羽田美智子さん/パワーのある野菜から今の時代を生きる術を学ぶ③

プロフィール写真

羽田美智子さん

1968年生まれ。女優として映画、ドラマ、テレビ、CM、ラジオなどで幅広く活躍。連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK)では、農家のお母さん役を演じ話題に。この秋には、ONEOR8公演「グレーのこと」(浅草九劇にて。2017年11月29日~12月10日)に出演予定。
羽田美智子オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/hada-michiko/
instagram : michikohada

羽田美智子

“自分磨き”のための大人の手習い Vol.6

 

 

有機農業家・弓木野 毅さんが指南

大地のパワーをもらって
強い心、元気な体を手に入れる!

 

"宇宙の営みの力"を作物の栽培に生かしていく「バイオダイナミック農法」で野菜を作り続ける、オーガニックファーム「百姓農園」を営む弓木野毅さん。
数年前に偶然、お店で手に取った弓木野さんの野菜が忘れられないという羽田さんからの熱いリクエストで、ついに今回の対談が実現。

 

 

強い心と元気な体を手に入れるヒント3

 

農業を仕事にすることで、生態系を尊重する生き方にスイッチした弓木野毅さん。
自然に敬意を表し、自然とともに生きる。そこから学ぶべきこととは?

 

01

自然に合わせて物事を
シンプルに考えるクセをつけよう

 

消費者が求める見かけのきれいさ、旬を問わずにいつでも簡単に手に入る利便性、生産者側の利益追求など、生態系をそれに合わせようとした結果、農薬などの薬剤を使った農業が主流となった日本。

 

「生態系を無視して無理をしても続くわけがないんです。経済や教育、医療など、今ニュースで取り上げられている事柄すべては人の営みで生態系の一部なのです。すべてに命があり、つながっていることをもう一度見つめ直して、自然に合わせたシンプルな考え方をしてみませんか。楽になったと感じることができるはずです」と弓木野さん。

 

 

 

畑におじゃました5月は、青首大根をはじめにんじん、キャベツ、サニーレタス、グリーンマスタードの最盛期。手塩にかけて育てた穫れたて野菜を、まずは生で味わってほしい

 

 

02

バイオダイナミック農法で作られた
エネルギーのある野菜を食べる

 

「弓木野さんの畑の土はいい匂いがする」と羽田さん。

土の中の生態系を豊かに育てることで、たくさんの微生物が自ら土を浄化する力を利用しています。時期に合わせて牛糞から作られた特別な調合剤や鶏糞をまいて土を肥沃にし、畑の状態は直接土を食べて舌で確認。また、太陽はもとより、月の満ち欠けと満潮・干潮が連動するように、植物の中の水分量などが変化することを利用して、種まきや収穫に生かしています。

 

「"おいしい"にはふたつの意味があります。ひとつは甘い、辛いといった食味。もうひとつは食べたときにガツンとくるとか、元気がわいてくるといったエネルギーの実感。僕はこの両方がしっかり感じられる、エネルギーが高くておいしい野菜を目指しています」(弓木野さん)

 

 

 

[羽田さん] ワンピース¥53,000/オルドスファッション ジャパン(オルドス) イヤリング(片側の耳ずつ販売)¥7,500/テアトロ(フィリフヨンカ)

 

本日の和定食は、大根の花を飾った新鮮野菜サラダ、大根の味噌汁、芋の煮つけ、白菜の菜花のおひたし、有精卵のだし巻き卵に玄米ご飯。そこに自由に食べられる野菜
料理2品も加わります。このボリュームで¥1,000(税込み)はお得

 

 

次ページに続きます。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第19回
羽田美智子さん/パワーのある野菜から今の時代を生きる術を学ぶ③

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top