が広がり、素晴らしい眺めに気分が盛り上がります。

水上飛行機発着所から、専用ボートに乗り換えて10分ほど。リゾートの桟橋に船が着くと、真っ白なビーチで、もう信じられないくらい海水がきれい。そこには魚やミニシャーク(体長40cmぐらいで安全なサメ)が泳いでいます。

モルジブは1190もの島があり、そのうち120ほどがリゾートのある島。「ヴァカルファリ アイランド リゾート」の広さは515haで、10分ほどで一周できる大きさの島に、陸上と水上のヴィラが79室(うち3室は スイート ヴィラでプライベートプールを備えた1室も)。小さい島ですが、毎日約20万リットルの水を島にある海水淡水化装置で作っていて、ハーブガーデンもあります。フレンドリーなスタッフが笑顔で挨拶を交わしてくれて、寛げる雰囲気。

水上のウォーター ヴィラは、広々リビングにベッドルーム。そして海を眺めてつかれる、ゆったりバスタブが。外にごろんと寝転がれるデイベッドが置かれた広いウッドデッキが付いていて、そこからそのまま海へも。もうお部屋とデッキで、一日まったりしていてもいいぐらい。

 

 

次ページに続きます。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第59回
スリランカ&モルジブで一挙に美旅② 一島一リゾート、ヴィラでまったり休日

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top